• TOP
  • FASHION
  • 人気メゾンの新作スニーカーが今後のトレンドになる?

2018.07.10

人気メゾンの新作スニーカーが今後のトレンドになる?

エルメスやディオール オムなど、毎シーズン特有の世界観を展開するメゾンブランド。その独特の思想は、今後のトレンドに影響を与えることも多い。ここでは、そんな人気メゾンの最新スニーカーをチェック!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

スニーカーの最新事情は多感なメゾンが作り上げています

空前のスニーカーブームということもあって、メゾンブランドが作るスニーカーのバリエーションが、ここ数年で飛躍的に増加しています。白ベース、ニット系、ダッド系という3大トレンドにカテゴライズされないハイカットから変わり種まで、着こなしを一発でコンセプチュアルに仕上げる今季の狙い目をピックアップ。

アイコンやロゴをこれ見よがしに露出しない分、とりわけ感度やデザイン性の高い珠玉の6足は、シンプルな着こなしを旨とする大人が履いてこそサマになるのです。

NEXT PAGE2/ 4

まずはエルメス&ディオール オムから!

◆ エルメス 

レースアップ風に履けるスリッポン

12万7000円/エルメス(エルメスジャポン)
12万7000円/エルメス(エルメスジャポン)
エルメスが掲げる2018年のテーマ“Let’s Play!”を具現化したハイテクスニーカー「スタジアム」。ボンディングのようなテクニカル素材をアッパーに用い、その補強とデザインアクセントのためにカーフとシェーヴル(ヤギ革)をプラス。赤いパーツが差し色されたホワイトソールも好相性です。

◆ ディオール オム 

ロックな足元が今季の気分

10万5000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
10万5000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
キム・ジョーンズのアーティスティック ディレクター就任が決定し、10年以上続いたクリス・ヴァン・アッシュのラストシーズンとして注目を集めるディオール オム。90年代の音楽やカルチャーからインスピレーションを得た今シーズンは、スニーカーにもトライバル柄が用いられました。

キャンバス地のハイカット「B23」は、白、黒、トライバルの3パターン展開。白と写真の黒には、トライバルパターンのシューレースが付属します。
シューズ10万5000円、ポロシャツ9万2000円、パンツ9万6000円/すべてディオール オム(クリスチャン ディオール)
シューズ10万5000円、ポロシャツ9万2000円、パンツ9万6000円/すべてディオール オム(クリスチャン ディオール)
ライダーズなどのレザーブルゾンに履いてワルい雰囲気を際立たせるも良しですが、やりすぎは禁物。コスプレにならぬようスラックスに合わせたり襟のあるトップスで上品さを保つのが、ハイカットスニーカーや今季ディオールのアイテムを活かすための絶妙な塩梅です。

NEXT PAGE3/ 4

オーセンティックに旬素材盛り合わせ!

◆ジョルジオ アルマーニ 

モードの雄のコレクションシューズを青田買い

7万8000円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
7万8000円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
ランウェイで、グレイを軸としたルックの足元にコーディネートされたオーセンティックな新作は、アッパーに肌当たり良好な薄手のライニングを縫い付けるストローベル製法を採用。見た目以上のフィット感をお約束します。

パラゴム仕上げのボリュームソールやロゴ入りのヒールテープなど、巷のクラシック顔を出し抜く意匠が全方位的に見られる点も通好みです。

◆ ランバン 

旬な素材やあしらいを全部乗せ!

7万9000円/ランバン(ランバン ジャパン)
7万9000円/ランバン(ランバン ジャパン)
ダッドスニーカーに多く見られる今どきなスニーカートレンドのひとつとなるのが、異素材の融合。ランバンの2018年プレコレクションで注目を集めたランニングスニーカーを彷彿させる新作も例に漏れず、スムースレザー、スエードレザー、グレインドレザー、メッシュ、ナイロン、ラバーにリフレクターと、オイシイ要素がてんこ盛り。とりわけ、高級感を漂わせるガルーシャ風の艶めくレザーパーツがラグジュアリーな雰囲気を際立たせています。

NEXT PAGE4/ 4

レトロ、そして超個性派も!

◆ ベルルッティ 

型押しロゴでしか主張しない匿名性が大人好み

14万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
14万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
パティーヌ技法でムラ感を演出したお家芸のヴェネチアレザーを使用した、「ラン トラック バイ トリノ」。こちらも一足に、その他ナイロンとスエードを融合させた盛りだくさんな素材使いで、レトロ感のあるシックなランニングシューズに仕立て上げました。取り外し可能な低反発インソールも相まって、履き心地も申し分ありません。

◆ ロエベ 

足元にユニークなデザインを

8万6000円/ロエベ(ロエベ ジャパン カスタマーサービス)
8万6000円/ロエベ(ロエベ ジャパン カスタマーサービス)
最後は一見シックなレトロ顔ながら、街を歩けば二度見されるぐらい突出したディテールをもつ変わり種をご紹介。前シーズンにウィメンズで初登場した「ダイナソースニーカー」は、とんがりトウがインパクト抜群な唯一無二なシルエット。

シルエットに気を取られがちですが、キルティングや編込みなどロエベらしいディテールもしっかりと盛り込まれています。これを履きこなせたらスニーカーフリークの鑑と言えましょう。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エルメスジャポン 03-3569-3300
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718
ランバン ジャパン 03-4500-6172
ロエベ ジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116

メゾンの新作スニーカーが気になったら、こちらもおすすめ

見た目はドレス靴、履き心地はスニーカー、な万能シューズとは?
ビジネスマン必見!ドレスシューズにしか見えないスニーカー

やっぱり欲しい! 差別化必至の別注スニーカー【2018真夏編】
完売必至!?の人気ブランドのコラボスニーカー最新カタログ

夏の定番Tシャツ&デニムを、ダサくしないためのスニーカーとは?
大人は足元で差をつける。ルイ・ヴィトン、グッチなどメゾンスニーカー

この夏、ダッド&ニットスニーカーで差をつけるなら、人気メゾンに注目!
グッチ、プラダ、フェンディなどメゾンブランドのトレンドスニーカー

職場でもだらしなくならない、白スニーカーの選び方とは?
ジョン ロブからコンバースまで、クールビズにもおすすめの大人の白スニをご紹介

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事