• TOP
  • FASHION
  • 夏の定番Tシャツ×デニムを、ダサくしないためのスニーカーとは?

2018.07.09

夏の定番Tシャツ×デニムを、ダサくしないためのスニーカーとは?

周囲が常識的に持っているアイテムこそ、ブランド品で差をつけるべき。とりわけメゾン謹製の白スニーカーは、もれなくさり気ないひと工夫が凝らされているため、費用対効果も抜群。夏の定番であるTシャツ×デニムスタイルを格上げしてくれます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

さり気なくも主張する、三者三様な意匠に刮目

白スニーカーといえば、夏のカジュアルスタイルを軽快に仕上げるLEON.JPイチオシの必需品。それだけに、もはや誰もが何足もお持ちな上、出番もダントツ多いから、見た目はもちろんのことブランドやモデルまで周囲とカブってしまう危険性は否めません。

そこでオススメしたいのが、選べるほどバリエーション豊かに取り揃ったメゾンブランド謹製。

その多くは、白ベースながら各々の持ち味を生かしたこだわり尽くしの意匠が凝らされているため、装いのアクセントとして機能してくれるのは間違いナシ。作りやデザインに対するアドバンテージも相まって、値が張るだけの価値はちゃんとあるのです。

懐に余裕のあるオトナだけに許された、リッチな特権ともいうべき選択肢。まずは一足持っておかなきゃ、周囲との差別化は図れませんよ!?

NEXT PAGE2/ 4

上品かつインパクトもある大人の白スニ

◆ ルイ・ヴィトン 

パーソナライゼーションサービスからインスパイア

9万円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
ハイテクからローテクまで、これまで以上にスニーカーのバリエーションを拡大させたルイ・ヴィトン。その最もシンプルかつクラシックな選択肢が、「ルクセンブルグ・ライン スニーカー」です。クリーンなカーフレザーボディに、ルイ・ヴィトン伝統のパーソナライゼーションから着想を得たツートーンカラーのストライプをプラス。白一色で“モノグラム”のモチーフをあしらったアウトソールも相まって、さりげなくも名門謹製であることを主張してくれます。

◆ フェンディ 

能ある虫はテクノロジーを隠す

8万7000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)
フェンディの新境地的アイコン、バッグ バグズが進化した“スーパーバグズ”が散りばめられた、すこぶるキャッチーなクラシコ顔スニーカー。一見ローテクに見えますが、実はマイクロメッシュ素材のテクニカルファブリックをライニングに使用。お茶目なデザインだけでなく、通気性や履き心地も優れた兼備な一足に仕上げました。
スニーカー8万7000円、Tシャツ7万2000円、デニム8万7000円、サングラス3万8000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン)
例えばデザインもサイズ感もユルめなTシャツ×デニムの気が抜けたカジュアルスタイルも、スニーカーにメゾン謹製の証となり得るアイコンが見られるだけで只者ではない感じが漂うのはご覧のとおり。白のクラシックデザインがベースゆえ、ここに留まらずジャケット姿のハズシにまで使えるのもうれしい。なんせ費用対効果が高い買い物といえるのです。

NEXT PAGE3/ 4

レトロかわいい、グッチとサンローラン

◆ グッチ 

クラシックとトレンドのハイブリッドスニーカー

8万4000円/グッチ(グッチ ジャパン)
ヴィンテージ トラックスーツのサイドテープに施されていたロゴから着想を得た新しいディテールを、エラスティックバンドにあしらったキャッチーなレザースニーカー。上質でベーシックなスニーカーが、エラスティックバンドとヒールのメタリックレザーでユニークなデザインにアップデートしました。

◆ サンローラン 

美脚効果を叶えるシャープなレトロ顔

10万円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
コルテッツ風のデザインを彷彿させる一枚革のスリムシェイプは、サンローランの新作スニーカー「ジェイ」。赤い流線型のサイドラインやピンキングカットされたレザーのパッチワークに、ゴールドスタープリントがレトロ感に拍車を掛けます。全6色展開はどのカラーバリエーションを選んでもハズレ無し、パンツを選ばず主張してくれるでしょう。

NEXT PAGE4/ 4

柄に刺繍、そしてソールに注目

◆ ドルチェ&ガッバーナ 

足元にだって王冠を!

9万7000円※予定価格/ドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
“キングス エンジェルス”をテーマに掲げ、華やかな世界観を展開する今季のドルチェ&ガッバーナ。王冠や天使などのモチーフをあしらったデザインコンシャスなアイテムが揃います。人気のスニーカーモデル、ポルトフィーノ も例に漏れず、今季はヒールカウンターにはエナメル仕上げのビッグクラウンがご覧のとおり。大胆にあしらわれたロゴとともに、足元のアク足しにひと役買ってくれるでしょう。

◆ エトロ 

フォークロアなパッチワークが味わい深い

8万9000円/エトロ(エトロ ジャパン)
タペストリーやカーペットの技法を採り入れた2018年秋冬のエトロ。スニーカーも例に漏れず、カーペット柄をヴィスコースのシェニール糸によるエンブレム長の刺繍で表現。シューレースやライニングのブラウンが効いたバイカラー風の色使いも大人っぽくて上品です。
フラットなオリジナルソールには、お家芸のペイズリーエンボスが。グリップ力と密かな遊び心を見えない部分に詰め込みました。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

イヴ・サンローラン 0570-016655
エトロ ジャパン 03-3406-2655
グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

メゾンブランドの白スニーカーが気になったら、こちらもおすすめ

人気の“ニットスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
軽くて伸びて風通しの良いニットスニーカーは夏に最適!そのコーデもご紹介

職場でもだらしなくならない、ビジスニの選び方とは?【黒スニーカー編】
スーツに合わせられる黒スニーカー5選!

人気メゾンも、この夏はダッド&ニットスニーカーが大豊作!
グッチ、プラダ、フェンディなどメゾンブランドのトレンドスニーカー

人気の“ダッドスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
トレンドスニーカーを品よくまとめるコツ教えます!

職場でもだらしなくならない、ビジスニの選び方とは?【白スニーカー編】
ジョン ロブからコンバースまで、クールビズにもおすすめの大人の白スニをご紹介

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事