SERIES 岡崎宏司の「クルマ備忘録」

  • - 2019.01.17

    ピンクパレスとC4コルベット

    アメリカの自動車文化を体現する一台といえば、コルベットだろう。ふとした縁からC4コルベットのコンバーチブルで、西海岸に一週間滞在する機会を得た著者が体験した90年代...

  • - 2019.01.10

    ポルシェ911とビジネスエリート

    ポルシェ911の特異性はいまさら語るまでもないだろう。スーパースポーツにして、ユーティリティ性を併せ持つというその開発コンセプトは非常に先進的で、いまもその唯一無二...

  • - 2018.12.20

    ハッピーを連れてきてくれた2台のゴルフGTI

    フォルクスワーゲンのビートルの後継車として誕生したゴルフ。ビートルとの大きな違いに戸惑いながらも筆者は夢中になった。

  • - 2018.12.13

    クリスマスシーズン、欧州の旅のススメ

    岡崎家の旅は基本的に1ヶ所定着型。行き先も街もホテルも毎回同じだそう。ヨーロッパのクリスマスは、日本とは風情を異にする。今回は、岡崎流クリスマスシーズンの旅の楽しみ...

  • - 2018.12.07

    0~100km/hを2.5秒!! ブガッティ・ヴェイロンは凄かった!!

    登場時、世界150台限定と謳われ、日本円で1億7000万円ほどの値がつけられたブガッティ・ヴェイロン。筆者が垂涎の気持ちで試乗した、その乗り心地とは?

  • - 2018.11.30

    シビックとXR200Rでエアーズロックへ!

    クルマ好きな皆さんのなかでも砂漠を走行したことがある、という方はどのくらいいるだろうか。1982年、筆者はボディにカンガルーが描かれたシビックでオーストラリアのオフ...

  • - 2018.11.22

    富士スピードウェイの30度バンクを日産R382で全開!

    あまりの危険さゆえに10年で閉鎖された富士スピードウェイの30度バンク。まつわる思い出はたくさんあるものの、もっとも感慨深いのはレーシングドライバー黒沢元治氏の全開...

  • - 2018.11.16

    危機一髪だった、開発車両のトラブル

    開発中の試験車の走行テストも、自動車ジャーナリストの仕事のひとつ。ただ、昔の試験車の安全性は万全とは言い切れず、筆者は度々危ない目に遭ってきた。今回は、その中でも特...

  • - 2018.11.09

    GT-R、アウトバーンで300キロに挑戦!

    筆者が開発アドバイザーとして関わった自動車の中で、特に思い入れの強いモデルが日産のGT-R35型。同モデルで筆者は、別次元の速さ・300km/hに挑戦することとなっ...

  • - 2018.11.05

    いすゞ べレットとの甘酸っぱい思い出

    数多の車を運転してきた筆者。愛車も歴代を数えると相当な数になる。でも、初めて買った新車「いすゞ べレット」には格別の思い出がある。

SPECIAL