• TOP
  • FASHION
  • 「ザ・ノース・フェイス」や「ACG」など、今狙い目はアウトドアなスニーカー

2018.07.12

「ザ・ノース・フェイス」や「ACG」など、今狙い目はアウトドアなスニーカー

梅雨が例年より随分と早く終わった今年。アウトドアライフを満喫している人も多いことでしょう。昨今、お洒落化著しいアウトドアブランド。スニーカーにおいても、狙い目な一足が続々とリリースされています。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

実用的にして見た目も良し。頼れるスニーカーとはまさにこのこと。

昨今大人気のザ・ノース・フェイス然り、アウトドアブランドはライフスタイルに欠かせない存在となりました。スニーカーにおいても、登山用だけでなくトレイルラン、ジョギング、トレーニング、ウォーターアクティビティ、そしてタウンユースにまで裾野を広げ、アウトドアだけでなくコートスポーツからファッションシーンに至るまで幅広い提案力を披露しています。

アウトドアブランドのスニーカーは、スポーツブランドのそれと比べると比較的オールラウンドな性能をもっている場合が多く、アスファルトから砂利道、芝生、また雨の日といった日常生活で踏み入れるさまざまな道路事情を鑑みれば、有力な選択肢なんですね。

ランに代表されるような競技に特化しすれば、たしかにスニーカー専業ブランドに分がありますが、デイリーユースや耐久性といった点においてはアウトドアブランドに一日の長があるといえるでしょう。

盛夏を迎え、それが過ぎれば秋と、アウトドアシーズン真っ只中を迎えた今。街でもフィールドでも使える一足を見つけるなら、アウトドアブランドで間違いなし!です

NEXT PAGE2/ 4

まずは人気ブランドの2足から

◆ ザ・ノース・フェイス 

シンプル顔の裏には、確かな性能が潜んでます

スニーカー 1万2800円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
1万2800円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店)
高反発EVAファストフォームをソール内に搭載したランニングシューズ、ウルトラ レプルージョン スムースII。日本人の足型を想定したアッパーは、メッシュとシームレス製法により、軽く高い通気性を実現しています。アウトソールは、ビブラム社製を採用。モノトーンでまとめたシンプルなデザインは、ともすればモードな雰囲気さえ感じさせます。

◆ ナイキ スポーツウェア 

90年代を代表する歴史的名作が、待望の復刻!

スニーカー 1万4000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
1万4000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
クロストレーニングシューズとしてACGコレクションから1992年に発売されたナイキ エア リバデルチが復刻。根強い人気を誇る懐かしのモデルの再登場に、昨今のアウトドアスニーカーへの注目度の高さが伺えます。なんでもファーストデリバリーは即完売とのこと。ネオプレンソックやストラップを採用したアンクルサポートシステムをはじめ、こんなオトコ心をくすぐる一足とあらば、それも納得です。

NEXT PAGE3/ 4

機能的かつスタイリッシュなこちらも

◆ テバ 

モードブランド顔負けの、スタイリッシュデザイン

スニーカー 1万4000円/テバ(デッカーズジャパン)
1万4000円/テバ(デッカーズジャパン)
メッシュ素材とストレッチ素材をコンビ使いしたアローウッド エボ メッシュ。アッパーは防水透湿性素材のTIDEシールを組み込み、ウォータープルーフを実現。サンダルでおなじみのストラップ使いが、シューレースなしでも高いフィット感を与えてくれます。独自開発のアウトソールFLOAT-LITE™で、軽いトレッキングまで対応可能に。

◆ モンチュラ 

見た目からの期待を裏切らない、高機能満載モデル

スニーカー 2万5000円/モンチュラ(エアモンテ)
2万5000円/モンチュラ(エアモンテ)
オールラウンドタイプのトレイルランシューズとなるフラッシュ。悪路に対応する高いグリップ力や安定感を実現しながら、整地された道路でも堅さを感じることなく快適に歩行が可能。3Dダイナミックラッピングを採用するアッパーは、圧着製法とともに軽く通気性が良く、高いフィット感を楽しませます、ド派手なグラデカラーは、アクセント効果もバッチリ。
ハニカム状のブロックが高いグリップ力を生み出す、ビブラム社製MO-RUNLIGHTソール。一方で、EVAミッドソールRE-Act+が、地面からの衝撃を緩和します。

NEXT PAGE4/ 4

トレンド顔のハイスペックスニーカー

◆ サロモン 

実用性に裏打ちされた、最近流行りのソックタイプ

スニーカー 2万円/サロモン(サロモン コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)
2万円/サロモン(サロモン コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)
トレイルラン用に開発されたXAエンデューロ。険しい山道を走る時に求められる安定感を得るために、足首まで全体を包み込むようメッシュソック仕様に。異なる密度のEVAを2種類組み合わせたミッドソールや、濡れた地面でもトラクションがしっかりと確保できるContagripRプレミアム ウェット トラクション ラバーソールを採用しています。
アッパーと一体型になったゲートルは、足首までホールドするとともに砂や小石の侵入を防ぐ効果も。踵のねじれを防止するアドバンスド シャーシも、安定感の要因です。

◆ ホグロフス 

ルックスはお洒落な街顔だけど、ちゃんとハイスペック

スニーカー 2万2000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部)
2万2000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部)
スエードのシックな質感に、一見するとファッションスニーカーに見えるこちら。足裏全体の通気性を確保するゴアテックス サラウンド構造を採用するなど、れっきとしたハイスペックスニーカーです。GELRと2層構造のEVAミッドソール、そしてクッション製に優れたオーソライト製インソールと、その履き心地もアウトドア仕込みの高い快適性を誇ります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885
エアモンテ 03-3526-6222
ザ・ノース・フェイス原宿店 03-5466-9278
サロモン コールセンター/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0837
デッカーズジャパン 0120-710-844
ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

アウトドアスニーカーが気になったら、こちらもおすすめ

業界人が注目する、“これから来る!”新鋭スニーカーブランド4選
スナップ常連のあの人や、ナイキの元デザイナーが手がける今が買い時なスニーカー

ナイキがスニーカーシーンで王座に君臨するワケとは?【後編】
後編ではナイキの名作スニーカーを一挙ご紹介!

見た目はドレス靴、履き心地はスニーカー、な万能シューズとは?
ビジネスマン必見!ドレスシューズにしか見えないスニーカー

人気の“ダッドスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
トレンドスニーカーを品よくまとめるコツ教えます!

人気の“ニットスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
リプパン✕ニットスニーカーのコーディネートサンプルをご紹介

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事