• TOP
  • FASHION
  • 職場でもだらしなくならない、黒スニーカーの選び方とは?

2018.07.09

職場でもだらしなくならない、黒スニーカーの選び方とは?

ノーネクタイやジャケットレスな着こなしから始まったビジネススタイルのカジュアル化の流れは、ついに足元にまで影響を及ぼすことに。そこで今回は、ビズでもサマになる黒スニーカーの選びのポイントを解説いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/持田慎司

シックで都会的な雰囲気を前面に押し出して

白スニーカーに比べてシックで都会的な佇まいが魅力の黒スニーカー。ですがあくまでジャンルとしてはスニーカーに位置付けられるため、ビズに合わせるとなるとそれ相応の選びのポイントというものが存在します。

とはいえポイントとなるのは以下の二点のみ。それは、シンプルなコートシューズ型のローカットで、かつ、より大人っぽい印象にまとまりやすいレザー製のものを選ぶということ。前者に関してはオーセンティック&シンプルなデザインが職場で悪目立ちしないという理由で、後者に関してはよくあるキャンバスや流行のニット素材だと、どうしてもスポーティな印象がぬぐいきれないから。

簡潔に言ってしまうと黒スニなら普遍的なレザーのローカットであれば、クールビズが許容される職場にもすんなり溶け込んでくれるということです。しかも元来がシックで都会的なイメージの強いこの手のシューズは、ベーシックなネイビーやチャコールグレーなどといったダークトーンのスーツとの相性も抜群。

思いの外簡単にビズスタイルと合わせられますので、今夏、ぜひ実践してみては?

NEXT PAGE2/ 4

定番のネイビー&チャコールグレーのスーツと好相性

◆ コールハーン 

履いていることを忘れそうな驚愕の軽さ

『グランドプロ』コレクションの一番の特徴は、その軽量性。アッパーは上品なレザー製ながら驚きの軽さと優れたクッション性で、ストレスフリーな着用感を味わえます。ソールまでブラックアウトされているので、まるでドレスシューズがごとくエレガントに履きこなせます。
スニーカー2万6000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン)、スーツ17万円/バーニーズ ニューヨーク、シャツ2万8000円/フライ(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、タイ1万8000円、チーフ7000円/ともにブリューワー(コロネット)
ビジネススーツの定番色とされるネイビーやチャコールグレーにも、黒スニであれば違和感なく溶け込んでくれます。よくよく考えてみれば、スーツと靴の配色自体は黒のドレスシューズを履いている時とまったく同じ。だからこそ、シンプルなレザーの黒スニはビズスタイルにすんなりハマるのです。

NEXT PAGE3/ 4

ブランドをさり気なく主張する2足

◆ パントフォラ ドーロ 

去り際に目を引くゴールドのレタリング

4万円/パントフォラ ドーロ(カメイ・プロアクト)
古くはレスリングやサッカーなど、競技用のスニーカーを手掛けていた伊国の老舗ブランドが提案するのは、上質なカーフ素材を使用しつつソールまでブラックアウトすることでミニマルに徹し切った一足。ヒール部分のブランドロゴが、去り際に存在感を発揮します。

◆ サルヴァトーレ フェラガモ 

アイコンをさり気なく随所に散りばめて

7万6000円/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン)
アッパーにお馴染みのガンチーニを、そしてタンには白字でブランドロゴを描きだすことで、職場でもさり気なくサルヴァトーレ フェラガモ謹製であることを主張できる一足。ソール側面の後ろ側にもガンチーニが象られているので、全方位的にイバりが効きますよ。
シューレースがエラスティック素材入りで足入れも楽チンな本作は、なんとアウトソール部分にもブランドロゴが刻まれているのです。

NEXT PAGE4/ 4

シンプルさがビズスタイルにぴったり

◆ アグ® 

熟練職人の手による包み込むような履き心地

2万2000円/アグ®(デッカーズジャパン)
シープスキンブーツのイメージの強い同ブランドも、しっかりスニーカーをラインナップ。熟練の職人の手によるカリフォルニア製法という、足を包み込むような履き心地を約束する設計を採用しつつ、アウトソールにも柔軟かつ軽量な素材を使用した優れモノです。

◆ ディエッメ 

ハト目までブラックアウトしたミニマル派

3万2000円/ディエッメ(GMT)
ブラックのレザーアッパーにホワイトのソールという、オーセンティックなスタイルを採用。しなやかでキメの細かなシボ革が、優しく足を包み込んでくれます。ハト目までブラックアウトするなど、無駄なディテールの一切を廃したデザインは、ビズスタイルにも好相性。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カメイ・プロアクト 03-6450-1515
コール ハーン ジャパン 0120-56-0979
コロネット 03-5216-6521
GMT 03-5453-0033
デッカーズジャパン 0120-710-844
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
フェラガモ・ジャパン 0120-202-170

黒スニーカーが気になったら、こちらもおすすめ

夏の定番Tシャツ&デニムを、ダサくしないためのスニーカーとは?
大人は足元で差をつける。ルイ・ヴィトン、グッチなどメゾンスニーカー

人気の“ニットスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
軽くて伸びて風通しの良いニットスニーカーは夏に最適!そのコーデもご紹介

人気の“ダッドスニーカー”、大人なら何を選ぶ?どう着こなす?
トレンドスニーカーを品よくまとめるコツ教えます!

職場でもだらしなくならない、ビジスニの選び方とは?【白スニーカー編】
ジョン ロブからコンバースまで、クールビズにもおすすめの大人の白スニをご紹介

人気メゾンも、この夏はダッド&ニットスニーカーが大豊作!
グッチ、プラダ、フェンディなどメゾンブランドのトレンドスニーカー

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事