• TOP
  • LIFESTYLE
  • 2020年前半、アナタはいつ、どこで、誰にモテるか?【魚座の男】

2020.01.12

2020年前半、アナタはいつ、どこで、誰にモテるか?【魚座の男】

ちょいモテしたい、すべてのオヤジさんのために、元銀座ホステスの占い師、藤島佑雪が12星座別恋のバイオリズムを辛口アドバイスとともにご案内いたします。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/藤島佑雪

◆魚座(2月19日~3月20日)

この半年は、個人プレーではなく、仲間と協力し合ってモテを目指すのが吉。遊びだけでなく、地域のボランティアにも積極的に参加することで、上っ面ではない本当のモテ男に近づけそう。美女だけでなく、多様な人々と出会うことで新しい自分に脱皮できるのです。難点は、人脈が広がりすぎて、個々の結びつきが薄まることかな。

1月中旬まで、恋愛への意欲が低下。自分の恋愛が平凡に見えて、意味のないものに感じられたり。挙げ句の果てには、なんと「女はもう飽きた」なんて言い出す魚座さんも出現! 本音では“本物の恋”に巡り逢いたいくせに、それが叶えられなくて、いじけてしまうようです。

1月中旬以降は、いじけ気分も吹き飛んで、心身ともに健やかに。ネクタイを締める手もウキウキと、美女にモテたいがためのお洒落にも気合が入ります。女性が喜ぶ褒め言葉も自然に口をつき、エスコートもスマート。今、目の前にいる女性を、男として上手に愛することができそうです。

2月上旬以降は、春ものアイテムをどっさり買い込んでしまいそう。でも、それは必要な投資。やっぱり、美女はお洒落な男が大好きですから。奥さまと新しい服を買いに行くのもおすすめ。この時期は、目に見える美しいものに投資することで恋愛運が高まるんです。というわけで、きれいなホステスさんの売り上げに協力するのもグッド。
PAGE 2
3月上旬からも引き続き好調。春物ファッションで外見をキメたなら、お次は教養を磨く番。本を読めば会話の幅も広がりますし、文学や芸術の講座では美女との新しい出会いも。おしゃべりを楽しめる時期でもありますが、話ベタを気にしている方へのアドバイスをひとつ。“聞く”に徹することは、最大のコミュニケーションになり得ますよ!

4月上旬からは、家庭外でのモテはおあずけ。合コンに出かけたところで「お父さんみたい」と思われておしまい。だったら、家で本物のお父さん業に励んだ方が100倍マシです。が、娘からは素っ気なくされて、寂しい気持ちになってしまうかも。人生、そんな時もあります。

5月半ばから6月も不発。ゴールデンウイーク中、ずっと家族と一緒だったんだからと久々、美女と会いたいな~と願うものの果たせず。合コンにも誘われず。奥さまからは夜の営みをあっさりかわされ、ひたすら、お父さんとして生きる日々が続くことに。

藤島佑雪(ふじしま・ゆうせつ)

元銀座のクラブホステス。開運アドバイザー&占い師。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『VOGUE JAPAN』WEBサイトにて「元ホステス・藤島佑雪が教える開運↑美女になる方法」、『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」連載中。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        2020年前半、アナタはいつ、どこで、誰にモテるか?【魚座の男】 | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト