• TOP
  • FASHION
  • ビズスタイルで浮かないリュック、大人が持つべき注目モデル5選

2018.05.30

ビズスタイルで浮かないリュック、大人が持つべき注目モデル5選

ビジネスシーンのジャケット姿にカラフルなアウトドアリュックは不釣り合い。大人が背負うなら、オンオフ兼用可能なダークトーンの上品デザインこそ賢い選択です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/瀧川修平 編集/長谷川茂雄

チャリ通ビジネスマン必見のオンオフ兼用リュックをリコメンド

近年注目を集めている、自転車通勤も可能なエクストリームビジネススタイル。これを構成するための三種の神器といえるのが、伸縮性や通気性に富んだ“機能系スーツ”、革靴風のアッパーにハイテクラバーソールを履いた“ドレススニーカー”、そして 黒やネイビーを基調としたシックな“大人顔リュック”です。今回はそのラストピース、アクティブなスーツ姿に背負っても遜色の無い上品リュックをご紹介。一点豪華なメゾン謹製を狙うも良し、お値頃なスポーティデザインを揃えて使い分けるも良し。バリエーション豊かにイチ押しの新作を取り揃えました。

◆ ヴァレクストラ 

タフでラグジュアリーな雲上レザー仕様

28万5000円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)
一点豪華なメゾン謹製を求める大人にオススメしたいのが、ミラノで1937年に創業した雲上レザーブランド、ヴァレクストラの「K-VAL」バックパック。ボディには防弾チョッキにも使用されるケブラー素材を採用。そこに施された刺し子を彷彿させるV字の総刺繍がさりげなくもアイコニックです。外装は斜めにカットされたポケットが一層あしらわれるミニマル構造。内部にはスナップボタンでマチが拡張するガジェットスリーブが備わります。ハンドルやストラップはお家芸の本革製。値は張りますが、その価値は十二分に感じられるでしょう。
PAGE 2

◆ フェリージ 

軽さと上品さを備えたPVC加工

8万8000円/フェリージ(フェリージ 青山店)
メインコンパートメントのラウンドジッパーが笑顔の口元に似ていることから、イタリア語でスマイルを意味する「ソリーゾ」シリーズのバックバッグ。大きく間口がとられた特徴的なデザインと、片方だけで背負っても疲れ知らずな付け根の広いストラップで人気を博し、バリエーションも増殖。総レザー他、シュリンクバケッタレザーとナイロン、ボンディングキャンバス、そして写真のポリエステルとコットンの混紡生地にウォータープルーフ機能を付随させた、サフィアーノレザー風PVCコーティング仕様のコンビデザインも展開されます。
PAGE 3

◆ ケイスリー・ヘイフォード × ポーター × バーニーズ ニューヨーク 

モードな雰囲気を醸す都会派デイパック

4万8000円/ケイスリー・ヘイフォード × ポーター × バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
ご存知ポーターと英国の気鋭ブランド、ケイスリー ヘイフォードが、バーニーズ ニューヨークの仲介の元コラボレーション。ポーターのフラッグシップシリーズ、タンカーのデイパックに、ケイスリー ヘイフォードの2018年春夏コレクションで用いられたストライプリフレクターをプラス。お馴染みのポータータグ上にマークされたケイスリー ヘイフォードタグ含め、ファンの期待にドンピシャなコラボの証が見受けられます。背面には通気性とクッション性を兼ね備えたメッシュパッドを装備。ジャケット姿で背負っても、汗ジットリにはなりません。
PAGE 4

◆ エンゲージメント 

アウトドアでも街でもなじむクラシック顔

 3万4000円/エンゲージメント(キヨモト NC事業部)
バッグを作って半世紀以上の歴史を誇る国産の専業メーカーが、人間工学に基づき製作したバックパック。ベースデザインはミリタリーテイストの漂うフラップ式ながら、スナップボタンで手軽に開閉できたり、サイドにはメインコンパートメントにアクセスするジップが施されていたりと、随所が使いやすくアップデートされているのがウリ。フロントポケット内には、ガジェットの整理に重宝するシステムポケットを内蔵。12インチのPCが収まる内部のスリーブなど、ビジネスマンに嬉しい仕様がいくつも備わっています。

◆ アークテリクス 

PCも書類もスマートに収納が可能

 2万5000円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター)
中央にメインジップを持つ「アロー22」で、タウンユースパックとしての地位も確立したカナダ発のアウトドアブランド、アークテリクス。この夏リコメンドするのは、旅のお供にもうってつけな「ブレード20」です。甲羅のような外装の3辺にジップが巡らされているため、トランクさながらに中の荷物が一望可能。また、ストラップを背面のゴムバンドに挟み、サイドのハンドルを握ることでブリーフケースとして使うことができます。PCスリーブやガジェットポケットも豊富ゆえ、出張まで視野に入れたビジネスパックとして重宝することでしょう。

■ お問い合わせ

アークテリクス コールセンター 03−6631−0833
ヴァレクストラ・ジャパン 03-3401-8017
キヨモトNC事業部 03-5843-9011
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007 
フェリージ 青山店 03-3498-6912

「大人のリュック」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ

人気の「ゆるパン」を大人に見せる定番コーデ3選
「ユルさ」と「きちんと感」を両立する、いま流行りの"リラックスパンツ"をコーディネートとともにご紹介します!

注目の軽快セットアップ、いま大人が着るべきはあの素材だった?
この季節、差の付くドレススタイルを狙うなら、絶対に見逃せない薄軽仕立てのセットアップ・スーツです。

定番がゆえに退屈になりがち。ちゃんと洒脱に見える白T選びとこなし方
夏だから白T。理由など要りません。夏だから白Tなんです! でも、大人が着る以上は、ちゃんと理由ある選びは必要です。定番だからこそ、一家言ある選びとこなしを。

ポロシャツがおじさんっぽく見えない、ある方法とは?
涼しいし軽快だけど、ともすればオジサンっぽい。ポロシャツって、夏アイテムとしては諸刃の刃だったりします。オジサン臭くない、イケてるポロシャツの定義って何でしょう?

定番ミリタリーを野暮ったくみせない、大人なお洒落のコツ
男らしくて機能的なミリタリーアイテムを大人が品良く着こなすには少々アレンジが不可欠。軍モノの味わいを残しつつ、野暮ったく見えない極上のこなし方をレクチャーします。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL