• TOP
  • WATCHES
  • 【まとめ】物語のある名作腕時計3選。

2018.10.28

【まとめ】物語のある名作腕時計3選。

腕時計で迷ったら、それぞれのモデルがもつエピソードで選ぶのもひとつの手。"名作"と呼ばれるものには必ず、語り継がれるべき魅力があるのです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/福田 豊、渋谷康人

「大人の時計はスポーティ」特集の中から、人気の高かったものをダイジェストでご紹介。今回は語りドコロ満載な腕時計をお送りします。スペックもさることながら、男ゴコロをくすぐられるエピソードをもつモデルばかりです。

クルマ好きなら知って損ナシな名モデルを厳選!

クルマと時計はいつでもレースを通じて親密な関係にあった。本格的なレースが成立した19世紀末、計時にはもちろん時計が欠かせないし、出走するクルマのダッシュボードにも必ず時計がセットされた。そんなレースとは無縁のドライバーにとっても腕時計、中でもクロノグラフは「より早く走りたい」という気持ちを盛り上げてくれる最高のアクセサリーだろう。

それはクルマがすべて電気自動車になっても、パーソナルなモビリティツールである限り、永遠に変わらないだろう。ここでご紹介するのは、クルマと親密どころか「切っても切れない」絆で結ばれた腕時計たち。どれもクルマ好きにはたまらない、できることならクルマと一緒に手に入れたい特別な1本だ。

● ウブロ 「テクフレーム フェラーリ トゥールビヨン クロノグラフ」 

マラネロのエンジニアがデザインしたフェラーリ・クロノグラフ

「テクフレーム フェラーリ トゥールビヨン クロノグラフ サファイア ホワイトゴールド」手巻き、18Kホワイトゴールド&サファイアクリスタルケース(45mm)、ラバーストラップ、3気圧防水、1894万円(世界限定70本)/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ
クルマ好きなら誰もが憧れる「フェラーリ」は2017年に、誕生70周年を迎えた。そして、かねてから「フェラーリ」とのコラボモデルを展開してきた「ウブロ」が、「フェラーリ」のデザインを担当するフェラーリ・デザイン・センターとの深いコラボレーションで生み出したのがこの「テクフレーム フェラーリ トゥールビヨン クロノグラフ」だ。2017年のバーゼルワールドでは、デザイン部門を率いるフェラーリのデザイン部門副社長フラヴィオ・マンツォーニ自身がウブロのブースでプレゼンテーションを展開、世界中から集まったジャーナリストを沸かせた。

時計界の「設計の常識」に一切とらわれず、スポーツカーと同じプロセスでデザインされたこの腕時計はすべてが画期的だ。ムーブメントを取り巻くケースはフェラーリのマシン同様に、最小限の重量で最大限の剛性を追求したスペースフレーム構造。

文字盤をはじめ、パーツの配置も独創的。ワンプッシュクロノグラフのボタンもドライブ中の操作を前提に設計され、極上のフィーリングに仕上げられている。「フェラーリ」のオーナーはもちろんのこと、時計コレクターにとってもこれはなんとも心惹かれる、スポーツウォッチの歴史に確実にその名を刻む名作だ。

クルマ通モデルがもっと見たい方はこちら!

NEXT PAGE2/ 3

「カルティエ」のサントスの魅力に迫る 

「世界初の男性用腕時計」カルティエのサントスはなにが画期的だったのか?

「カルティエ」のサントスは「世界初の男性用腕時計」として語り継がれる伝説の名作時計。誕生は1904年。創案したのは、後に「カルティエ」の三代目当主となった、ルイ・カルティエです。
「サントス ドゥ カルティエ」ウォッチ LM 自動巻、18KYG&SSケース(39.8×47.5mm)・ブレスレット(交換可能なストラップ1本付属)、10気圧防水。112万円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)
きっかけは、ブラジルのコーヒー王の子息であり、世界的な飛行家として知られたアルベルト・サントス=デュモンから依頼されたこと。アルベルト・サントス=デュモンはある日、友人であったルイ・カルティエに「飛行機の操縦中に懐中時計を取り出して時間を見るのが困難だ」と打ち明ける。そこでルイ・カルティエは、腕に着ける時計を提案。そうして生まれた時計を「サントス」と名付けたのです。

この続きが気になった方はこちら!

NEXT PAGE3/ 3

"レジェンドウォッチ"と呼ぶにふさわしい名モデル

"語れる"というポイントで腕時計を選ぶのもアリ!

モノの世界には総じて、話を聞いた誰もが感心・感動する、語り継がれる価値のある逸話をもつ名作がある。そして腕時計には、そんな"レジェンドウォッチ"が数多くある。そういった腕時計を身に着けることは、そのレジェントとある意味で「つながりを持つ」ことであり、そのレジェンドを通じてあなた自身のパーソナリティをさりげなく語ることになる。

これからご紹介するのは、時計界の名門の、その長い歴史の中でブランドのマイルストーンとして語り継がれ、今も作り続けられている特別なレジェンドウォッチ。あなたはどのモデルの、どの逸話が気にいるだろうか。

● ロレックス 「エクスプローラーⅡ」 

伝説のエベレスト初登頂に始まる、冒険者のための腕時計


「エクスプローラーⅡ」自動巻き、SSケース(42mm)&ブレスレット、100m防水、77万円
「ロレックス」という時計ブランドはそれ自体が数多くの伝説に彩られている。そして個々のモデルにもさまざまな伝説、エピソードがある。もちろん、この「オイスター プロフェッショナル エクスプローラーⅡ」にも。このモデルが誕生したのは1971年だが、そのルーツは名前からもわかるように1953年に誕生した「エクスプローラーⅠ」。そしてそのルーツをさらに遡ると、同じ年の5月に成し遂げられた世界史に残る偉業にたどり着く。それがイギリスのエドモンド・ヒラリー卿とシェルパ族のテンジン・ノルゲイによる世界最高峰エベレストの初登頂だ。

「ロレックス」は、1930年代からヒマラヤに挑む登山隊に「ロレックス オイスター」を提供。そしてこの偉業へのオマージュとしてスチール製ブレスレットと二重密閉構造の"トゥィンロック リューズ"を備えた、ロレックス史上最もタフな構図の「エクスプローラーⅠ」を発売したのだ。そして1971年、その堅牢さに加えて24時針、24時間ベセルを備えた「エクスプローラーⅡ」が誕生する。

同様に24時針を備える「GMTマスターⅡ」と同じくセカンドタイムゾーン表示を備えているが、こちらは、ベゼルが回転式ではなく固定式だ。これは24時針の機能を、北極圏や南極圏、あるいは洞窟など昼夜が分からない過酷な場所での現在時刻表示に使うため。腕に着けて眺めていて、冒険への思いが静かに高まってくる時計は他には見当たらないだろう。

"レジェンドウォッチ"がもっと見たい方はこちら!
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 03-5635-7055
カルティエ カスタマーサー ビスセンター 0120-301-757

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【超注目】ロレックスの弟分「チューダー」が上陸! 買いか? プロが解説
2018年10月31日(水)に日本上陸を果たす「チューダー」。確かな性能と、他にはない遊び心のあるデザインを持つ、専門家も認める実用時計だ。

【検証】アップルウォッチ4は買い! 時計のプロは意外な視点から断言した!
機械式時計の専門家から見てApple Watch 4は"買い"なのか? Apple Watchを愛用する高級時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏が、4で何が変わったのか? メリット、デメリットをすべて語る。

【プロが選んだ】30万円以下の本格機械式時計5選。通をうならせるなら、コレです。
幅広いスタイルにマッチし、値段以上の高級感のある機械式スポーツウォッチを厳選してご紹介! その見た目も使い勝手の良さもお墨付きです。

【プロが解説】絶対に損しない、超高級スポーツウォッチ5選。
雲上ブランドから数々の"ラグスポ時計"がリリースされる昨今。実際どのモデルが“買い”なのか? そこで、世界で圧倒的な支持を得る人気モデルの見どころを、3人のスペシャリストにうかがいました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事