• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • プロが伝授する「サウナ×〇〇〇」でめちゃ気持ちいい〜コト

2021.09.21

プロが伝授する「サウナ×〇〇〇」でめちゃ気持ちいい〜コト

「大人の気持ちいいコト」といえば、何はなくともやっぱりサウナ。そこでプロサウナーとして名を馳せる「ととのえ親方」こと松尾 大さんと「サウナ師匠」の秋山大輔さんに、今どきのサウナ事情を伺いました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/大塚綾子

60年代の第1次ブーム、90年代の第2次ブームを経て、目下サードウェーブが到来中のサウナ。昭和の面影を残すオーセンティックな施設から、デートでも使えるスタイリッシュな最新サウナまで、気持ちいい=“ととのう”を求める大人の男女で、日夜賑わっています。

そこで「サウナにハマる理由は“整い”にあり!」であふれんばかりのサウナ愛を語っていただいた「ととのえ親方」こと松尾 大さんと「サウナ師匠」の秋山大輔さんに、最新のサウナ事情をリサーチ。究極の“ととのい”を追求する2人がたどり着いたのは、「サウナ×〇〇〇」の合わせワザ。これさえ知れば、サウナがもっと気持ちよくなること間違いなしです。

ととのえ親方・松尾 大さんの気持ちいいコト 【1】

「サウナ×アート」

「ととのえ親方」として親しまれ、昨今のサウナブームを牽引する松尾 大さん。秋山さんと一緒にサウナブランド「TTNE PROSAUNNER」を立ち上げ、国内外のサウナを渡り歩く猛者をも唸らせたのが、昨年12月群馬県前橋市にオープンした「白井屋ホテル」のサウナです。

創業300年の旅館白井屋を、建築家・藤本壮介氏が新たなアートデスティネーションとして再生した白井屋ホテルは、館内の至る所に貴重なアート作品を展示。サウナスペースも、その例外ではありません。

「ここのサウナは本格的なフィンランドサウナと、ビギナーでも楽しめるミストサウナの2種類。どちらも落ち着いた雰囲気で、貸し切りなのでカップルにもおすすめです。そしてなんと言っても気持ちがいいのが、外気浴スペース。現代美術作品が眺められ、アートを鑑賞しながらととのいます。サウナ→水風呂→外気浴のルーティンで五感が研ぎ澄まされた状態で鑑賞するアートはまた格別ですよ」
▲ ホテルのレセプションでは、現代美術作家・杉本博司氏の海景シリーズの「ガリラヤ湖、ゴラン」が出迎えてくれる。©Katsumasa Tanaka
PAGE 2
▲ 本格的なフィンランドサウナは、宿泊者限定で完全予約制。セルフロウリュも完備。©Shinya Kigure
▲ 「Time Neon - 02」を眺めながら整う贅沢な外気浴スペースは、宿泊者限定のエリア。©Shinya Kigure

白井屋ホテル フィンランドサウナ

住所/群馬県前橋市本町2-2-15
TEL/027-231-4618
営業/(〜9/26)16:00〜18:00、20:00〜22:00 (9/27~)16:00〜17:20、18:00〜19:20、20:00〜21:00、翌朝8:00〜9:20 ※ホテル宿泊者のみ利用可 
料金/(〜9/26)6050円(税・サービス料込み)/1組(2時間利用可能)、(9/27~)5000円(税・サービス料込み)/1名(80分、最大4名まで利用可能)
https://www.shiroiya.com

【ほかに紹介の記事はコチラ】
東京からでも行く価値あり! アートと美食が楽しめる注目ホテルが群馬・前橋に誕生

PAGE 3

ととのえ親方・松尾 大さんの気持ちいいコト 【2】

「サウナ×海遊び」

仕事にプライベートに多忙な松尾さんが、近年ハマっているのがダイビング。コバルトブルーの海が広がる積丹半島の海岸では、シュノーケリングやSUPなど、様々なマリンスポーツが楽しめるのだとか。

「北海道の海や湖は透明度が高いから、魚が泳いでいる様子もよく見えて潜っていてすごく楽しいんですよ。でも海から上がると体が冷えちゃうから、テントサウナに入って体を芯からあたためるんです。

持ち運びができるテントサウナなら、海岸やキャンプ場などどこでもサウナを楽しめます。僕は積丹半島の盃海岸にある『さかずきテラス』というカフェに、テントサウナを置かせてもらっていて、シュノーケリング後にばっちりととのってます。体があたたまったら、今度は水風呂代わりに目の前の海にダイブ。深いところまで潜ると、水温が10℃ぐらいまで下がって気持ちいいんですよね。大自然の中で楽しむサウナは最高です!」
▲ 海底が見えるほど透明度が高い北海道の海。夏はゴーグルとフィンだけをつけて素潜り。
▲ 広大な日本海も親方にとっては水風呂代わり。右はサウナ師匠の秋山さん、中が親方。
PAGE 4

好きな場所に設置できる「テントサウナ」

火入れ後15〜20分でたっぷりの蒸気を放出。-40℃の外気でも、熱々のサウナが楽しめるロシア製のモバイルテントサウナ。Terma10 Arctic (テント・ストーブ込み、送料別)15万700円/バーニャジャパン
https://www.banyajapan.com

さかずきテラス

住所/北海道古宇郡泊村大字興志内村字茂岩231-4
TEL/0135-75-2020
営業/9:00〜18:00(火曜12:00〜18:00) ※変更になる場合もあるので、訪れる前には電話で連絡を 月曜休 冬季休業

● 松尾 大(ととのえ親方)

世界中のサウナを渡り歩き、湖から流氷までも水風呂代わりにしてしまうナチュラル派プロサウナー。サウナ関連の番組、ラジオ、CM、イベント、サウナ室のプロデュースに関わる。

PAGE 5

サウナ師匠・秋山大輔さんの気持ちいいコト 【1】

「サウナ×ジム」

「空腹で食べるご飯が美味しいのと一緒で、事前にちょっとストレスをかけておいたほうが断然サウナが気持ちよくなる、というのが僕の持論。体に負荷をかけるトレーニングしたあとのサウナは最高です」

そう語るのはサウナ師匠こと秋山大輔さん。松尾さんと運営するサウナブランド「TTNE PROSAUNER」では、次々とユニークなサウナをプロデュース。その最新施設がサウナ併設のパーソナルジム「med.」です。

「med.という名前の由来はメディカル。事前に医師によるメディカルチェックを受けられるので、医学的根拠に基づいたトレーニングプログラムを組み立てられます。パーソナルトレーナーとトレーニングをしたあとに、そのまま同じ施設で本格的なサウナを楽しめるのがmed.の特徴。

ジムのあとにサウナへと移動する煩わしさもなく、時短できると忙しいビジネスエリートに好評です。僕は朝のトレーニング後にサウナで体をほぐしてあたたまったら、最後にアイシング。こうすると筋肉疲労が残りにくくて、気持ちよくととのうんですよね。

もう1つのコンセプトが、NYで人気のカラージム&カラーサウナ。その日のコンディションに合わせて、照明の色や音楽、香りをコーディネートできるのも、気持ちいいポイント。落ち着きたい時には副交感神経が有意になるグリーンの照明で音楽もアンビエント系に。朝は交感神経に振っていく赤い照明でメンソール系の目覚める香り。これがまためちゃくちゃテンションがアガって気持ちいいんです」
PAGE 6
▲ カラーセラピーに基づき、サウナ内の照明をカスタマイズ。世界初のカラーロウリュサウナも完備。
▲ ジムスペースはプライベート感をしっかり確保。最新鋭の設備が24時間利用できる。

med.青山店

住所/東京都港区南青山6-2-9 KSビルB1F
TEL/見学や無料カウンセリングはホームページからLINEにて受付
営業/24時間営業
料金/【ジム・スタンダード会員】入会金5万円、月会費1万5000円(1トレーニングセッション付き)、1セッション1万6500円、1時間5800円 【サウナ・スタンダード会員】入会金なし、月会費なし、60分1万3000円、30分6500円
https://medigym-jp.com

PAGE 7

サウナ師匠・秋山大輔さんの気持ちいいコト 【2】

「サウナ×サーフィン」

「サウナの熱波にはかれこれ20年乗ってきましたが、海で波に乗るのは久しぶり(笑)。最近はすっかりサーフィンにハマっています」

そう笑顔で語る秋山さんが通うのは、いい波を求め多くのサーファーが集う千葉県一宮。東京オリンピックのサーフィン競技の会場になった釣ヶ崎海岸にもほど近いこの地に、秋山さんはサウナを併設したバケーションレンタル「STAY[TTNE] THE TERRACE ICHINOMIYA」を計画。この秋のローンチに向けて絶賛準備中なのだそう。

「仲間と一緒に海に入ってもサーフィン中は、お互いにコミュニケーションがとれないんですよね。だから海から上がったあとに仲間と語り合える場所として、サウナがあったらいいなと。サーフィンでも波に乗れなかったり、人と波を争ったりして、正直イライラしちゃう時はある。

でもそんな諸々のことも最終的にはサウナに入ればすべて解決。気持ちよくととのえてくれるんです。風呂とサウナに入って疲れが取れれば、何があってもオールOKだなって(笑)。サウナは競技ではないし、人と競わない。それが気持ちいいなって思うんですよね。

計画中の部屋はもともとサーファー向けに建てられたレジデンスなので、海から帰ってきて庭から直接バスルームに入れる間取り。その導線を生かして庭にバレルサウナを設置し、テラスではなんとBBQも。秋のローンチ後には、まずTTNEの会員限定で、貸し出していく予定です。一宮にはゴルフ場もあるので、夢のサーフ&ターフ&サウナも楽しめますよ」
PAGE 8
▲ 秋山さんの後ろにあるのが、樽の形をしたバレルサウナ。コンパクトながら最大6名を収容できる。
▲ 上のバレルサウナが設置される、庭のウッドデッキがコチラ。芝生の庭での外気浴も気持ちよさそうです。

STAY[TTNE] THE TERRACE ICHINOMIYA

※詳細はHP(https://ttne.jp/club/stay)で確認を

● 秋山大輔(サウナ師匠)

「東京ガールズコレクション」をはじめ、様々なイベントのプロデュースを手掛け、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN」のプロデューサーも務めるプロサウナー。

※掲載の価格はすべて税込みです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        プロが伝授する「サウナ×〇〇〇」でめちゃ気持ちいい〜コト | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト