• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 東京からでも行く価値あり! アートと美食が楽しめる注目ホテルが群馬・前橋に誕生

2021.01.31

東京からでも行く価値あり! アートと美食が楽しめる注目ホテルが群馬・前橋に誕生

失礼ながらガストロノミー&ラグジュアリーホテル好きの眼中にまったくなかった群馬県前橋市に、驚愕のデスティネーションホテルが誕生しました。2020年12月にセンセーショナルなデビューを飾った「白井屋ホテル」です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・写真/江藤詩文

▲ ローレンス・ウィナーのアートがインパクト抜群のファサード  ©Shinya Kigure
「今度のディナーデートは前橋に行こう」。
そう誘ったら、彼女は「なぜわざわざ前橋?」と怪訝な顔をするかもしれません。でも彼女がレストランラバーなら、こう続ければ目の色を変えるでしょう。
「アジアのベストレストランで日本2位、ミシュラン二つ星の名店『Florilege(フロリレージュ)』の川手寛康シェフがプロデュースした、イノベーティブなファインダイニングがオープンしたんだ」。
川手シェフがおよそ3年をかけて手がけたのが、昨年末に新しくオープンした「白井屋ホテル」のメインダイニング「the RESTAURANT(ザ レストラン)」。ここで味わえるのは、世界で唯一無二の「上州キュイジーヌ」です。

上州とは、現在の群馬県の昔の呼び名。群馬に伝わる郷土料理をひとつひとつ丁寧に紐解き、自然に恵まれた群馬の食材を使って、最先端のプレゼンテーションで再構築する。世界のフードシーンを牽引するトップシェフたちと親交が深い川手シェフだからこそ実現できた、世界レベルのガストロノミーが、前橋に誕生したわけです。
▲ フロリレージュを彷彿するザ レストランの厨房
「劇場型」と呼ばれるオープンキッチンの中央で指揮を取るのは、地元出身の片山ひろシェフ。オープン準備期間に、ベルギー・ブルージュの伝説の三ツ星「ヘルトン ヤン」(現在は閉店)をはじめ、浅草「オマージュ」、広尾「オード」、大阪「ラ・シーム」、和歌山「ヴィラ・アイーダ」と、レストラン好きにとっては国宝のようなシェフたちの元で研鑽を積んできました。

たったひとりのシェフ、たった一軒のレストランの出現が、ドラスティックにその地域を変える。そんな料理のちからを、これまで世界各国を飛び回って目の当たりにしてきた川手シェフならではの、前橋再生への思いが感じられます。
PAGE 2
そんな川手シェフの情熱を受け、地元の生産者の元へ足を運び、群馬名物の下仁田ねぎや嬬恋キャベツはもちろん、日本では生産量の少ないヨーロッパ野菜を栽培する農家とコラボして特別な野菜をつくってもらうなど、片山シェフが創り出す料理はまさにクリエイティブのひと言。
▲ 赤城地鶏と野菜、こんにゃくをラビオリで包み、まいたけのエスプーマをトッピングした「OKIRIKOMI」
たとえば群馬の郷土料理「おっきりこみ」。本来は、根菜などの野菜と肉を入れた素朴な煮込みうどんです。それを、主な材料を踏襲しつつ、うどんの代わりに風味豊かな自家製ラビオリで具を覆い、みそ風味のソースを添えて「OKIRIKOMI」に。

中には群馬名物こんにゃくも。フレンチなのに!  しかもそれが、ソムリエの児島由光さんが選んだ遊び心あるペアリングのワインに合うってどういうことでしょう。これまで数多くのレストランで積み上げて来た、筆者の経験値がぐらつきそうです。
PAGE 3
さて、美食好きな彼女に、「上州キュイジーヌ」を初体験してもらったところで、いよいよ今夜の客室へ。実は前橋は意外にアクセスがよく、東京からなら新幹線で高崎まで約50分、両毛線に乗り換えて約15分と、ゆっくりディナーを楽しんでも、じゅうぶん日帰りできてしまう距離。

それでも彼女に「泊まりたい」と言わせるわけ。それはここが単なる宿泊施設ではなく、まるで美術館のようなアートホテルだからです。
▲ 利根川の旧河川の土手をイメージしたグリーンタワー。ファサードのあるヘリテージタワーの裏側に位置する。 ©Shinya Kigure
江戸時代に創業した、300年以上の歴史を持つ老舗旅館を大胆にリノベーションしたのは、2025年の「大阪・関西万博」の会場デザインプロデューサーにも選ばれた藤本壮介さん。旧建築物の4層を吹き抜けにした、当時のコンクリートがそのまま残った無機質な空間に、アルゼンチン出身のアーティスト、レアンドロ・エルリッヒさん(金沢の21世紀美術館で日本でも有名ですよね)による光のインスタレーション「ライティング・パイプ」が絡みます。
このインスタレーションは、古い建物の内部に張り巡らされていて、いまは使われなくなった水道管の亡霊をイメージしたとか。同世代の藤本さんとレアンドロさんは、パリでお茶をしながらアイデアを語り合ったそうですよ。なんて素敵。藤本さんの建築については、こちらの記事も合わせてお読みいただくと、より理解が深まるかと。
大通りに面したファサードのアートは、アメリカのアーティスト、ローレンス・ウィナーさんが手がけたもの。レセプションには、杉本博司さんの「海景」シリーズの「ガリラヤ湖、ゴラン」、屋上には宮島達男さんのアートと、ホテル内にはアート鑑賞スポットが盛りだくさんです。藤本さんが「人工物」と「自然」を融合させた、まるで森のような1階のオールデイダイニング「the LOUNGE(ザ ラウンジ)」は、街の社交場。「ザ レストラン」と「ザ ラウンジ」は宿泊客以外も利用できます。
PAGE 4
客室は、旧ホテルの建物を生かした「ヘリテージタワー」と、新築の「グリーンタワー」の2棟に分かれていますが、せっかくなら「ヘリテージタワー」をおすすめします。ヘリテージタワーの2階以上は、宿泊客しか入れない特別なフロア。この空間をさまざまな角度から鑑賞できるのは、宿泊した人だけの特権です。

さらに彼女を驚かせたいなら、予約すべきは4室しかないスペシャルルーム。イギリスのデザイナー、ジャスパー・モリソンさん、イタリアの建築家ミケーレ・デ・ルッキさん、レアンドロさん、藤本さんが、それぞれ1室ずつデザインを担当しています。
筆者が女性目線で選ぶなら、ベンジャミンの緑がみずみずしい藤本壮介さんルームで癒やされたい。

美食好きもアート好きも建築好きも、誰もがハッピーになれるデスティネーションホテル。このホテルに行くためだけに、前橋を訪れる価値ありです。さて、あなたは誰を誘って行きたいですか。

■白井屋ホテル

住所/ 群馬県前橋市本町2-2-15
URL/ https://www.shiroiya.com

●江藤詩文(えとう・しふみ)

世界を旅するライター。ガストロノミーツーリズムをテーマに、世界各地を取材して各種メディアで執筆。著名なシェフをはじめ、各国でのインタビュー多数。訪れた国は60カ国以上。著書に電子書籍「ほろ酔い鉄子の世界鉄道~乗っ旅、食べ旅~」(小学館)シリーズ3巻。Instagram(@travel_foodie_tokyo)でも旅情報を発信中。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        東京からでも行く価値あり! アートと美食が楽しめる注目ホテルが群馬・前橋に誕生 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト