• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • “整う”そしてモテる! このサウナ行っとく? 5選【前編】

2021.01.10

“整う”そしてモテる! このサウナ行っとく? 5選【前編】

「ととのえ親方」と「サウナ師匠」、その愛弟子によるサウナの魅力を語り尽くす座談会を読んでいただけたなら、すぐにでもサウナに行きたくなったことでしょう。ですが、最初が肝心! 間違ったサウナ道を歩まないためにも、プロサウナーお墨付きの極上サウナを前後編に分けてご紹介。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/宮原友紀

サウナ座談会で、「ととのえ親方」の松尾さんと「サウナ師匠」の秋山さん、愛弟子の宮原さんに、その真髄とモテ効果を教わったアナタ、すぐにでも汗をかきたくなった気持ちにちょいSTOP!

親方や師匠は言いました「いいポイントから始めるのが大事」と。“ととのう(※1)”に最短距離でたどり着くには、最初が肝心! ひとりでトライするも仲間や彼女を誘って体験するもよし、プロサウナーお墨付きのサウナから、その道をスタートさせましょう。(座談会前編「サウナで“ととのう”」はコチラ、後編「サウナでモテる」はコチラ
※1ととのう 「整う」と同義だが、サウナ界では「ととのう」とひらがな表記するのが通例。

【1】 豊島園 庭の湯

プロサウナーも愛してやまない庶民派湯殿

▲ 広々として綺麗なサウナ室。サウナ用タオルが使い放題など細やかなもてなしがうれしい。
格式張らない雰囲気でありながら、中学生未満は入場不可!という大人のオアシスを求めるなら、東京・練馬にある「豊島園 庭の湯」。屋内のフィンランドサウナでは、スタッフがアロマ水をサウナストーンにかけて熱気と香りを充満させる「アロマサービス」が人気。

また、床や壁、イスから穏やかに熱が伝わる“古代ローマ風呂”特有の蒸気浴「テルマリウムサウナ」や、水着着用で男女一緒に入れる屋外のフィンランドサウナ、韓国伝統のサウナ「汗蒸幕(ハンジュンマク)」など、本気ソロサウナーのハートもわし掴む本格サウナが大充実。

さらに、サウナ→水風呂→休憩できる寝そべり椅子の導線が完璧で、温冷交代浴をしやすい点も高評価の理由です。6種の天然温泉やバーデゾーンで温まってから、サウナで一気に汗をかくという流れもまた格別。これで平日なら2070円(税込)というのだから、驚きの安さ。東京一のコスパで快適な男磨きをいざ実践!

豊島園 庭の湯

TEL/03-3990-4126
住所/東京都練馬区向山3-25-1
営業/10:00~23:00(最終受付22:00)※メンテナンス実施日(11月予定)は休館
料金/平日2070円、土日祝2370円、特定日2470円(すべて税込、※岩盤浴代は別途)
http://www.niwanoyu.jp/niwa

PAGE 2

【2】 ZEN VAGUE

古都の街で座禅に通じる境地へ

▲ サウナ室温は80℃ほどで初心者でも入りやすい。バレルサウナを貸切で使えるので自分のペースで“ととのえ”られる。
夏の恋を盛り上げるデートスポットとして、幾度とお世話になってきた海に面した古都の街、鎌倉。では冬はというと、どうやら最近、デキる男たちがマインドリセットするために足を運ぶ場所があるらしいのです。それが、築90年の日本家屋をリノベーションして、伝統的な和の情緒と最先端のモードを融合させた施設「ZEN VAGUE(ゼン ヴァーグ)」。

ここで体験するのは、日本庭園を見渡す自分自身と向き合う時間。聞けば、座禅とサウナは頭がすっきりする感覚、よりクリエイティブなマインドになるという部分で非常に似ているんだとか。

外からは黒いタンクのように見える「バレルサウナ」ですが、中に入るとマジックミラーから庭が見える構造。セルフロウリュで蒸気と熱を巡らせたら、ぜひ目を閉じてココロを無の状態へ。サウナで発汗し、拡張した状態の血管を冷水シャワーでしめたあとは、庭園の外気浴で放熱。至福の状態、いわゆる“ととのい”を感じたら、座禅に通じる境地を体感できるかもしれません。

ZEN VAGUE

TEL/0467-81-4405
住所/神奈川県鎌倉市長谷 2-7-29
営業/9:00~21:00 無休(臨時休館あり)
※サウナは、10、12、14、16、18時スタートの2時間制 
料金/(サウナのみ)1500円(税込、レンタルバスタオル1枚・ミネラルウォーター付)、貸切利用(1~4名)2時間6000円(税込、1名追加+1500円税込、6名まで)※宿泊者(1名1泊ドミトリー4000円税込~)は、+500円(税込)
https://www.zenvague.com

PAGE 3

【3】 8HOTEL CHIGASAKI

熱い初体験の相手になれる場所

▲ サウナからは、海外モーテルのようなプールエリアを眺められる。水着着用だから、カップルや家族で楽しめる!
サウナ未経験の女のコを誘いたいとしても、ウンチクをたらたら語るのはナンセンス。そこはもう、論ずるより“ととのう”が楽し。湘南の「8HOTEL CHIGASAKI」にお連れしましょう。目指すは、水着を着て入る男女共用のフィンランド式サウナ。ヒノキの香りが漂い、入る前からリラックスムードに心解けます。

サウナ内のベンチに腰かけると、窓の向こうに見えるのは水風呂代わりのプール。お預け状態のなか、「もうすぐあそこに飛び込めるからね」なんて優しく彼女を労いつつ、ジュジュジュワァ〜とロウリュによる熱波の追い討ちを。ついにシャワーを浴びたら、目の前のプールへとダイブ!

普通のサウナ施設の水風呂ではできないプカプカ浮かびながらのクールダウンを味わったら、もう完全にGO TO ヘブン。プールサイドで外気浴へとゴールする頃、彼女にとって先輩サウナーのあなたはすっかり憧れの的に♥

8HOTEL CHIGASAKI

TEL/0467-55-5175
住所/神奈川県茅ヶ崎市幸町18-35
営業/(宿泊)チェックイン15:00、チェックアウト11:00 (サウナのみ)11:00~16:00 無休
料金/(宿泊)2名1泊8000円~ (サウナのみ)3000円~
https://chigasaki.8hotel.jp

PAGE 4

【4】 bar hotel 箱根香山

おこもりの聖地でふたりの距離も“ととのう”!?

▲ 貸切でサウナを楽しめる「プライベート スパ&バー」。脱衣所にはスパークリングワインとフルーツが用意され、至れり尽くせり。
都心から約2時間、大人が逃避行できる聖地・箱根の自然の中にひっそりと佇む「bar hotel 箱根香山」は、その名もバーをコンセプトにしたホテル。「ちょっと足伸ばしてバー行かない?」の誘い文句でここまで女性をお連れできたら、そこからはモテるサウナーの腕の見せドコロです。

さっそく彼女を案内したいのが半露天の温泉とサウナ、そして水風呂が備わった「プライベート スパ&バー」。ふたりきりでサウナ&温泉を満喫できるプライベート空間なのです。

予約制で90分間利用可能。備え付けの冷蔵庫の中にはビールやスパークリングワインなど、乾いたのどを贅沢に潤してくれるお酒が用意されています。もちろん“ととのった”あとのお酒は格別! グラス片手に外気浴を味わえば、ふたりの距離も“ととのった♥”なんて結末があるのかもしれません。

その後は館内着に着替えて、「the bar」でバーテンダーが作る本格的なカクテルを嗜みましょう。気持ちよく目覚めた翌朝は、ぜひ大浴場のサウナも味わってみて。

bar hotel 箱根香山

TEL/0460-82-0111
住所/神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷507-4
営業/ホテル宿泊者のみ利用可 チェックイン18:00、チェックアウト14:00 不定休
料金/(宿泊)2名1泊7万1700円~、「プライベート スパ&バー」1万円
https://www.barhotel.com

PAGE 5

【5】 おちあいろう

文人墨客が愛した宿でジャパネスク・サウナ

▲ 風流な「茶室サウナ」をデザインしたのは、「ととのえ親方」の松尾 大さん。炉からひしゃくで水を汲むお茶の感覚で、ロウリュを楽しんで。
日本の滝100選の1つ「浄蓮の滝」や川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した地としても知られる伊豆半島・湯ヶ島温泉。この地に日本風情を世界に発信するサウナ宿であり、登録有形文化財の「おちあいろう」があります。すべてにおいて趣と情緒のあるしつらえであるのは語るまでもないですが、注目すべきはそこに絶妙に融合したデザインの2つのサウナ。

1つは大浴場に併設した、茶釜にお湯を注ぐ感覚でロウリュを楽しめる「茶室サウナ」。茶室を模した外観や、川水が足された水風呂を足元に見下ろす造りなど、エンタテインメントな感覚を味わえます。

もう1つは、岩から温泉が湧き出し温泉由来のロウリュを体験できる「洞窟サウナ」です。岩壁から絶えず流れる温泉を利用しているので、保温効果の高さも抜群。壁面から漂うヒノキの香りと多幸感に包まれること必須です。

どちらも水風呂でしめ、澄んだ空気の中で外気浴を嗜めば、五感が冴え渡ること間違いなし。かつてこちらを訪れた文人墨客のように、クリエイティブなマインドが醸成されていくはずです。

おちあいろう

TEL/0558-85-0014
住所/静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1
営業/ホテル宿泊者のみ利用可 チェックイン15:00、チェックアウト11:00 無休
料金/(宿泊)2名1泊 6万7000円~
https://www.ochiairo.co.jp

※(税込)の記載のない価格は税抜きです

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        “整う”そしてモテる! このサウナ行っとく? 5選【前編】 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト