• TOP
  • GOURMET
  • その恋、盛り上げます! 話題のスパイス料理店はココ

2022.05.12

■ vol.166「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」

その恋、盛り上げます! 話題のスパイス料理店はココ

お洒落な街の代表格、恵比寿。いま、大人のデート向きのレストランが、駅周辺の喧騒から離れたエリアに次々とできています。汗ばむ季節は、スパイシーな多国籍料理で人気の店「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」が、ふたりの恋を盛り上げるスパイスになりますよ!

CREDIT :

取材・文/渡辺ゆり子 写真/牧田健太郎

本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

裏・恵比寿の人気店が夜メニューを充実化

最近、以前にも増して20代の若者たちが集まる街となっている様子の恵比寿。いつも賑わっている駅周辺では、正直、大人のデートに向いている店をあまり見かけません。今回ご紹介するのは、そんな喧騒から離れた“裏・恵比寿”とも言える場所にある、スパイシーな多国籍料理を楽しめるレストランです。
恵比寿駅から渋谷方向に行き、五叉路あたりから明治通りへ向かうエリアには現在、お洒落な店がいくつもでき始めていますが、その一角で「グッドラックカリー(GOOD LUCK CURRY)」のブルーの扉はひと際目を引きます。
「GOOD LUCK CURRY── 美味しいカレーを食べてもらったお客さんに、良いことがありますように!」。オーナーシェフ、掛川哲司氏の想いが込められたお店は6坪半とこぢんまりとしていますが、なんとも言えず居心地が良い空間です。
PAGE 2
予約困難なビストロ「代官山Ata」をプロデュースしたことでも知られるヒットメーカー掛川氏。「グッドラックカリー」では、スパイス料理 × ナチュラルワインというジャンルで口福な時間を提供しています。

星の数や点数の高さでレストラン選びをするのが普通になってしまったけれど、それってどう? もっと気楽に食を楽しみましょうよ、という想いも込めているとか。

夜メニューが以前よりも充実したので、お好みのアラカルトとナチュラルワインでデートを楽しんでみてね。
▲ 「ピタパンとフムス」680円
まず試していただきたいのが、コチラ! 最近はカフェでも見かけるようになった代表的な中近東料理のひとつ、フムスです。ひよこ豆、胡麻ペーストをメインにしたヘルシーなペーストだけでなく、ハリッサ青唐辛子のペーストも。ピタパンに付けて食べてみて。ミント、パクチー、アリッサなどをお好みで組み合わせながら、味変を楽しんでみましょう。
▲ 「蝦夷鹿のしゅうまい」(4個入り)1180円
そしてコチラは、シュウマイです。といっても豚肉ではなくて蝦夷鹿肉が使われています。海老も入っているから風味豊かで噛み応えもしっかり。お醤油とシェリービネガーでいただきます。ワインにぴったり!
PAGE 3
▲ 「〆カレー」880円
そしてシメにはやっぱりカレー! ホッキ貝とポロネギのラッサム、ポークとビーツのキーマカレーの2種類が載っているプレートです。クミンの香り漂うターメリックライスと一緒にどうぞ。

キャロットラペ、紫キャベツのクリュディテ、マスタードシードとフェンネルを効かせたジャガイモのスパイス和え、ヤーコンとムング豆のソテーが添えられています。コチラも自由に組み合わせられる楽しみがありますよ。
▲ グラスワイン880円〜
ソムリエさんが選ぶナチュールワインは約50種類を常備。写真の赤ワインはイタリア・サルディーニャ州の「パーネヴィーノ」。カンノナウ種です。中央は「ジャン・クリストフ・ガルニエのフルーティなオレンジワイン「ソーホー」。右側の白ワインは山梨県「四恩醸造」の微発砲です。
PAGE 4
カジュアルな雰囲気で気軽にデートを楽しめるのに、単なるカレー店とは一線を画す「グッドラックカリー」。興味深いスパイス料理を取り揃えるメニューも面白いし、ワインのセレクトも確かです。堂々と彼女をエスコートできるお店なこと、間違いなし!
※掲載商品はすべて税込み価格です

◼️ GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)

住所/東京都渋谷区東3-21-1 アティモント恵比寿ビル 2F
営業時間/火〜土曜ランチ11:30〜15:00・ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)、日・月曜ランチ11:30〜15:00 

不定休

公式インスタグラムはコチラ

予約・お問い合わせ/TEL03-3407-0333

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「モテたいオヤジの通ぶり!レストラン」でも連載中。2021年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が14周年を迎えた。

PAGE 5

スパイシーな料理が気になる方は、コチラもチェック!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        その恋、盛り上げます! 話題のスパイス料理店はココ | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト