• TOP
  • GOURMET
  • 本気でデートに使えます! 噂のガストロノミック・ラーメン3選

2019.01.09

本気でデートに使えます! 噂のガストロノミック・ラーメン3選

フレンチコースを食べられるラーメン店、トリュフラーメンを堪能できるフレンチレストラン……。B級グルメの代表格「ラーメン」は、いまや立派に女性との勝負デートに使えるんです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/和田真由子 写真/椙本裕子(「麺や一途」「ゲンエイワガン」)

「ラーメン」は日本人が愛するB級グルメの代表格だけに、勝負デートには不向き……そう思い込んでいる方も多そうですが、さにあらず。今回ご紹介する3店のラーメンは、麺・スープ・具材のすべてに、フレンチや和食の技巧を凝らしたガストロノミックな逸品ばかり。お店の空間も、エントランスから内装まで雰囲気満点です。

「ラーメン食べに行こうよ」……からの、実は素敵なお店だった! そんなギャップに、難攻不落だったあのコの牙城もついに崩れるかもしれませんよ❤︎

■「麺や一途」/ 武蔵小山 

ワインで乾杯したら、“フレンチラーメン”を一緒にすすって❤

フレンチコースに出てくるハーフサイズのラーメン。右/ポタージュのようなとろみが独特の看板メニュー「衣利(えり)」。
左/2月限定の「ひろこ」は、クリーミィなカレー風味のスープと麺が絶妙に絡み合います。
武蔵小山の住宅街のど真ん中に佇む「麺や一途」。2013年にオープンし、いまでは近隣で最も評価の高いラーメン店として、遠方から訪れるラーメンマニアや女性のリピーターも多い店です。しかし、いかに評価が高くとも、普通のラーメン店をLEON.JPの読者のみなさまにオススメするはずがありません!
個室は一室のみ。ランチ・ディナーともに1組ずつ、利用できます。
実はこちらのお店、フレンチの技法を活かした“いままでにない独特なラーメン”が人気。さらにランチとディナー時にそれぞれ1組のみ、個室にて「シメがラーメン」のフレンチコースをいただけるので、本命の彼女との勝負デートの“隠し玉”として有効かと!
オーナーシェフの仲田氏は、マキシム・ド・パリや目黒雅叙園などの有名店で料理長を歴任したフレンチの達人。スープの土台となる出汁には、仔牛の骨やスジから取ったフォンドヴォーを使用というのも珍しいですが、その出汁を用いたラーメン各種のスープもユニークです。

フォンドヴォーの風味を活かしたシンプルな醤油味の「卓(たく)」、出汁に味噌や生クリームを合わせ、ポタージュのようなとろみをつけた「衣利(えり)」などのメニューほか、月ごとの「イチ押し麺」もあり、2月はネギ類の辛味を利かせたクリーミーなカレー味の「ひろこ」が供されます(メニューの名称は全て、家族やスタッフの名前に由来)。

NEXT PAGE2/ 5

箸で食べられるフレンチ

個室でコースをいただくも、カウンターでラーメン&ワインもよし!

女性インテリアデザイナーが内装を手掛けた和モダンな個室でいただくディナーコースは、前菜・スープ・魚と肉のメイン料理・好きなものを選べるシメのハーフラーメン・デザートという充実の内容。ワインはフランス産を中心に赤・白・シャンパンが揃います。

個室の利用時は記念写真を撮影&帰りにプレゼントしてくれるサービスも、彼女の笑顔を誘います。
 
本格的なフレンチのコースながら、どの料理もナイフとフォークを使わずに箸で食べられるのは、ラーメン店ならではです。ひと皿ごとに歓声をあげながらの個室ディナーが終わるころには、ふたりはすっかり意気投合してるかも!?
天然木と黒を基調にしたカウンター席で、フォンドヴォーベースのラーメン&ワインをさらりといただくだけでも、彼女のテンションが上がること間違いありません❤︎

■ 麺や一途(いちず)

住所/東京都品川区小山 2-17-30
営業時間/月~金曜11:30~15:00、18:00〜22:00(L.O.) 、土日曜・祝11:30〜22:00(L.O.)  無休

予約・お問い合わせ/☎03-6426-8428
 
●個室のフレンチ料理はコースのみ・要予約(2名様~8名様)。ランチ(前菜・魚料理・肉料理・ハーフラーメン・デザート)3000円~、ディナー(前菜・スープ・魚料理・肉料理・ハーフラーメン・デザート)5000円〜1万円

NEXT PAGE3/ 5

「ラーメン懐石」で彼女としっぽり

■ 「ゲンエイワガン(GENEI.WAGAN)」/ 広尾 

広尾の知る人ぞ知る隠れ家で
お酒と「ラーメン懐石」で彼女としっぽり

お酒がイケる口のふたりなら、一度訪れてみてほしいのが、恵比寿と広尾の中間に位置する隠れ家的ラーメン店「ゲンエイワガン」。階段で地下に降りていくと、重厚な扉とインターフォンが。「ここって何のお店? ラーメンを食べにきただけのはずなのに……」と、連れて来られた彼女は少々不安になるかもしれませんが、予約名を告げて中に入ると、意外なほどスタイリッシュな空間が広がります。
漆黒×赤を基調にした店内は照明も暗めで、妖艶な雰囲気が漂います。
コチラは、カジュアルな雰囲気の一般的なラーメン店のイメージとは対極にある、和食をベースにした「ラーメン懐石」の店。
先付、前菜、蒸し物、焼き物、ラーメン、ご飯、水菓子という全10品の構成で進む「ラーメン懐石」コースは、揚げた麺を使った前菜の「ラーメンパフェ」、ジャスミンティーで煮た焼豚をお客さんの目の前でバーナーで炙って仕上げる焼き物など、ラーメンの要素を残しながらも、オリジナリティ溢れる美味にアレンジしています。

NEXT PAGE4/ 5

来店回数でラーメンの種類が変わる!

来店ごとにラーメンの種類が変わる!?

初回来店時に供される、基本のシンプルな醤油ラーメン「玄瑛」。白髪ネギと水菜、焼きチャーシューと麺が絡み合い、その深いお味に、思わず彼女も顔をほころばせるはず。
ちなみにユニークなのは、来店回数によって異なるラーメンが出されるというシステム。初回のラーメンは、基本のスープを活かしたシンプルな「玄瑛醤油ラーメン」、2回目は海老油を足した「海老薫る醤油ラーメン」、3回目はそれに味噌を加えた「海老薫る味噌ラーメン」、4回目はさらに胡麻ペーストとラー油を加えた「担々麺」と、徐々に調味料を足し算して濃厚にしていきます。5回目からは、お客さんの好みに合わせてその日のスペシャルラーメンが。リピート客は来店する度に「今日はどんなラーメンが出てくるんだろう?」とワクワクできるという訳です。
ワイン、ビール、ウィスキー、焼酎、日本酒、カクテルなどのドリンクメニューの豊富さは、ラーメン店を超えてバーのレベル。スナックのマスターのように気さくなオーナー、入江氏との会話も楽しみですが、ふたりの時間を満喫したければ、人目につきにくいコーナーのテーブル席をリクエストして。
 
お忍び感満点の地下空間で、ふたり一緒にラーメンをすすっているうちに、いつの間にか密やかな連帯感が生まれているかも❤︎ですよ。

■ ゲンエイワガン(GENEI.WAGAN)

住所/東京都渋谷区広尾 1-10-10 NKビル B1F
営業時間/月~土曜18:00~24:00(最終入店22:00) 日曜定休
 
予約・お問い合わせ/☎03-3449-6010
完全予約制 
 
※2月下旬以降、会員制に移行の予定(それまでは予約により一般のご利用可能。詳細はご予約の際にご案内します)
 
●ラーメン懐石コース:5000円(週替わり)

NEXT PAGE5/ 5

トリュフラーメンを出すフレンチ

■ 銀座 ル・コチア 

ランチで誘いたい! 世にも贅沢な「トリュフラーメン」のフレンチレストラン

カウンター席はゴールド×赤のラグジュアリーなしつらえ。窓からは歌舞伎座が見下ろせます。
歌舞伎座の脇に位置する小さなフレンチレストラン「ル・コチア」。ガラス窓から歌舞伎座を眺められるお洒落なカウンター席でいただけるのは、なんとトリュフをふんだんに載せた「トリュフラーメン」です。
「トリュフラーメン」の水分を一切使わないオリーブオイル麺はもっちりとして伸びにくいので、グラスワインを傾けながら、ゆったりランチタイムを過ごせます。
金色のスープは鶏と長野の自社農園産野菜の出汁をブレンド、細麺はパスタ用セモリナ粉とラーメン用小麦粉をオリーブオイルで練り上げるという、こだわり抜いた食材を使用し、黒トリュフを約10gも、これでもかというほどトッピング。視覚・味覚・嗅覚でトリュフが満喫できる逸品です。実は、麺はあえて伸びにくいように開発されたのだとか。「大切な人との会話やお酒とともに、ゆっくりと楽しみながら食せるように」という、フレンチレストランのオーナーならではの計らいです。
コースディナーは、スペシャルコース(7000円)とコチアコース(1万円)。税サ別
気になる女性を初めてデートに誘いたいとき、いきなりディナーだとハードルが高い……ということも多いものですが、「お昼に美味しいラーメン食べない?」というお誘いなら、気軽に応じてもらえそう(いわゆる「フット・イン・ザ・ドア」戦略ですね)。
 
トリュフラーメンで驚かせて「美味しくて楽しいお店、よくご存じなのね」と好感触を得たら、「ディナーも良いから、また来ようよ」と、夜デートの約束もスムーズに取り付けられそうですよ💛

■ 銀座 ル・コチア

住所/東京都中央区銀座4-13-15
営業時間/月~土曜・祝前日11:30~14:00、18:00~23:00(L.O.)
日祝休
 
URL/https://www.la-suite.jp/

予約・お問い合わせ/☎03-6264-7717
 
※ランチのトリュフヌードル1800円(単品)、ランチコース3800円 (前菜3種盛り、鶏料理、トリュフヌードル、ミニデザート/要予約) 
※トッピングに鴨肉やフォワグラなどを追加可能(別途料金500円~)

“口説けるお店”にご興味ある方は、コチラもどうぞ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事