• TOP
  • FASHION
  • 迷ったらコレ。吉田カバン・ポーターの最新コラボバッグ8選

2018.09.06

迷ったらコレ。吉田カバン・ポーターの最新コラボバッグ8選

毎度のことですが、今季もポーターとのコラボバッグが豊作です。バッグブランドが数多ある中で、一体なぜここまで引き合いが多いのでしょうか? その理由を、あの人が教えてくれました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

WMの相澤さんが教えてくれた「僕がポーターとコラボするワケ」

ポーター×○○。日本屈指の老舗バッグブランドとのコラボバッグが、今シーズンも実に豊富に揃います。それも、コラボ相手はどれも人気のブランドばかり。そこで疑問。自分のブランドだけでも、優れたバッグを作ることなど造作もないはずなのに、なぜポーターとのコラボを展開するのか? 今回、2006年秋冬のファーストシーズンからポーターとのコラボを継続する、ホワイトマウンテニアリングのデザイナー相澤陽介さんに、コラボする理由と魅力を教えてもらいました。
 
―ーなぜ、ポーターなのでしょうか?
「日本でこれほどまでに信頼されているバッグブランドはないからです。実はブランドを立ち上げる前にも製作を依頼したことがあり、受け入れて頂きました。その懐深さにも感銘を受けています」

ーーポーターのどこに親和性を感じていますか?
「実用性を重視し、実際に使うことで理解できるデザインは、ホワイトマウンテニアリングのプロダクトにも共通しています。外見だけでなく、内側の仕様や素材、そしてバリエーションなど、私が洋服作りをするうえで大切にしているコンセプトを、あれだけの大きな規模でかつ長きにわたって継続していることには、敬意を抱きます。製作現場においても、職人さんとの共同作業を重視している点など、とても勉強になります」

ーーなぜ継続してコラボを行うのでしょうか?
「こちらが求めることを、確実に実現してくれるのが大きな理由です。複雑なものからシンプルなもの、ホワイトマウンテニアリングのシーズンテーマを色濃く反映したものまで、これまで多くのアプローチで依頼してきました。そのどれもが満足と納得のゆく結果となっています」

ーーコラボする中で、改めて感じた魅力とは?
「ポーターの哲学は、デザイナーと職人が手を取り本質なモノ作りを追求してゆくことだと思います。それはコラボであっても変わりません。単にファッションという表層的な言葉では、語ることができないブランドだと思います」
 
高い技術、モノ作りへのこだわり、時代への柔軟な対応力。デザイナーとして、これほど信頼のできるコラボ相手はいないってことですね。
PAGE 2

◆ ホワイトマウンテニアリング その1 

レイヤードにより得た、インラインにはない独特な素材感

[W14×H18×D2.5cm]1万5000円/ポーター×ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)
今季のコラボで主役となるのが、通常スポーツウエアで用いられるドットメッシュにシルバーのラミネート加工を施した生地。光に当てると、シルバー部分がリフレクターのような独特の光沢を放ちます。こちらのミュゼットでは、コンパクトなサイズによって軽さも楽しめます。
表面にもポーターのタグとホワイトマウンテニアリングの小さなタグが入りますが、ご覧のようにいつものタグは内側にひっそりと。あえての控えめコラボ感が通好みです。

◆ ホワイトマウンテニアリング その2 

面白さだけじゃない、バッグとしての本懐も忘れず

[W35×H40×D14cm]2万7500円/ポーター×ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)
上のミュゼットと同じ、ドットメッシュを採用。ポリウレタンのラミネートによってドットからシルバーを覗かせるとともに、実はバッグとして求められる強度も確保しています。このデイパックは、インラインのモデルをベースに、トップハンドルをやや長めにアレンジしています。
トップハンドルには、ウエアの裏地などでもお馴染みの、ホワイトマウンテニアリングオリジナル柄が。寄木細工に着想を得た、ジオメトリック柄になっています。
PAGE 3

◆ ホワイトマウンテニアリング その3 

あからさまに主張しない、さり気なエンボス使い

左:ウォレット[W12.5×H40×D14cm]3万5000円、右:カードケース[W11×H8×D0.5cm]1万6000円、/ポーター×ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)
バックパックのハンドルにも採用された、寄木細工に着想を得たジオメトリック柄。レザーウォレットでは、外装全体にエンボスで表現しました。ワントーンながら、立体的な模様によって表情を深め、さらに高級感も増しています。
二つ折りウォレットはジップ仕様に。ジッパータブにまで、エンボスが施されています。カードケースも、二つ折りでシンプルに。ともに両ブランドネームが刻印されています。
PAGE 4

まだまだあります!今季のポーターコラボ!

前述したとおり、今シーズンもポーターとコラボしたブランドはまだまだあります。なかでも今回は、ミニバッグにフィーチャーして、5つのコラボバッグを厳選。ミニトートからウエストバッグまで、大人が使えるポーターコラボをお見逃しなく!

◆ マッキントッシュ × ポーター 

定番の魅力とトレンド感を共に楽しめます

[W40×H32×D8cm]3万9000円/マッキントッシュ×ポーター(マッキントッシュ 青山店)
2017年春夏からスタートした、ゴム引きコートでお馴染みの英国老舗ブランドとのコラボコレクション。タンカーシリーズなどポーターの型をベースに、マッキントッシュがシーズンコレクションで用いた生地を採用。今季はゴム引きのデニム生地が見どころです。
内側のジップポケットには、ダブルネームを記したスペシャルタグが。ポーターお馴染みのレスキューオレンジライニングには、マッキントッシュのモノグラムが。

◆ 伊勢丹 × ポーター 

上質にして機能的、この融合もここだからこそ

[W14×H29×D6cm]3万4000円/ポーター(伊勢丹新宿店)
伊勢丹とポーターが共同開発した、ヴァリアスシリーズのスリングショルダーバッグ。シボ感のあるソフトレザーと組み合わされるのは、𠮷田カバンオリジナル生地のX-C1000。強度、軽さ、防水性を備える高機能ファブリックで、その他にストラップを左右付け替え可能にするなど、さすがな実用性を誇ります。
PAGE 5

◆ グッドオル × ポーター 

意外性で攻めるなら、こんな生地使いもありです

左:[W16×H19.5cm]1万円、右:[W28×H18.5cm]ブルー1万3000円/グッド オル×ポーター(グッド オル)
古いものを真似ることではなく、カルチャーという裏付けをもってスタイルを提案するグッドオルとのコラボは、ビニール素材を大胆に採用。ビビッドカラーに加え、ゴールドといったエキセントリックな配色は、コンパクトなサコッシュでも存在感大です。
ブルーのビニールにオレンジのジップラインを配したサコッシュ。シンプルな作りですが、そのアイキャッチ性の高さは数あるコラボの中でも群を抜いています。

◆ キャプテンサンシャイン × ポーター 

シンプルでスポーティ、大人ストリートにオススメ

[W24×H13×D1cm]9500円/ポーター×キャプテンサンシャイン(キャプテンサンシャイン)
フラップ付きのデザインは、まるでメッセンジャーバッグのよう。生地には、軽くそれでいて頑強なコーデュラナイロンを採用。カラダのラインに沿うよう、半月型に設計されているのも見どころです。ショルダーストラップはバックル付きで、クイック着脱が可能です。
フラップにはメッシュポケットがひとつ。フラップに開け閉めがクイックに行える面テープを採用する辺りも、メッセンジャーバッグを想起させます。
PAGE 6

◆ ローワーケース × ポーター × エディフィス 

品良くも機能的な、まさしく大人の休日向き

[W32×H23cm]1万3000円/ローワーケース×ポーター×エディフィス(エディフィス 新宿)
シーズン毎に素材違いで展開する定番モデル。今季採用する高密度のナイロン生地は滑らかで光沢感があり、スポーティなサコッシュを大人な上質顔に変えてくれます。とはいえ、単に上品なだけにあらず。防水性の高い3レイヤー仕様にするなど、高い機能性も。
開口部には3つのスナップボタンを採用。内側にはオープンポケットが3つ、背面にはジップポケットと、薄マチながら充実の収納力を誇ります。

■ お問い合わせ

伊勢丹新宿店 03-3352-1111
エディフィス 新宿 03-5366-5481
キャプテンサンシャイン 03-5793-8588
グッド オル 03-6873-5451
ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381
マッキントッシュ 青山店 03-6418-5711

ポーターコラボが気になったら、こちらもおすすめ

手ぶら派の大人が持つべきバッグはコチラです
レザーのミニショルダーが大人の休日バッグにぴったりです。

便利でお洒落!? 首から下げる財布が密かに人気
エルメス、サンローランなど。アクセ感覚の首さげ財布。

いまトートはミニがいい!? その意外な使い方
ファッションブランドのミニトートをカートバッグとして使うのが洒落てます。

ザ・ノース・フェイスの新作も! 大人のウエストバッグ5選!
ミニバッグの王道ウエストバッグ。大人のために選び方&こなし方教えます。

大人気のミニ財布、大人のベストはうす〜いコレ!?
エルメス、ルイ・ヴィトンなどのコンパクトで薄マチ財布が最旬です!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL