• TOP
  • FASHION
  • 水陸両用!? 大人のアウトドアに必携ショーツ4選

2018.08.01

水陸両用!? 大人のアウトドアに必携ショーツ4選

渓流を訪れておいて濡れたくないなんて笑止千万。山で思いっきり遊ぶなら、水を弾いてすぐ乾く、本気ブランドの水陸両用スーツをオススメいたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/瀧川修平 スタイリング/稲田一生 編集/長谷川茂雄

日々進化を遂げつつあるスポーツウェア。海に繰り出すならタウンユース可能なスイムウェアがすこぶる便利です。が、それならば、グランピングやバーベキューなどの山遊びに最適な下半身といえば!? 答えは、夏のアクティビティ全般に対応してくれる “水陸両用アウトドアショーツ”なのです。

そのポイントは、伸縮性のある素材と蓋付きポケット。また、山は水辺では泳ぐほどではないけれど水に濡れることもあるため、高い撥水性と速乾性が備わっていることがとっても重要です。その上見た目もスタイリッシュなら、機能性満載ながら当然普通に街でも使えるため費用対効果は申し分ナシ。ここでは、そんな諸条件を満たすスポーツブランドのハイテクモデルをピックアップしました。来たるサマーバケーション前に揃えておけば、アクティブな大人の心強い味方となること、間違いありません!

◆ デサント ポーズ 

動きやすさと美脚を両得

1万6000円/デサントブラン(ポスト78)
デサントがオーラリーのデザイナー岩井良太氏と手を組み、2015年に開発・始動させた機能性の高いラインが「デサント ポーズ」。膝上丈の新作ショーツは、前後左右に6つも配置されたマチ付きの立体的なジップポケットがウリ。ミリタリーなカーキボディには、薄いのに丈夫なリップストップナイロンを使用。ウェーディングベルトによりウェストの調整も楽ちんです。
背面からサイドへと流れるように連なるジップポケットは、絶大な収納力に加えてカーゴ風の見た目にもひと役買っています。スマホや財布はもちろんのこと、細かいアウトドアギアまでが安全に収まるため、手ブラ派にこそ大オススメです。
PAGE 2

◆ コムフィ 

ポケットが生んだゆったりフォルム

1万6000円/コムフィ(ロストヒルズ)
「コムフィ」は、1951年にシアトルで誕生したアウトドアシーンを軸とするブランド。そのなかでも今季注目なのが、カンガルーのお腹の袋を連想させるビッグポケットがアクセントとなっている「アクティビティ トレック ショーツ」です。素材には経年変化しにくい4WAYストレッチポリエステルを使用しています。左右のナイロンベルトを引っ掛けてウェストを絞るメタルバックルとも好相性。グルカショーツ風のボリューミーなシルエットが思いのままに作れます。
ビッグポケットのメリットはデザインだけではありません。その内部には、止水ジップで閉じられたメッシュ状の隠しポケットを内蔵。スマホやタバコなど濡らしたく無いものを収納しておくのに重宝します。
PAGE 3

◆ ヘリーハンセン 

見た目はミニマル、機能性はマキシマム

7800円/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン原宿店)
水と共に生きるという意味を持つ“BE WITH WATER”をブランドコンセプトに掲げるノルウェーの老舗、ヘリーハンセンの通称「バギーショーツ」。強度と軽さを両立したシワ感のあるヴィンテージライクなナイロンタッサー素材を使用し、洗濯耐久に優れた撥水加工を施しています。それでいてこの価格は、お値打ちの極みですね。
ライニングにはメッシュ状のポリエステルを採用。汗をかいても肌にまとわりつかず、ドライなはき心地を保ってくれます。
PAGE 4

◆ サロモン 

スピードハイク対応の新感覚アパレル、誕生

6900円/サロモン(サロモン コールセンター)
「サロモン」といえばスキーやスノボを連想しがちですが、実はトレイルランやトレッキング、マリンアクティビティにも精通したフランスのトータルスポーツブランドなのです。この「アウトスピード ショート」も例に漏れず、夏の山で活躍すること請け合いな撥水性と伸縮性を兼備。ポケットのジップを開けるとメッシュ状の内袋がベンチレーション機能を果たしてくれるため、通気性も申し分ありません。
素材には軽量で肌触りの良い4WAYストレッチソフトシェルを採用。また、ウェスト背面がゴム状になっているためどんなアクティビティにも対応します。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

サロモン コールセンター 03−6631−0837
ヘリーハンセン原宿店 03-6418-9669
ポスト78 03−6459−5855
ロストヒルズ 03-6809-5582

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

ザ・ノース・フェイスからテバまで、大人が履きたいアウトドアブランドの機能系サンダル7選
大人カジュアルに合わせるサンダル選び&スタイリングには、ちょっとしたコツが要ります。足元だけ、浮いてしまわないようなアイテム選びとコーディネートテクをご紹介しましょう!

大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で!

夏のお出掛け、サンダルはらくちんなんですが、だらしなく見えては考えもの。そこで有効なのが、ラグジュアリーメゾン謹製の最新作ですよ。

もう準備できてます!? この夏の海パンは街履きできる大人仕様が正解ですよ!?

夏のバカンス先では海やプールでくつろいだら、そのまま食事に行くこともしばしば。そんな時に便利な大人の水陸両用海パンをご紹介します。

大人のビーサンコーデ3選

夏の休日ぐらい、ビーサンで足元解放! でも、いざ街に出ると何だか浮いてる? その通り、海丸出しなビーサンコーデは、大人にはちょっと浮かれすぎです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL