• TOP
  • FASHION
  • 大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で!

2018.07.31

大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で!

夏のお出掛け、サンダルは楽ちんなんですが、だらしなく見えては大人としてはちと考えもの。そこで有効なのが、ラグジュアリーメゾン謹製の最新作です。時代をとらえた遊び心あるデザインとハイクオリティな仕上げで、ラフなスタイルもリッチに仕上がるんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/瀧川修平 スタイリング/稲田一生 編集/長谷川茂雄

女性をエスコートしてのディナーならローファー、リゾートにはエスパ、街歩きならスニーカーと、適材適所で足元のスイッチを切り替えられるのが大人の嗜みというものです。しかし! 実はどこへだってサラリと履けて風通しバツグンなサンダルで済ませたいのがホンネではないでしょうか。でも、ラフな印象が強いためワンマイル圏内やビーチでもない限り難しいのが現状。ですがその煩悩、選びとこなしで叶ってしまいます。

ここにご紹介する、バリエーション豊かなラグジュアリーメゾン謹製の最新作がその鍵。スタイリッシュなデザインとハイクオリティな仕上げにより、ラフな印象はどこへやら。選びによっては夏の装いをぐっとお洒落に格上げしてくれるモノも少なくありません。騙されたと思ってまず一足お試しを。一般的なサンダルでは考えられないほど行動範囲が広がること間違いなしです。

◆ グッチ 

リゾート感とラグジュアリーが絶妙に融合した注目作

10万8000円/グッチ(グッチ ジャパン)
グッチの新定番として人気の街履きスリッパ「プリンスタウン」。今作はアッパーにスムースレザーではなく、天然素材のラフィア(マダガスカル島のヤシの木、ラフィア椰子から採れる繊維)を採用。リッチでリゾート感のある見た目を実現しました。無論アイコニックなホースビットは健在。タウンユースからリゾートユースまで、夏の足元に軽快かつリッチな印象をもたらしてくれるでしょう。
PAGE 2

◆ ヴァレンティノ ガラヴァーニ 

メゾンならではのリッチさ薫る、ラグスポサンダル

6万5000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)
アウトドアシーンで人気のスポサンも、ピエールパオロ・ピッチョーリ率いるヴァレンティノの手にかかればこんなにシックでエレガント。近年の新作に見られるVLTNロゴ入りのラバーリボンベルトはシンプルながらアイコニック。サイドにホワイトラインが効いたアナトミックシェイプインソールと呼ぶ人間工学に基づいたソールのクッション性も相まって、長時間歩いても疲れ知らずです。

◆ サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ 

古代ローマ風の優雅なレザーサンダル

10万円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
フランス語で素足を意味する「ニュ・ピエ サンダル」は、名前のとおり足がほぼ露出するヌーディな一足ながら、繊細な仕上げでとっても大人かつリッチ。甲のリングと細いレザーストラップだけで構成されているにもかかわらず立体的な構造なので、履きやすさも抜群です。フラットなラストながらヒール部に薄いラバーソールが貼られているため、滑りにくいのもポイント。
PAGE 3

◆ マルニ 

マサイの跳躍力が得られるかも!? なインパクト抜群の一足

7万1000円/マルニ(マルニ ジャパン)
今回ピックアップした新作の中で最も変わり種なのが、切り抜いたタイヤをそのままソールに用いたようなマルニの新作。インスパイアされたのは、マサイ族が着用しているような厚底サンダル。ボリューミーな見た目は伊達じゃなく、重さのほうもヘビー級。さらにインパクトを求めるなら、ランウェイのルックでおなじみの、別売りフットカバーを合わせるのもオススメです。

◆ メゾン マルジェラ 

女性ウケ間違いなし、のエスプリデザイン

4万5000円/メゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ)
感度の高い女性たちに人気を博している「タビ」シリーズから、ゴートスキンのトングタイプの「タビ」サンダルが登場。豚の蹄とも称される二股に分断されたつま先のデザインがさりげなくもアイコニックです。ストラップの内側にあしらわれた一本のステッチも相まって、ロゴを表に出さずともマルジェラ謹製であることを雄弁に語ってくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

イヴ・サンローラン 0570-016655
ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921
マルニ ジャパン 03-6416-1024
メゾン マルジェラ トウキョウ 03-5725-2414

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

え? スーツに!? 大人が知っておくべきサンダルの選び方&履き方
連日の酷暑。こうも暑いと、サンダルでなきゃ出かける気になれません。とはいえ、その気楽な足元、街中なのにご近所さん顔になってませんか?

オンオフ使える、大人のサングラスはメゾンブランドが正解!
ラフなサマースタイルを引き締めたくば、サングラスを掛けるのが最善策。でも、何だっていいワケではありません。格上げ効果も視野に入れるなら、メゾン謹製の今季新作こそが賢い選択でしょう。

ザ・ノース・フェイスからテバまで、大人が履きたいアウトドアブランドの機能系サンダル7選
大人カジュアルに合わせるサンダル選び&スタイリングには、ちょっとしたコツが要ります。足元だけ、浮いてしまわないようなアイテム選びとコーディネートテクをご紹介しましょう!

スーツにグラサン!? それ“スポクラ”サングラスなら違和感ないですから
“スポクラ”って、何? お答えしましょう、見た目はスーツにもマッチするクラシック顔なのに、機能はスポーティ、ということ。そんなサングラスをご紹介します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト