2018.08.01

大人のビーサンコーデ3選

夏の休日ぐらい、ビーサンで足元解放! でも、いざ街に出ると何だか浮いてる? そのとおり、海丸出しなビーサンコーデは、大人にはちょっと浮かれすぎです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/安岡将文 スタイリング/稲田一生

もしアナタがいる場所が、メキシコのカンクーンやハワイのラニカイビーチなら、短パンにビーサンなんていう海全開なコーデも許されるでしょう。しかし、あくまで日本の街中を出歩くのなら、ちょっと浮かれすぎというもの。とはいえ、今年は例年になく連日の酷暑ですから、それでもビーサンを履きたいという方は多いと思います。

そんな方のために、ビーサンでも作れる脱・海なコーデをご提案します。方法は3つ。

1.モノトーンでまとめる
2.エレガントな小物使い
3.品良い質感を選ぶ

これらさえ身につければ、夏を満喫しながらもちゃんと大人顔で闊歩できますよ。街・海で・リゾートと、シーン別にご紹介しましょう!

モノトーンで“モードに対するハズし”を演出する

サンダル1万8000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、シャツ2万7000円/エムズ ブラック、カットソー2万3000円/クルチアーニ(ともにストラスブルゴ)、パンツ2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、メガネ2万7000円/モスコット(モスコット トウキョウ)、ベルト1万8000円/デコーカ(コマコ・オフィチーナ)、ネックレス16万2000円、ブレスレット10万2000円、バングル43万5000円/すべてダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)、時計322万円/ウブロ
まず、街中でビーサンが海っぽく見えてしまう原因は、印象が軽すぎること。ならば、逆に程よい"重厚感"を取り入れるのが解決策となります。上下黒で揃えたコーデは、本来夏コーデとしては敬遠されがちですが、ビーサンとなら夏顔に収まります。

とはいえ、暑苦しく見えるのは避けたいところ。ですからシャツはオープンカラーで、そしてリゾート感のある差し色を。また、素肌に着るのではなく、カットソーで爽やかな白を差すのも有効です。パンツも、スラックスでスッキリとしたシルエットに。黒ならではのオトコらしさも、ビーサンを軽薄に見せない要因です。
シャツ2万7000円/エムズ ブラック、カットソー2万3000円/クルチアーニ(ともにストラスブルゴ)、メガネ2万7000円/モスコット(モスコット トウキョウ)、ネックレス16万2000円、ブレスレット10万2000円、バングル43万5000円/すべてダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)、時計322万円/ウブロ
せっかくの黒で揃えたコーデ。ここで派手色を使ったカラフルなアクセサリーは、その効果を薄めてしまいまいます。ですからリッチ感を意識し、かつ黒と相性の良いゴールドを選ぶのが正解。

ゴールド単体だと、少々ギラつき過ぎるきらいがあるので、コーデに馴染ませる意味でも黒とのコンビ使いがオススメです。リッチ感が嫌味に見えないよう、デザインはシンプルなものを。時計も、ラバーバンドのスポーティなものを選びたいですね。
PAGE 2

ボーダー × 薄色デニムのアメカジサーフを、小物で格上げ

サンダル1万8000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、カットソー9000円/セオリー(リンク・セオリー・ジャパン)、デニム2万8000円/シビリア、ベルト2万8000円/アラルディ1930(ともにストラスブルゴ)、サングラス1万8000円/エーディーエスアール(シック)、ネッカチーフ1万6000円/スローン、ブレスレット3万円、リング5万3000円/ともにトムウッド(ステディ スタディ)、時計130万円/ゼニス
続いて、海での大人な履き方をご紹介。ビーサンはその名のとおり、元来ビーチで履くものですが、ここでも大人らしいスタイリングにはコツがあるのですね。

パイル地のボーダーTシャツに、薄く色落ちしたデニムパンツ。これで足元にビーサンを合わせたなら、完璧な海コーデの出来上がりです。でもちょっと待って、そこにシルクのスカーフを合わせてみるとどうでしょう? あら不思議、途端にエレガントな雰囲気が出て来ます。

さらに、腕元にはスケルトン文字盤の高級機械式時計を。それもレザーベルトのものなら、よりキチンとした印象に仕上がります。夏らしい爽やかさを残しつつも、上質な小物を合わせることで、子供っぽい雰囲気から脱することができるのです。
カットソー9000円/セオリー(リンク・セオリー・ジャパン)、サングラス1万8000円/エーディーエスアール(シック)、ネッカチーフ1万6000円/スローン、ブレスレット3万円、リング5万3000円/ともにトムウッド(ステディ スタディ)、時計130万円/ゼニス
スケルトンになった文字盤は、機械式時計であることをアピールしつつも、その透け感がクールな雰囲気を演出してくれる効果も。一般に、夏には不向きと言われていたレザーベルトにも、近頃は裏にラバーを施したものが登場しています。見た目の上品さと付け心地の快適さを両得できるのがうれしいですね。アクセサリーも、カジュアルなものではなくドレス感を意識しましょう。
PAGE 3

リゾートには、上品ニットとイージースラックスを

サンダル1万8000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、ニット2万円/スローン、パンツ3万9000円/インコテックス(ストラスブルゴ)、サングラス2万4000円/ブラン(ジービーガファス)、ネックレス2万7000円、バングル4万6000円、リング3万3000円/すべてシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、時計52万円/タグ・ホイヤー
最後は、リゾート地など夏の旅先でのスタイルです。ドレスコードのあるような場所では難しいですが、リラックスしたひとときを過ごすにはもってこいです。

まずトップスにはサマーニットの白Tを。ニット地には、普通のTシャツ地にはない柔らかなドレープ感があり、上品な雰囲気を纏えます。パンツは、端正にして夏らしさのあるイージースラックスがいいでしょう。コードレーンもしくはシアサッカーの生地で、定番のブルーの細ストライプなら爽やかさもひとしおです。ポイントは、クリーンな印象にまとめること。だから、アクセサリーもシルバー系でまとめるのが正解ですよ。
サンダル1万8000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、ニット2万円/スローン、パンツ3万9000円/インコテックス(ストラスブルゴ)、サングラス2万4000円/ブラン(ジービーガファス)、ネックレス2万7000円、バングル4万6000円、リング3万3000円/すべてシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、時計52万円/タグ・ホイヤー
クリーンな印象にまとめるには、なるべく色を使わないことが重要です。だから、時計やアクセサリーはシルバー系をチョイス。ただし、品が良すぎても物足りないので、時計はオトコらしいクロノグラフを。

また、幅のあるブレスやボリュームのあるシグネットリングはリッチ感の底上げにうってつけ。ヴィンテージ調で味を出すのも有効です。サングラスはフレーム・レンズともにクリアなものを選ぶと、目元まで涼しげで、かつクリーンなコーデを邪魔しませんよ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ 

ウブロ 03-5635-7055
S.O.S fp恵比寿本店 03-3461-4875
エフイーエヌ 03-3498-1642
コマコ・オフィチーナ 03-6434-5184
ジェームス パース 青山店 03-6418-0928
シック 03-5464−9321
ジービーガファス 03-6427-6989
ステディ スタディ 03-5469-7110
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
スローン 03-3448-0207 
ゼニス 03-5524-6420
タグ・ホイヤー 03-5635-7054
ダミアーニ 銀座タワー 03-5537-3336
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
リンク・セオリー・ジャパン 03-6865-0206

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

ザ・ノース・フェイスからテバまで、大人が履きたいアウトドアブランドの機能系サンダル7選
大人カジュアルに合わせるサンダル選び&スタイリングには、ちょっとしたコツが要ります。足元だけ、浮いてしまわないようなアイテム選びとコーディネートテクをご紹介しましょう!

大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で!
夏のお出掛け、サンダルはらくちんなんですが、だらしなく見えては考えもの。そこで有効なのが、ラグジュアリーメゾン謹製の最新作ですよ。

もう準備できてます!? この夏の海パンは街履きできる大人仕様が正解ですよ!?
夏のバカンス先では海やプールでくつろいだら、そのまま食事に行くこともしばしば。そんな時に便利な大人の水陸両用海パンをご紹介します。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL