• TOP
  • FASHION
  • シワも汗も余裕!? 大人が常備しておきたい、夏専用のジャケットって?

2018.07.04

シワも汗も余裕!? 大人が常備しておきたい、夏専用のジャケットって?

いざというときにジャケットにシワや汗染みがあったのでは格好がつきませんよね。そんな心配を解決する、大人の強〜い味方となるジャケットを見つけてきました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・野口貴司(San・Drago)、静物・渡辺修身(SAMMY STUDIO) スタイリング/四方章敬 ヘア/星 隆士(SIGNO) メイク/Tomo Tamura(Perle Management) 文/竹石安宏、竹内虎之介(ともにシティライツ) 撮影協力/ATAMI せかいえ、MOA美術館

2018年7月号より
本誌でおなじみのジローラモはいつ何時でも、すぐに着られるジャケットを用意しています。それは予定外のディナーやパーティーがあっても、ジャケットさえあれば対応できるから。たとえ夏でもそれは変わらず、エアコンが効きすぎて彼女の肩に掛けてあげたりと、何かと重宝しますからね。 

で、そんな夏向きなジャケットの選びの条件はというと、ズバリ“シワなし、汗なし”。ジャケット着用のドレスコードはクリアできても、シワくちゃだったり汗染みがあったりしては台ナシです。その点、清涼感と通気性にも優れ、ラフに扱ってもシワになりにくい強撚素材のジャケットならば、汗の心配も無用です。暑い日にも涼しい顔してドレッシーに上着を着た姿は、周りからも一目置かれることでしょう。

◆ マッキントッシュ ロンドン

羽織るような着心地とドレッシーさを両取り

男性●ジャケット8万円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)、ニット3万7000円/クルチアーニ(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ3万2000円/ル ヴェルヌイユ(トゥモローランド)、スカーフ1万6000円/スローン、時計114万円/ユリス ナルダン(ソーウインド ジャパン) 女性●ワンピース2万6000円/ランバン オン ブルー(レリアン)、リング25万5000円/フレッド
マッキントッシュ ロンドンの代表モデル『ニューブリッジ』を独自開発素材『ウェザー ウーステッド ウール』で仕立てたこちらの紺ブレ。軽快な着心地ですが立体フォルムなので、そのキチンと感はどこでも通用するレベルです。首元にスカーフを粋に巻けば、ちょっとしたレストランでも余裕で食事が楽しめますね。

パリッとしつつもヒンヤリな秀逸素材

同ブランドが誇る『ウェザー ウーステッド ウール』はウール強撚糸を採用することでシワになりにくいばかりか接触冷感も備えており、夏にうってつけです。

PAGE 2

シワ&汗知らずな、これぞモテる夏ジャケ!

◆ 麻布テーラー

軽いのにドレッシーな絶妙仕立て

10万500円〜[オーダー価格]/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)
表情豊かなリネン混の強撚素材で仕立てた一着。素材の軽さに加えシャツ袖仕立てで実に軽快ですが、前身頃のみ芯地を施しドレス感はキープしてあるのがうれしいですね。

羽織っているのを忘れる軽やかさです

ロロ・ピアーナ社の盛夏生地『サマータイム』を使用。ウールリネンシルクの強撚素材であり、シワ耐性に加え非常に軽量かつなめらかな肌触りが堪能できます。

◆ ボリオリ

夏こそ真価を発揮するアンコンです

9万8000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)
アンコンの名手ボリオリならではの軽量仕立てのジャケットは、シャツのような軽さとドレッシーなほどよい構築感を兼備。スポーティなパッチポケット仕様ゆえ、カットソーとも好相性です。

万能性も備える夏の定番生地

強撚ウールで織り上げたココンチ得意のホップサック生地は、粗い織り目で通気性抜群。エレガントな光沢も備えており、幅広い装いに合わせやすい生地です。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) 0120-340-460
ソーウインド ジャパン(ユリス・ナルダン) 03-5211-1791
トゥモローランド(メンズ) 0120-983-522
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フレッド 03-3263-9413
ボリオリ 東京店 03-6256-0297
レリアン 0120-37-0877

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

白Tだけで心許ないときには、重ね着3段活用?
単体で着るだけでなく、インナーとしても重宝する白Tシャツ。合わせるトップスによってネックのカタチを変えるとお洒落度がグンと上がるのをご存知ですか?

ダントツ爽やかな夏の一枚といえば、やっぱりボーダーT?
夏に着たいアイテムの筆頭・ボーダーTを大人が着るなら、アイテム選びはもちろんのこと、コーディネートにもコツがあるんです。

ボーダーTが子供っぽく見えない、大人の辛口コーデとは?
夏らしさを感じられるトップスの代表格が、ボーダーTシャツ。「でも、子供っぽく見えるのでは?」という方に、大人らしく着られるポイントを伝授します!

夏の羽織りに困ったら、ポケ付きの色シャツで大人にキマる?
キチンと感と涼しさを両得する夏の一枚としてオススメするのが、ポケット付きの色シャツです!

本誌7月号では、"使える夏モノ"をまだまだご紹介中! チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL