• TOP
  • FASHION
  • 夏の羽織りに困ったら、ポケ付きの色シャツで大人にキマる?

2018.07.02

夏の羽織りに困ったら、ポケ付きの色シャツで大人にキマる?

キチンと見せるために重宝するジャケットですが、夏本番だとちょっと暑苦しく映ることも……。キチンと感と涼しさを両得するなら、ポケット付きの色シャツをオススメします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・野口貴司(San・Drago)、静物・渡辺修身(SAMMY STUDIO) スタイリング/四方章敬 ヘア/星 隆士(SIGNO) メイク/Tomo Tamura(Perle Management) 文/竹石安宏、竹内虎之介(ともにシティライツ) 撮影協力/ATAMI せかいえ、MOA美術館

2018年7月号より
どんなに暑い日でも、あると便利なのがジャケットです。とはいえ、それが暑苦しく映るようでは逆効果。そこでオススメしたいのが、ジャケット代わりにポケット付きの色シャツを使うという手。色付きゆえ"ワイシャツおっさん"になりませんし、ポケットの効果で平坦な印象にならないって算段です。

特にオススメなのが、「デニムシャツ」「ミリタリー調シャツ」「サファリなシャツ」の3種です。それぞれのメリットをご紹介しましょう。
左●ランチワーカーが着ていたシャツをイメージして作られた、ユーズド加工デニムのウエスタンシャツ。日々の作業のなかで太陽にさらされ色褪せていったような、ラフでナチュラルなブルーの色味が魅力です。シャツ2万円/ブルーブルー(ハリウッド ランチ マーケット)、中●オリーブカラーのコットン100%バックサテン素材を用いたワークシャツ。オーバーサイズのレディスともいうべき本格ミリタリーウエア御用達で知られる、同ブランド独特のサイズバランスが、イマドキな雰囲気を演出します。シャツ3万3000円/マディソンブルー、右●サンドベージュのコットンポプリン素材、台襟のないリラックスした襟元、そして両胸にあしらわれた大型のフラップ付きポケット。そんなサファリジャケットライクな要素を上質な生地で軽やかに仕立てた一枚です。シャツ2万4000円/オリアン(ビームス ハウス 丸の内)

Item 01 

デニムシャツ(左)

ジャケット代わりに使えるシャツの条件はまず元になるジャケットがちゃんと存在していること。そして、両胸にジャケットライクなポケットを備えていること。となると一番に思いつくのがデニムシャツ。カジュアルな印象を演出できるソレは、ジージャン代わりにさらりと羽織れる一枚として自信をもってオススメします。

Item 02 

ミリタリーな感じ(中)

ジャケット代わりのシャツですから、当然インナーにはTシャツを挟みます。そしてそんな着方には、ほどよい肉感を備えた生地が好相性。タフなミリタリー顔なら、そのあたりの条件も申し分ありません。

Item 03 

サファリなシャツ(右)

同じ文脈で、サファリジャケットをより軽やかにしたようなシャツも、ポケ付き色シャツの代表格。男らしさと上品さの両立が叶います。
PAGE 2

● デニムシャツ

ジージャン感覚で羽織れば"サラリ"がキマる

どこか乾いた感じの男らしさを演出したい時、モテる大人ならこなれたジージャンをチョイスしますよね。それとまったく同じ要領でTシャツの上に色落ちした「デニムシャツ」を一枚羽織る。するとかすかにマリンな雰囲気さえ漂う、夏の大人のサラリな着こなしが完成しますよ。

◆ サンローラン 

ラフななかにもリッチさと清涼感漂うデニムシャツ

男性●シャツ6万8000円、Tシャツ5万円、パンツ8万5000円、サングラス3万9000円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)、時計470万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京) 女性●ブルゾン55万円、Tシャツ5万円、パンツ9万2000円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
大人になじみ深い白Tシャツ&黒スラックスに合わせてただ一枚羽織るだけ。そんなコーディネート無用の楽チンさに加えて、デニムシャツにはジージャンにはないノンシャランな雰囲気が手に入る、というメリットがあります。

こちらのヴィンテージ加工が施されたタイトシルエットのシャツは、上質なコットン×リネンのデニム地を使用。ラフな表情のなかにもリッチさと清涼感漂う最上級の一枚です。素材の軽やかさと相まって、夏らしい開放的な印象を生みだします。

◆ ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 

ヴィンテージデニムシャツをモダンなセンスで再構築

4万5000円/ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ)
ヴィンテージウエスタンシャツの魅力を同ブランドのフィルターを通して再構築。印象的なレッドステッチ&ボタンと専用の赤タブが上質なクリエイションの証です。

◆ ジャンネット 

男らしくもドレスな味付けが効いたウエスタンシャツ

3万1000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)
ヘビーオンスのコットンストレッチ素材を用いたウエスタンシャツ。ユーズド加工が施されたタフな表情ながら、スリムフィットやイタリアンカラーの襟元など随所にドレスな味付けが効いた一枚です。
PAGE 3

● ミリタリー調シャツ 

タフさ残しで男らしさと軽快感を両取り

両胸にポケットというディテールが象徴的なミリタリージャケットは、大人のワードローブに欠かせないものとして、皆さまもご愛用のことかと。その夏バージョンとして新定番に加えたいのが、アウター前提で作られた「ミリタリー調のシャツ」。これ一枚でタフさと軽快感の両方が叶います。

◆ バグッタ

ヴィンテージ感と美しいカッティングが融合した一枚

シャツ6万2000円/バグッタ(トレメッツォ)、Tシャツ9000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、パンツ2万9000円/アントレ アミ(インターブリッジ)、サングラス3万円/モスコット(モスコット トウキョウ)、時計240万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
ジャケット代わりのシャツのこなしで肝要なのは、インナーに白のTシャツを挟むこと。そうすることでシャツがアウターに見えるうえ、白由来の清涼感が手に入るって算段です。ではボトムスはというと、実はサファリもミリタリーもデニムも、ぜ~んぶお手持ちの黒のスラックスでOKなんです。つまりは、とっても簡単ということ。

上掲のシャツは、ヴィンテージ愛好家であるアレッサンドロ・スクァルツィ氏とバグッタのコラボレーションから生まれた一枚。素材やディテールに施された本格的な仕様とバグッタらしい美しいカッティングが見事です。

◆ フィルソン

タフな素材と本格仕様を備えた男らしさ抜群の一枚

1万7000円/フィルソン(アウターリミッツ)
耐久性の高い度詰めのコットンを用いたハンティングシャツは、オリーブカラーがミリタリーとも通ずるタフさを演出。マチありのフラップポケットに加え、ボタンにも耐久性の高いものを使用するなど、本格的な仕様です。

◆ ダヴルジェイケイ

ジャケットの仕様を盛り込んだアウター専用シャツ

3万8000円/ダヴルジェイケイ(ダヴルジェイケイ ベース)
肉厚のヘリンボーン生地、大型のボタン、両胸のマチ付きポケットなど、ミリタリージャケットの要素をそのままシャツに落とし込んだアウター前提の一枚。細身のシルエットにモダンなセンスが光ります。
PAGE 4

●サファリなシャツ 

サファリジャケットの品格はそのままに軽やかさ足し

19世紀末、アフリカへと出向く冒険家のために誕生したサファリジャケットは、男らしさと貴族的なエレガントさを兼ね備えた品格漂う雰囲気が身上。「サファリなシャツ」は、そんなサファリジャケットの魅力をサラリと軽やかに羽織れる、大人にうれしい一枚です。

◆ ラルディーニ 

男らしくかつ上品! コットン素材のサファリなシャツ

男性●シャツ3万円/ラルディーニ(ストラスブルゴ)、Tシャツ1万3000円/メルツ ベー シュヴァーネン(アウターリミッツ)、パンツ3万4000円/PT01(トゥモローランド)、時計85万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴8万6000円/オールデン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 女性●シャツ2万7000円、スカート4万2000円/ともにマディソンブルー、そのほかはスタイリスト私物
サファリなシャツの着こなしはとっても簡単。というのも、元になるジャケットとまったく同じでOKだから。フロントボタンだってジャケットよろしく全開または真ん中1個留めで。さらに無造作に腕まくりをすれば、ジャケットには出せない軽快感も演出できます。

こちらは、今季のラルディーニのコレクションテーマである“コロニアル”を象徴的に表現しているコットン100%の上質な一枚。テーラードスタイルを土台とするココンチならではのドレス仕込みのカジュアルシャツです。

◆ ポロ ラルフ ローレン 

ミリタリー由来のチノ素材を用いたカーキシャツ

1万8000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
19世紀にインドに駐屯していた英国連隊の軍服に起源をもつカーキカラーのチノ。そんな歴史的素材にオマージュを捧げ、丹念に作られたチノ素材のシャツ。同ブランドらしいトラディショナルな一枚です。

◆ ポール・スミス コレクション 

アウター使いにふさわしいタフなプルオーバーシャツ

2万4000円/ポール・スミス コレクション(ポール・スミス リミテッド)
コロニアルなテイストを夏らしく軽快なプルオーバースタイルで仕上げた一枚。両胸に配置された大型のフラップ付きポケットと、高密度な肉厚の生地がタフな男らしさを演出してくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5413-6957
イヴ・サンローラン 0570-016655
インターブリッジ 03-5776-5810
ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ 03-6447-4970
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
ダヴルジェイケイ ベース 03-6418-6314
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
トゥモローランド(メンズ) 0120-983-522
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600
マディソンブルー 03-6434-9133
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

ダントツ爽やかな夏の一枚といえば、やっぱりボーダーT?
夏に着たいアイテムの筆頭・ボーダーTを大人が着るなら、アイテム選びはもちろんのこと、コーディネートにもコツがあるんです。

白シャツの次に買うべき、あのシャツとは?
夏の定番といえば、白シャツですが、上品に見えて、着回し良好。そんな便利なアイテムが白シャツ以外にもあるのです。

本誌7月号では、"使える夏モノ"をまだまだご紹介中! チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

夏の羽織りに困ったら、ポケ付きの色シャツで大人にキマる? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト