• TOP
  • FASHION
  • 永久定番の白Tは、なぜお洒落に欠かせないアイテムになったのか?

2018.05.31

永久定番の白Tは、なぜお洒落に欠かせないアイテムになったのか?

本来下着でありながら、大人の装いにも欠かせない定番となった白Tは、いつからファッションアイテムになったのか? さらに、いま大人はどのように着こなすべきか? そんな疑問に迫ります。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/竹内虎之介 イラスト/Isaku Goto

定番中の定番・白Tは、元々軍用品だった?

白Tの起源には諸説ありますが、誕生した時期は第一次世界大戦の最中といわれています。もちろん当初の用途は純然たる肌着。ヨーロッパの兵士がシャツの下に着たコットン製のアンダーウェアが始まりという説が有力です。

でも、ちょっとここで疑問を感じる方もおられるでしょう。そう、男が素肌の上に纏うものといえばシャツそのものじゃなかったの? なんでその下にさらに肌着を着るんだ?ということです。しかし、当時ヨーロッパの兵士たちが制服として身につけていたのは粗く織られたウールのシャツ。これが特に夏には不快だったんですね。それでシャツの下にもう一枚肌着を着たというわけです。

肌着からアウターへ

さて、そんなふうに誕生したといわれるTシャツですが、はっきりと歴史の表舞台に出てくるのは第二次世界大戦中。アメリカ海軍が白いTシャツを正式なアンダーウェアとして標準装備したことで、Tシャツはアイテムとして確立されます。そういう意味では、現在のTシャツの元祖はここにあるといっても間違いではないでしょう。

さらに、復員学生たちがこれを着続けたため若者の間で普及。大学ではアスレティックウェアとしても盛んに用いられるようになりました。時は1940年代、Tシャツは早くもアウターとして地位を手に入れたのです。

NEXT PAGE2/ 4

ファッションアイテムとなったきっかけはあの俳優? 

スポーツウェアからファッションアイテムへ

軍のアンダーウェアとして、そして学生たちのアスレティックウェアとして急速にアメリカ社会に広がっていったTシャツですが、この段階ではまだまだユニフォームの域を出ていません。白Tが現在のようなファッションアイテムに変貌するには、ある重要なきっかけが必要でした。
それが映画です。なんかこれ、どっかで聞いたことのある流れだと思いません? 実はこの図式、デニムとソレまったく同じ。しかも、立役者たる俳優までデニムと同じマーロン・ブランドとジェームス・ディーンです。つまり、白Tとデニムはセットでファッションになったってこと。

マーロン・ブランドは1951年公開の映画『欲望という名の電車』で、ジェームス・ディーンは1955年公開の映画『理由なき反抗』で白Tを着用。その格好よさで若者たちの心を鷲掴みにします。これは当時の大人にとっては、いまでは考えられないほどセンセーショナルなスタイルでした。なんせ肌に張り付く下着ですからね。1980年代にガーター姿でステージ立ったマドンナと同じくらいの、あるいはそれ以上の衝撃といえばおわかりいただけるかと。

しかし、どんなに大人が眉をひそめようとも、すでに巨大なマーケットの担い手になりつつあった若者の勢いは止められません。こうして白Tは若者の社会に対する反抗や異議申し立ての象徴として、ファッションシーンを席巻する存在となりました。同時に白T(&デニム)のファッション化こそが、男女の垣根をも超える新たなスタイルのスタート地点となりました。そう、ここからいまに続くカジュアルの歴史が始まったのです。

NEXT PAGE3/ 4

白Tは選びで印象が大きく変わります! 

シンプルなアイテムゆえに微差こそ大差

では、ここからはもう少しファッション的な視点で見ていきましょう。白Tを世に広めたマーロン・ブランドとジェームス・ディーンですが、よく見ると両者のTシャツ選びとこなしには微妙な違いがありました。
ともに若々しい肉体を強調するタイトな着こなしであることは変わりませんが、マーロン・ブランドはよりピタピタで、襟ぐりも大きく開いた一枚を選んでいます。このことで肉体はさらに誇張されセクシーさも増幅。一方ジェームス・ディーンのほうは、襟ぐりが小さめでフライスも太め。結果、色っぽさになかにもヘルシーな若々しさが際立つ白T姿に仕上げっているのです。

どちらがいいかは体型や好みにもよりますが、襟ぐりの開き具合に関しては、その効能を考えて使い分けるというのもひとつの手。ただし、いずれにしてもシンプルを極めたアイテムゆえに微差が肝要、という点は現在も変わらぬ重要なポイントといえましょう。

NEXT PAGE4/ 4

日本人が白Tをカッコ良く着るなら……? 

日本人の着こなしのお手本はこの方! 

白Tをファッションへと押し上げた2人の立役者の着こなしを見てきましたが、じゃ、日本人がまんま真似して格好いいかと問われると、う〜ん…というのが正直なところ。というのも、ご覧のとおり彼らは筋骨隆々のアメリカ人、我々日本人が同じようにタイトフィットでこなしても、ああはならないのが現実かと。

では、日本人が参考にすべきは誰なのか? それが、日本人で初めてデニムをはいた男として知られる白洲次郎の着こなしです。彼のこなしも白T&デニム。やはりこのふたつは切っても切り離せないセットだったようです。で、その着方はというと、ボディにちょい余裕があり、襟ぐりもほどユルのTシャツにリジッドデニムという装い。
このラフすぎない、どこか品の良いスタイルこそ、西洋人に比べ小柄で線も細い日本人が参考にすべき雰囲気だと思うのです。なので、サイズ感はSとMの両方が着られる人ならMを、MとLが着られる人ならLを選ぶというのがベター。さらに、いま試していただきたいのは、そのサイジングの白Tを2枚重ねで着るというテクニック。白さがより際立ち、クリーンで若々しい雰囲気になります。

それをデニムではなく、ちょい腰ユルのグレスラと合わせ、腕元に上品ながらも華奢すぎないブレスレットなどをあしらえば、まさにいまどき。白洲次郎流白Tスタイルの現代版が完成するという次第です。

いまや性別を超えた定番アイテムとなった白Tにはこんな歴史があったのですね。「実は白Tってね……」と豆知識的に話せたらちょっぴり鼻が高いかもしれません。この夏も白Tとともにお洒落をお楽しみあれ!

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

白Tを平凡に見せない、大人なお洒落のコツ
夏だから白T。理由など要りません。夏だから白Tなんです! でも、大人が着る以上は、ちゃんと理由ある選びは必要です。定番だからこそ、一家言ある選びとこなしを。

【動画】シャツの袖まくりがお洒落にキマる3つのテク
なにげないのにカッコいい腕まくり姿には計算されたワザがあった!? そのテクニックをスタイリストが動画で伝授します!

コンバース・オールスターがやけにカッコイイ人にはある秘密があった!?
スニーカーと聞いてまず思い浮かぶコンバースのオールスター。でもひとえにオールスターでもカッコよさに差があるのをご存知ですか?

注目の軽快セットアップ、いま大人が着るべきはあの素材だった?
この季節、差の付くドレススタイルを狙うなら、絶対に見逃せない薄軽仕立てのセットアップ・スーツです。

人気の「ゆるパン」を大人に見せる定番コーデ3選
「ユルさ」と「きちんと感」を両立する、いま流行りのリラックスパンツをコーディネートとともにご紹介します。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事