• TOP
  • FASHION
  • やっぱり気になるコラボもの。今シーズンの秀作バッグはコレ!

2018.02.09

やっぱり気になるコラボもの。今シーズンの秀作バッグはコレ!

ミーハーと言われようとも、モノ好きのオトコなら、やっぱりやめられない止まらないコラボ愛。これまでずっと使ってきた定番鞄も、コラボモデルならひと味違った楽しみができますしね。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

コラボ感を悟られない自己満デザインが、大人のコラボの正しい楽しみ方

そのシーズンでしか出会えないスペシャル&プレミアムな感じに、毎シーズンやられてしまっているコラボレーションラバーのみなさん。おんなじような物を持っているのはわかっているのに、コラボというそのレアな響きにほだされて、結局買っちゃうんですよね。とはいえ、やっぱりコラボは気になるところ。単にレアだからというだけじゃなく、異なるブランドが融合することで生まれる斬新なデザインや、インラインにはない新たな世界観の発見がありますから。

ということで、今シーズンも豊富にリリースされたコラボバッグの中から、選び抜いた精鋭4傑をご紹介。キーワードは“いかにも感のないコラボ”。これ見よがしなダブルネーム表記などを行わない、侘び寂びを心得たコラボを集めました。

大人のコラボ愛はさりげなく、が基本なのです。
PAGE 2

◆マッキントッシュ×ポーター

人気のコラボらしく、さすがツボを押さえてます

ゴム引きコートでおなじみのマッキントッシュと、日本を代表するバッグブランドのポーターが、2017年の春シーズンよりスタートしたコラボコレクション。ベースとなるのは、ヘルメットバッグに着想を得たポーターの名作タンカー。その秀逸なデザインにデニム地をまとわせたのが最大の特徴。背面はネイビーのコットンギャバジン。開口部回りも別生地を切り替える、実にオトコ心をくすぐるコラボです。[W47×H49×D6.5cm]4万8000円/ポーター×マッキントッシュ(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)
ライニングはもちろんレスキューオレンジ。さらにマッキントッシュのロゴマークが、全体にプリントされています。インナーポケットもデニム製に。ジップポケットにはマッキントッシュのロゴパッチが配されています。
PAGE 3

◆TUMI for wjk

機能性に定評にある人気モデルが、よりスタイリッシュに

都会的デザインと高い機能性の両立を謳うトゥミに、同じく都会の大人に向けた洗練カジュアルを提案するwjkが別注を掛けたコレクション。ベースとなるアルファブラヴォシリーズのロールトップバックパックは、耐久性に優れたバリスティックナイロンと効率的な多ポケット使いが特徴。それを、オールブラック&カモフラ型押しレザーを配し、ストリート×モードな顔立ちにしています。[W35.5×H48.5×D15cm]6万5000円/TUMI for wjk(ダブルジェイケイ ベース)
アルファブラヴォシリーズの特徴であるL字に開く開口部。サイドには蛇腹が設置されており、ボトムまでジップを伸ばすことで大きな荷物も楽々取り出せます。ロールトップはストラップにより縦の長さを調整できます。
クッションによってしっかりと保護されるラップトップスリーブは、背面側にセッティング。その背面から、メインコンパートメントにアクセスすることも可能です。サイドポケット内にはマイクロファイバーを貼る心配りが。
トロリーケースのキャリーハンドルにセッティングも可能。撥水加工されたジップやIDタグも、トラベルで活躍してくれます。カモフラ柄を型押ししたロールトップ部分をはじめ、随所に施されるレザーがビジネスにもマッチします。
PAGE 4

◆ブリーフィング×ジョン エリオット

あると結構便利な、トランスフォームバッグ

耐久性と機能性が自慢のブリーフィングのコラボ相手は、LA発リラックス&スポーツカジュアルを得意とするジョン エリオット。リリースしたアイテムはナップサックですが、これが只者じゃありません。リップストップ&コーデュラナイロンが軽量&タフを実現。さらに、コンパクトに畳むとボディバッグにも変形。休日バッグとしても便利なのです。[W40×H49×D13cm]4万2000円/ジョン エリオット×ブリーフィング(サザビーリーグ)
折り畳んでいくと、なんとボディバッグに変身。財布やスマホなど、身の回りの物を入れるのにちょうどいいので、ワンマイルバッグとして活躍するはず。
使わない時は、さらにストラップまでも収納してよりコンパクトにできます。パッキング時のサイズはW30×H18×D2cm。トロリーやボストンバッグに忍ばせておけば、いざという時に便利です。
PAGE 5

◆ワイズ×コート・エ・シエル

相性抜群な両者、今回のコラボも完売必至でしょう

山本耀司手がけるワイズと、フランス生まれのバッグブランド、コート・エ・シエル。2016年の初コラボリュックは即完売し、再販まで行った人気コラボですが、今回はメッセンジャーバッグに着想を得たモデル、イサラウがベース。ワイズによって、ウエストバッグとしても使えるようにストラップ部分がアップデートされました。独特な3Dシルエットは、モード感たっぷりです。[W29×H20×D11cm]3万8千円/ワイズ×コート・エ・シエル(コート・エ・シエル ストア)
iPad Airを安全に収納できるコンパートメント。ラウンドジップの採用により、取り出しやすさも考慮されています。甲冑に着想を得た立体感のある独特なパターンは、コンパクトなサイズながら充実の収納性を実現しています。
ジップは止水仕様に。ダブルジップ使いも、ワイズとのコラボポイントです。ストラップやジップの引き手には、レザーを採用。ジップの引き手には、型押しによってダブルネームが記されています。

■ お問い合わせ

ドーバー ストリート マーケット ギンザ ☎03-6418-5711
サザビーリーグ ☎03-5412-1937
wjk base ☎03-6418-6314
コート・エ・シエル ストア ☎03-3475-7030

コラボバックが気になった人はこちらもどうぞ!

スーツケースが追ってくる!? ついに発売された自走する噂のアレって?
世界初!自動追走機能を搭載したスーツケースを紹介

大人が選ぶべきビジネスリュック、見た目の大事だけど機能も忘れずに!
上品な見た目に加え、ビジネスシーンに役立つ機能もあるリュックを集めました。

ブリーフケース? いやクラッチです! いやサコッシュかな?
ベルルッティの名作ブリーフがサコッシュサイズになりました!

モテる大人はブリーフが薄い!? ビジネスバッグの最旬トレンドとは?
クラシックにしてモダン、薄マチブリーフでスマートなビジネススタイル!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        やっぱり気になるコラボもの。今シーズンの秀作バッグはコレ! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト