• TOP
  • FASHION
  • 絶対見ておきたい!パリの新店「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の見ドコロとは!?

2017.12.13

絶対見ておきたい!パリの新店「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の見ドコロとは!?

2017年10月4日にオープンしたばかりのルイ・ヴィトンの新店舗は、豊富な品ぞろえに、歴史的トランクや現代アートの数々の展示まで…海を渡っても足を運びたい魅力が満載です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/LEON.jp

今年2017年10月のオープンで話題を呼んだ「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」。訪れた方はまだまだ少ないのでは? 新店舗では、メゾンの歴史を重んじながら、意欲的に新たな試みに挑戦しています。海を渡っても足を運ぶ価値アリな魅力をここでご紹介します!
「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」のファサード。太陽のようなインスタレーションはオープンを記念したもので、2017年いっぱいの展示予定。

ヴァンドーム広場が意味するもの

ヴァンドーム広場の「トラヤヌスの記念柱」とともに。
ヴァンドーム広場といえば、ご存知のとおりヴェルサイユ宮殿と相並ぶフランスの観光名所・文化遺産ですね。しかし、ルイ・ヴィトンにとってはさらにふたつの重大な意味があります。

ひとつは”創業の地”として。ヴァンドーム広場のすぐとなり、ヌーヴ=デ=カプシーヌ通りに創業者ルイ・ヴィトンが最初の店舗を構えたのは1854年のことでした。メゾンの輝かしい歴史はそこから始まったのです。
中国出身の画家、ヤンペイミンによる、若き日のルイ・ヴィトンをイメージした肖像画。店内に飾られている。
もうひとつは"ルイ・ヴィトンの世界観を体現するにふさわしい場所"として。建築家ジュール=アルドゥアン=マンサールが手がけたヴェルサイユ宮殿とヴァンドーム広場は、サヴォアフェール(匠の技)により育まれた17世紀フランスの芸術性をいまに伝えています。だからこそヴァンドーム広場は、「エレガンス」と「職人技」を重んじるルイ・ヴィトンの世界観を展開し、こだわりの製品を次代に伝えるにふさわしい場といえるのです。

また、新店舗は建築的にも優れています。メゾンが入ったのは、1714年築のホテル パーティカリア(歴史的なパリのタウンハウス)で、改装デザインを手掛けたのは世界的に有名な建築家ピーター・マリノ氏。オープンに際し、マリノ氏は度重なる改修で失われた当初の姿に修復し、店内には現代のデザインを組み入れました。こうしてファサードは18世紀の様式を保ったまま、店内はモダンという、新旧を巧みにブレンドした店舗が完成しました。
PAGE 2

気になるその店内は…?

「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の魅力のひとつが、全カテゴリーの製品を取り扱っているところ。それでは、1階からまわってみましょう…!
1階は、たくさんの窓から自然光が差し込み、開放的で明るい空間が広がっています。まず並んでいるのはレザーグッズ、アクセサリー、テキスタイル、フレグランスの数々。そこから奥に進むとファインジュエリー、ウォッチと豊富な製品が揃っています。
中2階はメンズアイテムのフロア。レザーグッズ・フォーマルウェアを含むプレタポルテ、シューズ、トラベルアイテム、アクセサリーの取り扱いがあります。ディスプレイに施されたレザーの内張りにもメゾンのノウハウが活きています。
2階のウィメンズフロアは約5mの天井高があり、開放的なのが特徴です。こちらもプレタポルテ、シューズ、アクセサリーを取り揃えています。
3階はルイ・ヴィトンのブランド精神「旅の真髄(こころ)」を最も強く映し出したフロア。旅にまつわるアイテムと、著名デザイナーによるトラベル&ホーム コレクション「オブジェ・ノマド」が配されています。さらには、初の常設となる「サヴォアフェール・コーナー」では、ルイ・ヴィトンがこれまで培ってきた匠の技を間近で見ることができます。
PAGE 3

店内は"智の宝庫"でもあります

「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の見ドコロは豊富な品揃えだけではありません。メゾンが受け継いできた高い技術や歴史、そしていま世界で活躍する現代アーティストの作品をも楽しむことができるのです。

建物の中には、メゾンのサヴォアフェール(匠の技)を受け継ぐ2つのアトリエがあります。ひとつはファインジュエリーのアトリエ。これは老舗ジュエラーが軒を連ね、各ブランドの拠点たるヴァンドーム広場だからこそ。「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」は、ルイ・ヴィトンにとってハイ・ジュエリーの拠点でもあるのです。

もうひとつが「アトリエ レア&エクセプショナル」。こちらではセレブやVIPへの最新コレクションアイテムのご案内、そしてアトリエ専属の熟練職人によるフィッティングといった特別なサービスの提供がされるそう。2つのアトリエに一般の方が入ることはできないものの、そこで作られた製品を見ることができます。

また、メゾンのアーカイブより選ばれた2点のトランクの展示も。ルイ・ヴィトンは創業時から旅を愛する顧客のオーダーに答えてきました。その姿勢が伝わってくる製品を前に、メゾンの長い歴史を偲ばずにいられません。
コチラは、著名ジャーナリストであり、劇作家・ハリウッドの脚本家であったMs.W.が1933年に発注したトランク。元は創業者ルイ・ヴィトンの孫ガストン・ヴィトン(1883-1970)が自身で使用するためにデザインしたものだそう。
店内では、歴史を継承するだけでなく、新たな感性も取り入れています。それが店内に集められた現代アート作品の数々。さり気なく、しかし惜しげもなく展示されているその数はなんと33作品! しかも世界六大陸を代表するアーティストのものばかりです。実はこの記事の写真の中にも飾られていたので、どちらにあったのかちょい見せを…
いかがでしたか? お見せできなかった残りの作品はぜひその目でお確かめあれ。

ほかにもオープンを記念した、この店舗のみの1点モノの製品があるなど、その魅力は紹介しきれません! ショッピングはもちろん、ミュージアムとしても楽しめてしまう「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」。そこはルイ・ヴィトンの"伝統"と"革新"の場なのです。
*画像はすべてルイ・ヴィトン蔵

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

もっと「ルイ・ヴィトン」を知りたい方には…

日本に残る、最古のルイ・ヴィトンをオーダーしたのは意外なあの人だった!?
さぞかしお洒落な人がオーダーしたのかと思いきや、意外にもオーダーしたのは自由民権運動の志士であった明治の元勲、板垣退助さんでした。

腕時計デザインの常識を覆した、ルイ・ヴィトン「タンブール」の魅力とは?
誕生15年目を迎え、いまや世界的人気を博すルイ・ヴィトンのウォッチコレクション「タンブール」。人々を魅了し続ける秘密を、高級腕時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏にたずねた。

ルイ・ヴィトンのアートな書籍で、アナタのインテリアが見違える
「ルイ・ヴィトン」が出版している書籍は、装丁も中身も美しいアート作品と呼べるものばかり。ファッションや旅を感じる1冊を、あなたの部屋にぜひ。

ルイ・ヴィトンのブランケットが大人のオトコに最高な3つの理由
街の空気が冷たくなって、いよいよ本格的な冬の訪れ。コートなど冬の準備はお済みでしょうか。で、この冬にもうひとつおすすめしたいのが、ルイ・ヴィトンのブランケット。これをストールのように使うと、なんだか素敵なことが起きそうなのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL