• TOP
  • FASHION
  • ソファからテーブルまで!? ルイ・ヴィトンが作る“旅するインテリア”をご存じですか?

2017.12.13

ソファからテーブルまで!? ルイ・ヴィトンが作る“旅するインテリア”をご存じですか?

ハンモックにソファ、ライトにサイドテーブル、え、これみんなルイ・ヴィトン!? デザイナー、アーティストや建築家を刺激するルイ・ヴィトンの「オブジェ・ノマド コレクション」とは。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都

ルイ・ヴィトンが1854年に旅行鞄の専門店としてパリで創業したこと、もうご存じですね? その「旅」というキーワードをもとに、世界中の創造力豊かなデザイナーたちが現代的でユニークなオブジェをデザインするプロジェクト「オブジェ・ノマド コレクション」は2012年にスタートしました。
12人のデザイナーが参加しているコレクションは、折りたたみ式スツールなど実用的なものから、ハンモックやデッキチェアなど遊び心のあるユニークなものまで25のアイテムがラインナップ。ではその一部をチラ見せいたしましょう。
最高の素材への愛とこだわり、ルイ・ヴィトンのサヴォアフェール(匠の技)を自らの想像力やクリエイティビティで再構築しているのが見てとれる作品です。
PAGE 2
ほかには、過去の名品をインスピレーションソースにしているこんなものも。
過去のアーカイブと比べてみても、クラフツマンシップやディテールへのこだわりが形を変えて現代にも生きている、まさにルイ・ヴィトンの「旅するスピリッツ」が感じられます。
このオブジェ・ノマド コレクションの新作はイタリア・ミラノのフォーリサローネ国際家具見本市(ミラノ・サローネ)にも出展。各国のバイヤーやジャーナリストなど、インテリアの目利きからも熱い賞賛を贈られました。
これらのコレクションは、東京・表参道の「ルイ・ヴィトン 表参道店」で受注可能です。世界のどこにいても、何をしていても、精神は自由に旅をしていたい――そんなヴァガボンドな一面をもつアナタにぴったりの「オブジェ・ノマド コレクション」をぜひチェックしては。

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎︎0120-00-1854

もっと「ルイ・ヴィトン」を知りたい方には…

絶対見ておきたい!パリの新店「メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム」の見ドコロとは!?
2017年10月4日にオープンしたばかりのルイ・ヴィトンの新店舗は、豊富な品ぞろえに、歴史的トランクや現代アートの数々の展示まで…海を渡っても足を運びたい魅力が満載です。

日本に残る、最古のルイ・ヴィトンをオーダーしたのは意外なあの人だった!?
さぞかしお洒落な人がオーダーしたのかと思いきや、意外にもオーダーしたのは自由民権運動の志士であった明治の元勲、板垣退助さんでした。

憧れの逸品! ルイ・ヴィトンのトラベルラゲッジは実用性もスゴイのです
旅用ラゲッジをひとつのバックボーンとするルイ・ヴィトン。その原初のスピリットを21世紀の現代に引き継ぐアイテムと言えるのがトロリーケースです。旅するメゾン、ルイ・ヴィトンならではのこだわりを、最新型と定番型トロリーから読み解きます。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL