2021.01.09

編集部総出でレビュー&リコメンド! 

偏愛が止まらない! 「モテる家電大賞」特別賞!

LEON.JP編集部が2020年の家電・ガジェットを総決算。「これぞモテ家電!」なアイテムをレビュー&リコメンドいたします。今回は特別賞をお届け!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/LEON.JP編集部

「モテる家電大賞」特別賞を発表!

「LEON.JP」が選ぶ「モテる家電大賞」。第1回目となる今回は、編集部員が実際に使ったモノ・良かったモノからノミネートしてご紹介! ここでは、特別賞を発表します!

◆iRobot Roomba s9+

LEON.JPが全力オススメ! お掃除ロボットの決定版!

◆LEON.JP選考メンバー:石井洋(編集長)、高橋大(副編集長)、平井敦貴(編集部員)
平井 第1回目となる「モテる家電大賞」、ここではLEON.JP特別賞として、特にキモ入りの製品を発表していきます! まずひとつ目はこちら、iRobotの「ルンバ s9+」!

石井 これ、本誌でも紹介したよね。これまでとは一線を画すデザインだし、高級家電らしい佇まいはLEONの読者にもぴったり!

平井 見た目はもちろん、その性能もすごいですからね。ルンバ初となる「D型」デザインで部屋の隅々まで掃除できるし、吸引力はなんと脅威の40倍!(※AeroVac搭載のルンバ 600シリーズとの比較)

高橋 床拭きロボットの「ブラーバ ジェット m6」とセットで使うのもオススメだよね。ルンバが掃除したところをちゃんと判断して拭き掃除してくれるから、掃除完了後の床がピッカピカ!

石井 『10年後にはAIとロボットに仕事を奪われる!』なんてニュース記事をたまに見るけど、もはや部屋掃除に関しては、ルンバがそのレベルまで来てるよね。

高橋 むしろ人間の仕事を奪ってくださってる、って感覚だよね(笑)

平井 ロボット掃除機はこれからどんどん普及していくと思いますけど、ルンバは部屋のマッピングデータをAIがどんどん学習するから、使えば使うほど性能がアップしていくのも見逃せないポイントですね。

石井 つまり、買うなら早く買った方がいいと。確かにこの「s9+」の性能なら長く使えるだろうし、古い機種を使っている人だったら買い替えするのも全然アリだよね。こちら、LEON.JP「モテる家電大賞」、特別賞を贈呈させていただきます!

iRobot

「Roomba s9+」
価格:16万9800(税抜、アイロボットストア価格)
https://www.irobot-jp.com/product/s-series/

PAGE 2

◆Panasonic ES-LV9FX

良い顔は良いシェーバーが作るんです!

◆LEON.JP選考メンバー:石井洋(編集長)、高橋大(副編集長)、平井敦貴(編集部員)
平井 今年だけでもう何台のシェーバーを使ったかわかりませんが、個人的なベストバイはパナソニックさんの製品でした!

高橋 前にブログ記事でも紹介していたスキンケアシェーバーかな。あれすごくいいよね!

平井 そう、毎日使ってると肌のスベスベ感がアップするのを本当に実感します。めちゃくちゃオススメです。ですが、今回の「モテる家電大賞」の特別賞として推したいのはこちら、「ES-LV9FX」の方なんです!

石井 ラムダッシュの最高峰モデルだね。ちなみに推しポイントはどのあたりにあるの?

平井 『リニアモーター 5枚刃』というスペックの通り、シェービング力が強力。個人的な悩みなんですけど、のど周りにヒゲムラがあって普通の電動シェーバーだとうまく剃れないことが多いんですけど、コレならイチコロなんです。

石井 確かにヒゲは大人の魅力を出してくれることもあるけど、手入れを怠ると途端に汚らしくなっちゃうからね。剃り残しはやっぱりカッコ悪いし、だらしなくも見られちゃうから、シェーバー選びは大事だと思う。

高橋 この機種には全自動洗浄機もセットなんだよね。本体を差し込むだけで「洗浄・乾燥・充電」まで自動でしてくれるし、除菌効果もあるからこの時代には安心だよね。

石井 確かにシェーバーは毎日使うものだから清潔にしておくのは重要だね。こちら、LEON.JP「モテる家電大賞」、特別賞を贈呈させていただきます!

Panasonic

「ES-LV9FX」
参考価格:4万9000円(編集部調べ)

https://panasonic.jp/shaver/products/lamdash5.html

PAGE 3

◆Bose Sleepbuds II

人生の1/3は睡眠。つまり熟睡は健康の源です

◆LEON.JP選考メンバー:石井洋(編集長)、高橋大(副編集長)、平井敦貴(編集部員)
平井 イヤホン系のアイテムは各社からリリースされてますが、Boseの製品はちょっと違ったアプローチで、僕の中で話題なんです。

高橋 わかる。サングラス型のオーディオプレイヤーも去年からシリーズで出てるよね。

平井 「BOSE FRAMES」ですね。テンプル部分にスピーカーが設置されていて、耳を塞がずに音楽が聴けるから、自転車乗りからも好評ですよね。僕も使ってます。

石井 確かにオープンイヤーで音楽が聴けるのはいいね。ゴルフの練習時とかにも使えそうだし。で、今回はそれとも別の製品をピックアップしていると。

平井 そうなんです、こちらの「Bose Sleepbuds II」は、その名の通り睡眠時に着ける専用イヤホン。熟睡をコントロールしてくれるアイテムなんですね。

石井 これすごく薄いね。素材も柔らかいから、耳に長時間はめていても痛くならなそう。

高橋 そういえば最近、夜中にパッと目が覚めちゃうことがあるんだよね。

石井 それ、熟睡できてないってことじゃないかな。人生の1/3は睡眠時間だし、眠りの質を高めるのって、今、割と重視されているよね。

平井 そうなんです。この「Bose Sleepbuds II」は外部の音を塞ぐ「ノイズマスキング」や自然音などのリラックスサウンドで快眠をサポートしてくれる専用設計なんですね。だから、見た目はワイヤレスイヤホンみたいなんですけど、全く別物。実際に使ってみると、確かに寝起きのスッキリ感が増している気がします。あくまで個人の感想ですが…。

石井 でもLEON世代もそろそろ健康が気になる年齢だし、特にビジネスセレブは睡眠が仕事のパフォーマンスに直結するって分かっているから、これは重宝するだろうね。こちら、LEON.JP「モテる家電大賞」、特別賞を贈呈させていただきます!
PAGE 4

◆ Sonos Move

ホームオーディオに新たな選択肢

◆LEON.JP選考メンバー:石井洋(編集長)、高橋大(副編集長)、平井敦貴(編集部員)
高橋 コロナ禍になって、やっぱり家で過ごすことが多くなったからテレビ・オーディオ関係を今見直してるんだよね。

平井 それはありますね。僕もこれまでサブスク動画にあまり興味がなかったんですけど、最近はちょいちょい観るようになりました。

石井 テレビはサイズを大きくしたり、4Kにしたりっていうわかりやすい指標があるけど、オーディオ関係はどうなんだろう。

高橋 今テスト中で結構いいのがこの「Sonos」。前にもIKEAとのコラボモデル小型モデルを記事で紹介してるよね。

平井 海外での評判も高くて世界中で使われてるんですよね。僕も実機を使ってみたんですけど、スマホの操作で複数のスピーカーをコントロールできるのはかなり便利。例えばリビングで聴いてた音楽の続きを寝室のスピーカーにスイッチングしたりと、シームレスな音楽体験ができるんですね。

石井 それはBluetoothで繋いでるの?

高橋 Wi-Fiでネットワークを組むイメージかな。でもこの「Sonos Move」はどっちも兼用していて、外に持ち出してBluetoothのワイヤレススピーカーとしても活用できるんだよね。

平井 防塵・防滴でとにかく頑丈だから、アウトドアにもピッタリ。11時間の連続再生もできるから、1〜2泊のキャンプでも十分音楽を楽しめますよ。

石井 まだ当分は自粛期間が続くだろうし、おウチデートのマンネリ防止にも役立つから、オーディオ類は多機能なのを選ぶのが大事だね。こちら、LEON.JP「モテる家電大賞」、特別賞を贈呈させていただきます!

Sonos Move

参考価格:4万6800円(税抜)
https://www.sonos.com/ja-jp/shop/move.html

◆「モテる家電大賞」受賞一覧はこちら
PAGE 5

LEON.JP編集部

石井洋(編集長):モテてなンボ!の我らが編集長
高橋大(副編集長):ファッション担当兼DJ兼フクヘン
菊地奈緒(編集部員):ファッション&ヘルス担当(通称アネゴ)
森本泉(編集部員):ライフスタイル(とエロス)担当
大崎文菊(編集部員):ファッション担当(牡蠣とレモンの町出身)
吉田奈緒子(編集部員):ライフスタイル担当(ゴルフ女子)
岸澤美希(編集部員):時計担当、平成生まれの昭和女子
吉川彩夏(編集部員):走り屋コムスメ(クルマ担当)
稲村俊也(編集部員):システム(と沖縄)担当
秋山都(編集部員):食いしん坊担当
平井敦貴(編集部員):テック担当(熱烈Apple信者)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        偏愛が止まらない! 「モテる家電大賞」特別賞! | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト