• TOP
  • CARS
  • 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」LEONの選考委員・五味ちゃんと、実行委員・近藤が言いたい放題! 2022年の振り返りと2023年の展望

2023.01.28

◆ Special Talk on “2022-2023 Car of the Year” 【前編】

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」LEONの選考委員・五味ちゃんと、実行委員・近藤が言いたい放題! 2022年の振り返りと2023年の展望

日産 サクラ・三菱eKクロスEVという共同開発の軽自動車がイヤーカーになった「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」。でも、ちょっと待った! ほかにもっとモテるクルマはなかったのか!? 当代きっての人気モータージャーナリストの五味康隆さんと、LEONのクルマ担当・近藤が徹底討論──。

CREDIT :

文・語り/五味康隆 編集・語り/近藤高史(LEON)

カー・オブ・ザ・イヤーでモテるようになった!?

「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」モータージャーナリストの五味康隆さん。 
▲ モータージャーナリストの五味康隆さん。
五味 2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーが今年も無事に終わりました。これまでの歴史のなかで大賞を軽自動車が初獲得。センセーショナルなことでしたね。でも、そもそも『LEON』がなぜ主催メディア(実行委員)として参加しているんですか(笑)?
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」LEONのクルマ担当・近藤。
▲ 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員も務めるLEONのクルマ担当・近藤。
近藤 レース(スーパーGTのLEONレーシング)をやっていて「凄いですね!」とか「ちゃんとクルマと向き合ってるんだ」と興味をもってもらえたり、クルマでモテる瞬間がそこにあります。カー・オブ・ザ・イヤーも、誰もが知っている賞典ですから、その実行委員をやっていると言うと「ええッ!」って周りからの反応も変わるわけです。
五味 LEONはファッションやライフスタイルを中心にモテることをテーマに活動しているわけですが、LEONというブランド力含めて、さらにモテたいということですね?

近藤 これがファッションの賞典だったらある意味で当然ですし、もしLEONがクルマ雑誌だったらカー・オブ・ザ・イヤーに入っているのも当然でしょ。でもLEONが、ちゃんとカー・オブ・ザ・イヤーをやっているということが、モテ要素だと思っているんですよ。

五味 モテ要素にギャップは大事ですからね!

近藤 はい、クルマもそうですよね。大きいのにふたりしか乗れない、レトロな見た目なのに中身は最新……など、ギャップって絶対にモテる要素として大事です。こんなチャラチャラした(笑)僕が「カー・オブ・ザ・イヤーの実行委員です」と言うと、水戸黄門の印籠じゃないけど、やはり興味をもってくれる人がいますから。

五味 2022年から初めてLEONの選考委員として僕を推薦していただいてます。

近藤 モテるようになりました?(笑)

五味 えーっと……でも、どこのメディアから推薦されているか聞かれてLEONと答えるとみんな驚きますね! あれ??? これって、もしかしてLEONの宣伝してる?

近藤 もっと宣伝してください(笑)。僕は3年目なのですが、初年度は選考委員を推薦できないルールで、2年目は悩んで選ばず、そして2022年、満を持して五味ちゃんを推薦したわけです。
PAGE 2

LEON初のカー・オブ・ザ・イヤー選考委員誕生!

五味 もしかしてLEONで初めての選考委員に選ばれたってこと!?

近藤 そうなんです! ファッションや持ちもの、見た目にもこだわりがあるLEONらしいモータージャーナリストさんは……と、考えて五味ちゃんを指名させていただきました。
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」
五味 ありがとうございます。でも、カー・オブ・ザ・イヤーって面白いですよね。クルマをあまり知らない人でもカー・オブ・ザ・イヤーというネームは知っていて、いろんな方に注目されるものだし、その内側にいられるのは楽しいです。選考委員は60人いて、いろんな価値観で投票するのも面白さのひとつですから。

近藤 なんやかんやで変なクルマは選ばれないですよね。

五味 毎年、まずは10台のクルマ、通称・10ベストカーを決めるわけですが、ここに残るだけでもその年のトップ10のクルマなのですから、もうお祭り騒ぎですよ。その中から大賞をわざわざ選ばなくても良いのでは……、とすら思いますね(笑)。

近藤 2022年は同点があって11台が選ばれましたね。ベストイレブン。サッカーだったらもう日本代表みたいなものです。
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」スズキ アルト
▲ スズキ アルト
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」トヨタ クラウン
▲ トヨタ クラウン
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」日産 フェアレディZ
▲ 日産 フェアレディZ
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」ホンダ シビック タイプR
▲ ホンダ シビック タイプR
PAGE 3
五味 10ベストカーを見るとバランスが取れているのも注目です。アルトがいてクラウンもいて、フェアレディZやシビックタイプRというスポーツモデルがあって、CX-60やエクストレイルといったSUV、ヒョンデのアイオニック5やBMW iXといった電気自動車もノミネートされていて、さらには圧倒的な存在感のレンジローバーもいます。
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」マツダ CX-60
▲ マツダ CX-60
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」 日産 エクストレイル
▲ 日産 エクストレイル
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」ヒョンデ アイオニック5
▲ ヒョンデ アイオニック5
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」BMW iX
▲ BMW iX
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」ランドローバー レンジローバー
▲ ランドローバー レンジローバー
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」ルノー アルカナ
▲ ルノー アルカナ
PAGE 4
近藤 LEONとしては、iXやクラウン、レンジローバーも昨年、記事として紹介しましたね。そういう意味ではカー・オブ・ザ・イヤーは親和性もありますし、やっぱり参加している価値もあります。フランス車、ルノーのアルカナもいましたね。

五味 改めて見て、それぞれに特徴をもった良いクルマが残っていますよね。
近藤 2022年から実はルールが変わって、販売台数が少ないフェラーリなどもノミネートできるようになりました。これによって、レンジローバーやアルカナといったモデルが10ベストに選ばれるようになったんですね。

五味 フェラーリ296GTBも、かなり票を集めていましたね。

近藤 縛りなくいろんなクルマが選べるようになって、より面白くなりましたね!
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」五味康隆

■ 五味康隆(Yasutaka Gomi)

そのルックスと耳に残る声でYouTubeチャンネル「E-CarLife with 五味やすたか」が大人気。現在の愛車ホンダNSXタイプS、トヨタ ミライなど。

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」近藤高史

■ 近藤高史(Takafumi Kondo)

特集、連載、タイアップとLEONでクルマを担当して10年以上のキャリアに。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員3期目は執行部も経験。現在の愛車はポルシェ718ケイマン。

こちらの記事もいかがですか

PAGE 5

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      SPECIAL

        「日本カー・オブ・ザ・イヤー」LEONの選考委員・五味ちゃんと、実行委員・近藤が言いたい放題! 2022年の振り返りと2023年の展望 | 自動車 | LEON レオン オフィシャルWebサイト