• TOP
  • WATCHES
  • 日常では無駄?なほどのオーバースペック時計が面白い

2018.06.19

● ジュネーブ速報2018 S.I.H.H.編 

日常では無駄?なほどのオーバースペック時計が面白い

時計の進化は日進月歩ですから、超複雑機構や驚異的性能のオーバースペックのモデルが次々と生まれています。無駄ともいえるような機能に対価を払えることこそラグジュアリーなのですね。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/小林孝至 取材・文/福田 豊

2018年4月号より
今年のS.I.H.H.の最大注目作のひとつが、A.ランゲ&ゾーネの「トリプルスプリット」。その名のとおりに「秒」「分」「時」の3つのクロノグラフ計測機構のそれぞれすべてにスプリット針を設けた大作で、いったいどのようなシーンでこのクロノグラフを使用したらよいのかはわかりませんが、大変高度な超複雑機構を搭載していることは確かです。

また毎年、S.I.H.H.の最大注目作をリリースし続けているリシャール・ミルは、今年も驚異的な耐衝撃性能を実現したトゥールビヨン搭載モデルを発表しました。さらに昨年からS.I.H.H.に新規参加したユリス・ナルダンは、超弩級の1000m高防水性能を備えたダイバーズを開発。というように、難しく、理屈っぽく、オタクっぽく、語るところが満載のオーバースペックのモデルが充実していたのです。

しかし、オーバースペックとは文字どおり過剰な高性能、言ってしまえば「無駄」な仕様です。なくても困らないけど、あればより楽しい。でも、そんな無駄を備えもつことこそが、すなわちラグジュアリーの本質。ですので、そんなオーバースペックのモデルを、オタクっぽく語るのではなく、ただ面白く楽しんでしまいましょう。それが新しい時代の新しい時計の楽しみ方なのです。

◆ A.ランゲ&ゾーネ 

無駄を承知で作ったところがラグジュアリーなのです

「トリプルスプリット」手巻き、18KWGケース(43.2㎜)、アリゲーターストラップ。世界限定100本。9月以降発売予定。13万9000ユーロ(参考予価、ドイツ国内VAT含む)/A.ランゲ&ゾーネ
「秒」「分」「時」の計時をスプリット針で行い、最長12時間までのラップタイムと基準タイムの計測が可能な超絶クロノグラフ。実際の用途を見つけるのは難しそうですが、これこそオーバースペック。それを承知で作ったというのがラグジュアリーで洒脱なのです。
PAGE 2

◆ リシャール・ミル 

ポロ競技のチャンピオン、パブロ・マクドナウの第2弾

「RM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ」手巻き、カーボンTPT®ケース(44.5×49.94㎜)、ラバーストラップ。世界限定30本。年内発売予定。1億230万円(予価)/リシャール・ミル(リシャールミルジャパン)
ポロのマレットによる強い衝撃でも風防が割れて飛散することなく、ムーブメントを保護するために、ポリビニールフィルムを間に挟んだ特殊なサファイヤクリスタルを搭載。ムーブメントをケーブルで吊ったサスペンション構造も高い耐衝撃性を備えます。

◆ ユリス・ナルダン 

非日常の高性能が楽しさのポイント

「ダイバー ディープダイブ」自動巻き、Tiケース(46㎜)、ラバーストラップ。1000m防水。世界限定300本。発売中。139万円/ユリス・ナルダン(ソーウインド ジャパン)
ブランド初の1000m防水のダイバーズ。2時位置にリュウズガード、9時位置にヘリウム排出バルブを装備。そんな日常ではオーバースペックな仕様が、なんともラグジュアリー。シュモクザメのモチーフも可愛らしいです。

■ お問い合わせ

A. ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080
ソーウインド ジャパン(ユリス・ナルダン) 03-5211-1791
リシャールミルジャパン 03-5511-1555

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

2018年S.I.H.H.は、周年記念モデルで華やかに開幕!
今年のS.I.H.H.は、ブランド創業何周年や、モデル誕生何周年などを記念するいわゆる周年記念モデルの当たり年。そんな特別なモデルで、時計の歴史を愛でるのも時計の楽しみ方のひとつです。

自由な色彩で腕元を遊ぶ
ケースやダイヤル、ストラップなどに多彩な色使いを施すのはここ数年の時計界で一大トレンドですが、今年のS.I.H.H.ではそれがさらに加速。ブルーやグリーンがトレンドカラーです。

アートのように時計を楽しむ
S.I.H.H.ではたくさんのアーティスティックなモデルが発表されました。工芸品のような美しさは、まさに身に付けるアート。大量生産が難しいため、その希少性も魅力です。

本誌8月号(6/24発売)では、時計特集をお送りします。そちらもお楽しみに!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL