2021.10.03

一度は泊まりたい【厳選】北関東の極上温泉宿7選

ようやく緊急事態宣言も解除となり、心おきなく旅行を楽しめるようになりました(もちろん感染対策は万全に!)。そこで、これまでにLEON.JPでご紹介してきた宿の中から、北関東に的を絞って日本の秋を満喫できる極上の温泉旅館&ホテルをピックアップしてみましたよ。

CATEGORIES :
TAGS :
秋と言えば温泉。山々の紅葉を眺めつつ、ゆっくり湯につかる楽しみは日本人のDNAに深く刻まれた快感体験そのものです。

ようやく緊急事態宣言も解除となり、久しぶりに旅が楽しめることになりました(もちろん感染対策は万全に!)。そこで、これまでにLEON.JPでご紹介してきた宿の中から、鬼怒川、伊香保、草津、水上など北関東に的を絞って日本の秋を満喫できる極上の温泉旅館&ホテルをピックアップしてみました。

■鬼怒川温泉「鬼怒川金谷ホテル」

鬼怒川渓谷に抱かれたクラシカルにしてモダンなホテルで、真のリゾートを愉しむ

かの「日光金谷ホテル」の創業者の孫にして、粋人としても知られるジョン金谷鮮治氏の美学ともてなしの心を込めた「鬼怒川金谷ホテル」。和のラグジュアリーリゾートを堪能できる全41室は、多彩なしつらえで、何度でも訪れたくなるホテルです。

「渓谷の別荘」をテーマにした館内は、四季折々の鬼怒川渓谷を愛でるためにとても開放的。それでいて館内のあちこちには、ジョン金谷氏のダンディズムを感じるアンティークコレクションやスカルプチャードグラスが置かれ、都会的でアダルトな雰囲気を醸しているのです。

■伊香保温泉「諧暢楼(かいちょうろう)」

伊香保の老舗大型旅館の中にある、サプライズたっぷりの高級お忍び宿とは?

伊香保温泉で400年の歴史をもつ老舗温泉旅館「福一」の別邸、「諧暢楼(かいちょうろう)」。この名は14代目の時代の屋号で、当時のおもてなしの心を別邸に受け継ぐ意味で、現当主の17代目が付けたとか。とにかくラグジュアリー感満点な宿なのです。

「福一」は400年の歴史をもつ老舗の政府登録国際観光旅館で、伊香保温泉で随一の知名度と人気のある名門です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。要するに、大人気の大型旅館です。「諧暢楼」は、その「福一」の8階建ての本館の1階と2階にあった貴賓室を改装した別邸。つまり「諧暢楼」は大型旅館の建物の中にあるのです。
PAGE 2

■梨木温泉「梨木館 はせを亭」

赤城山の麓、星空が見事な一軒宿は大人の修学旅行的楽しさ

明治12年前創業の歴史ある温泉宿「梨木館」の別館「梨木館 はせを亭」。群馬県の南東部、赤城山の麓にあって、山と渓流に囲まれた大自然のなかでくつろげるのが最大の魅力です。

「はせを亭」があるのは百名山にも数えられる群馬県・赤城山の麓。「梨木館」という宿の別館で、趣の異なる6つの客室がありますが、今回、宿泊したのは庭園に面した「芭蕉庵」という部屋。こちらは12畳、10畳、10畳の3間と客室露天風呂で構成されており、食事をする部屋、布団を敷く部屋、マッサージチェアでくつろぐ部屋というように、それぞれに趣向が凝らされています。

■草津温泉「つつじ亭」

あなたの知らない大人の草津が味わえる! 美食と美湯の宿

日本を代表する群馬の草津温泉にあって、懐石料理と、自然庭園と、温泉宿という3つを融合させた名宿「つつじ亭」。懐石料理の美味と温泉旅館の寛ぎの融合を図り、5千坪の広大な敷地に10室のみ、という贅沢な造りの宿です。

景色の美しさも高名です。敷地内の約3千坪が庭で、名称どおりに、春はつつじが一面に咲く。そして意外に知られていないのですが、草津は軽井沢よりも涼しく、避暑に最適。秋は紅葉が見事。冬は雪深く趣がある。つまり春夏秋冬いつでも大オススメの宿なのです。
PAGE 3

■水上温泉「別邸やえ野」

群馬みなかみの知る人ぞ知る隠れ宿。部屋には専用の半露天風呂も!

「別亭やえ野」は、そもそも2006年に2部屋で開業し、2009年に新たに2部屋をオープン、いまの4部屋になりました。とはいえ部屋数は少ない。ゆえに、まさに知る人ぞ知る宿で、そんな「別亭やえ野」を「行きつけ」にすれば、大人の男ならではの格好良さになる。まさしく都会で着る白のドレスシャツと郊外で着るTシャツの使い分けができる、という感じなのです。

また、近くには矢木沢ダムがあり、ここが大人気のドライビングコース。お気に入りのクルマを走らせるならば絶対に楽しいでしょう。

■伊香保温泉「香雲館(こううんかん)」

大人の旅はかくあるべしと唸らされる伊香保の瀟洒な温泉宿

由緒ある癒しの名湯、伊香保温泉にある、客室がわずか10部屋の瀟洒な宿「香雲館(こううんかん)」。伊香保温泉でもひときわ古い老舗の宿である「塚越屋七兵衛(つかこしやしちべえ)」の別館として、平成6年に創業。大旅館の本館とは真逆の、客室がわずか10部屋の温かく親密な宿です。

日本の伝統建築や伝統工芸をいまに蘇らせることを目的に、日本各地の作家や職人や工匠たちを集め、館内の随所に腕を振るわせているのが特長。その非日常的な雰囲気の館内を彼女とふたり散策するのも、楽しいものです。

■草津温泉「ホテル クアビオ」

心と身体のリフレッシュに最適な隠れ家ホテル 草津「ホテル クアビオ」

群馬県草津にある「ホテル クアビオ」は心身を健康にする食事法「マクロビオティック体験」ができるホテル。草津の湯につかって美味しい食事をしながら健康にもなれるお得な旅はいかがですか。

この宿の素晴らしさは、かの草津温泉の地にあること。草津の湯は酸が強く、殺菌効果も高く、ヒーリングにも最良、お肌もスベスベになる。つまり外側からも身体を癒せるのです。さらにこの宿は「ひとり客」も歓迎してくれる。だから、週末にひとりで、というのも可能。事実、そういうリピーターも多いそうです。彼女とは思いっきり美味しいものを食べて、密かに身体をリセットする……なんて使い方もアリ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        一度は泊まりたい【厳選】北関東の極上温泉宿7選 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト