• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 道端カレン「ふたりで風を切る自転車デートは最高♡」

2022.07.27

道端カレン「ふたりで風を切る自転車デートは最高♡」

ドライブもいいけれど、全身で風を感じる自転車デートはいかが? モデルでトライアスリートの道端カレンさんに自転車のダイゴ味をうかがいつつ、LEON周りのスタッフにもおすすめスポットを教えてもらいました。

CREDIT :

文/大塚綾子

▲ 道端カレン/15歳でモデルデビューし、雑誌や広告、テレビで活躍。モデル業の傍らトライアスロン競技では市⺠トライアスリートとして数々の優勝経験をもつほどまで競技力を高める。食や健康にも造詣が深く、野菜ソムリエ、アスリートフードマイスターなどの資格を生かし、イベントや講演会、社会貢献活動など幅広く活躍中。
コロナ禍での行動変容や環境負荷の少なさから自転車の再評価が進み、都心や観光地でのシェア&レンタルサイクルも増えている昨今。手ぶらで気軽に楽しめるスポットも増え、デートでの需要も高まっています。

まずは、モデルにして、水泳・自転車・マラソンで競うトライアスリートの顔ももつ道端カレンさんにサイクリングデートの魅力を語っていただきました。
PAGE 2
── ズバリ自転車の魅力はどんなところでしょう?

カレン 例えば50km先の場所に行きたくても、ランニングでは辿りつけないし、車だと風景を見る余裕もなく、あっという間に通りすぎちゃう。自転車のスピードだからこそ見られる景色や、気になる所ですぐに止まれる気軽さが魅力です。急がずにゆるりと漕いで、旅行するように楽しめるのがいいですね。

── 自転車にハマったきっかけはなんですか?

カレン TV番組の企画で2011年にホノルルマラソンに初挑戦したら、結果はボロボロ。このままでは終われないなと思って、毎日30分走ることにしたんです。それをTwitterに投稿していたら、友人から「そんなにストイックに毎日走り続けられるなら、トライアスロンもできるよ。僕らのチームで一緒に大会に出よう」と誘われて。
トライアスロンはスイム→サイクリング→ランニングの順で競技をするので、「自転車は座っていられるし、休めるかな」と正直軽く考えていたんです、でもそれが大間違い(笑)。

ゴール後にあまりにきつくて吐いてしまったほどなのに、みんな笑顔でゴールするんですよね。それを見て「私も笑顔でゴールしたい!」ともう一度挑戦することに。トライアスロンスクールにも入り、練習に没頭(笑)。本格的にロードバイクを始めました。

── おすすめの自転車デートスポットについても教えてください。
PAGE 3

道端カレンのリコメンド

海を眺めながら7つの橋を渡る壮大なコース「瀬戸内しまなみ海道」

カレン 一番のおすすめは、「瀬戸内しまなみ海道」。瀬戸内海の島々を7つの橋で結ぶ、広島の尾道から愛媛の今治までの全長60kmの道のりです。サイクリングコースがしっかり整備されていて、世界中からサイクリストが訪れる聖地です。私は2020年から「今治・しまなみ自転車大使」を務めていて何度も訪れているんですが、本当に気持ちいいですよ。

しまなみ海道には、公営も含めていくつもレンタサイクルステーションがあって、今治や尾道の駅で自転車やヘルメットなど、必要なものがすべてレンタルできるから、手ぶらで行っても大丈夫。

自転車の種類も豊富で、ロードバイクは本格的すぎるという人にはクロスバイクや流行中のEバイクもあって、すごくお洒落。レンタサイクルは片道での返却や途中でピックアップしてもらえるサービスもあるので、往復を走る自信がなくても心配いりません。無理せずに自分たちのペースでOKなんです。
PAGE 4
── 好きなタイミングで自転車に乗るのをやめられるなら、気軽にトライできますね。

カレン アップダウンもあまりなくて初心者向きだから、自転車デートデビューに最適です! 海を眺めながらいくつも橋を渡る壮大なコースは、全国を探してもなかなかないですよ。橋の上はサイクリングコースなので、車を気にせずに走れて快適です。

海外のサイクリストも多いので、サイクリストフレンドリーなお洒落なカフェやホテルも増えてきて、グランピング施設もあるんです。瀬戸内は食べ物も美味しいし、そういったスポットも活用するとデートが盛り上がりそう(笑)。
例えば、しまなみ海道のちょうど中間地点、大三島の「しまなみ海道WAKKA」は、コテージやドームテント、カフェ、自転車のセルフ修理ピットなどからなるツーリズム複合施設。自転車と一緒に泊まれるコテージやドームテントからは、瀬戸内海を一望できるんです。

Eバイクのレンタサイクルもあるので、ここから自転車旅をスタートするのもおすすめ。リタイア時にレンタサイクルをピックアップして返却代行するサービスや、サイクリスト専用の海上タクシーもあって、サポートも充実しています。シャワールームやランドリーもあって、旅の途中で立ち寄ってリフレッシュなんて使い方もできるので、彼女へのケアもばっちりです。
PAGE 5

しまなみ海道WAKKA

Eバイクのレンタル料金/2000円(2時間)
※1時間延長ごとに1000円追加。日帰りは最大8時間まで。1泊2日は1万5000円。
住所/愛媛県今治市上浦町井口6691-1
TEL/0897-72-8705
宿泊料金/コテージ2万4000円〜、ドームテント2万円〜(ともに1泊2食付)
https://wakka.site

── 自転車デートで気をつけるべきポイントはありますか?

カレン 男性のほうが体格的にもスピードが出るので、相手のペースに合わせてゆっくり走ったり、「疲れてない?」って声をかけて、こまめに休憩をとってあげてください。ベストシーズンは春か秋ですが、夏でも30kmくらいなら案外あっという間なので、まずは短いコースを試してみるのもいいですね。

それと夏に限らず、水分補給のドリンクと日焼け止めやサングラスは必須。サングラスは光だけでなく、飛んでくる小石や虫から目を守るためにも、絶対にあったほうが便利ですよ。

いきなりアップダウンの激しい山道だと自転車嫌いになってしまうかも(笑)。しまなみ海道なら、きっと自転車が大好きになるはず!
▲ JR尾道駅にほど近い、ホテル、ベーカリー、レストラン、カフェを併設する「ONOMICHI U2」。こちらもサイクリストに人気のスポット。
PAGE 6

ほかにもこんな自転車デートはいかが?

次に、LEON周りのスタッフから挙がった自転車デートにおすすめのスポットもご紹介!

ライター・甘利美緒さんのリコメンド

ガイドブックに載っていない絶景に出合える「五島列島を巡るサイクリング」

「長崎県の西の海上に浮かぶ、大小140前後の島々からなる五島列島。潜伏キリシタン関連の遺跡でも有名なこの地を取材した時に、『wondertrunk & co.の島巡りサイクリングツアー』を体験。

ガイドは、サイクリストである日英バイリンガルのウィルさん。ガイドブックに載っていない絶景を見に連れて行ってくれました。リクエストすればプライベートツアーも催行してくれますよ。レベルに応じて2つのツアーがあるので初心者も安心。美しい山と海に囲まれて、のんびりした時間が過ごせます」

島巡り初心者向けサイクリングツアー/wondertrunk & co.

料金/1名9000円(サイクリング用品レンタル、サイクリングガイド、軽食、雨天時レインコートを含む)
時間/8:30〜12:30、13:30〜17:30(天候や参加者の体力によって変更あり)
※鐙瀬(あぶんぜ)、三井楽(みいらく)、二本楠(にほんぐす)の3コースから選べます。中上級者向けのカスタムツアー(1名1万8000円)もあり。
https://www.jp.wondertrunk.co/blog/goto-cycling

● 甘利美緒(あまり・みお)

出版社にてライフスタイルに関する記事の編集経験を積み、独立。現在はフリーライターとして、「LEON」「東京カレンダー」などの雑誌、「メルセデス・ベンツ ミー マガジン」などの会員誌、医療従事者専用サイト「m3.com」などのWEBにて、インタビュー、食や旅などライフスタイルにまつわる記事を執筆している。

PAGE 7

LEON.JP編集部・平井敦貴のリコメンド

Eバイクの電動パワーが強力アシスト♡「富士山麓の大自然をサイクリング」

「彼女とのアクティブデートにおすすめしたいのは、電動アシスト付きのパワフルなマウンテンバイクで山道を登り、富士の絶景を目指す『トレイルアドベンチャー・フジのEバイクトレッキング』

自転車で山を登るなんて、素人では絶対ムリ! って思いますよね。でも、Eバイクなら電動パワーがアシストしてくれるので体力のない方や女性でもまったく問題なし! 専任のガイドが参加者の希望に合わせて「絶景/冒険/癒し」のテーマに沿ったコースをガイド。最大4名までの少人数制ツアーなので、初心者もきめ細かくサポートしてくれますよ」

Eバイクトレッキング/トレイルアドベンチャー・フジ

料金/アーリーモーニングライド1名8800円〜、モーニング&アフタヌーンライド1名1万1000円〜(ともに電動アシスト付きマウンテンバイク&ヘルメットのレンタル、水を含む)
時間/アーリーモーニングライド8:00〜9:30、モーニングライド10:30〜12:30、アフタヌーンライド14:00〜16:00
住所/山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1
TEL/080-2165-9693
https://trailadventure.jp/tour
【体験記事はコチラ】
富士山を拝む! Eバイクで山道を登ってみた

● 平井敦貴(ひらい・あつたか)

「家電でモテる」をキーワードに、ガジェット・カメラ・家電などを日々取材(散財)するLEON.JP編集部員。コロナ禍でメンズ美容に目覚め、現在ムダ毛ケアに取り組み中。

※掲載価格はすべて税込みです

自転車やEバイクに興味があるならコチラも

PAGE 8

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        道端カレン「ふたりで風を切る自転車デートは最高♡」 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト