• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 女子ウケ抜群。彼女が喜ぶ! 噂の「美人温泉」【後編】

2022.02.27

女子ウケ抜群。彼女が喜ぶ! 噂の「美人温泉」【後編】

ひと口に温泉宿といっても百花繚乱なのは言わずもがな。で、そもそも女性ってどんな温泉が好きなんでしょう? 女性のことは女性に聞くべし! ということで、年間300湯以上の温泉を巡るという“美人”温泉家・北出恭子さんに、デートにおすすめの温泉宿をピックアップしてもらいました。その後編です。

CREDIT :

文/長谷川あや

▲ 年間に300湯以上の温泉に入湯する北出恭子さん。
前編(こちら)に続き、北出さんに彼女と温泉旅行をするのに、おすすめの宿を教えていただきます。

「せっかく温泉を訪れるなら、彼女と一緒に、湯治文化に触れるのも楽しいと思います」と、北出さん。なるほど、昔ながらの湯治宿で体を癒す旅もいいですね~。

秘湯感抜群! ヒバ造りの混浴浴舎は圧巻

▲ 総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」。柱一本ないヒバ造りの160畳もの空間には、熱湯・冷の湯・四分六分の湯・湯滝といった、4つの源泉の異なる浴槽があります。「白濁した酸性の硫黄泉で、東北の温泉に来たことを実感できます」(北出さん)
「八甲田山中の『酸ヶ湯温泉旅館』は湯治文化を色濃く残す温泉宿。秘湯感抜群です。湯治宿に慣れていない人でも泊まりやすいトイレ付きの湯治部屋やベッドのある部屋もリニューアルされて女性の方でも行きやすくなりました」
▲ 八甲田連峰の西麓、標高約900mの高地に位置する「酸ヶ湯温泉旅館」。1954年に「国民保養温泉地第1号」に指定されています。
最近は、仕事を持ち込んでワーケーションをしている人も見かけるようになったといいます。その酸ヶ湯温泉旅館の代名詞ともなっているのが「ヒバ千人風呂」は、160畳もの浴室に4つの源泉の異なる浴槽を配したヒバ造りの浴舎は圧巻です。混浴ですが「1日2回、夜と朝に、女性だけが入れる時間帯もあります。地元の方との交流も楽しい温泉です」
PAGE 2
▲ 2019年にリニューアルした「1号館」はベッド付の洋室。木造2階建ての「イ棟」「7号館」は縁側や床の間が付いた、6畳〜8畳の趣のある昔ながらの和室です。
テレビや雑誌でおなじみのあの温泉に、女性だけで入ることができる時間帯があるとは!  彼女にも気兼ねなく楽しんでもらうとしましょう。
「混浴に抵抗がある方には、男女別の『玉の湯』があります。シャワーやドライヤーも完備されているので快適です。食事も旅館食と湯治食から選択できるので、連泊で体験してみるのもおすすめですよ。食事処で、東北の地酒を色々と堪能できるのもうれしいポイントです」

■ 酸ヶ湯温泉旅館

住所/青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
HP/https://sukayu.jp/
TEL/017-738-6400
料金/1万1110円~(トイレ付湯治棟2名1室利用時の1名料金、2食付。税サ込。入湯税別)

PAGE 3

誰にも気兼ねすることなくスウィートな時間を過ごせる

おこもりを決め込みたいなら、約5500坪の敷地に客室はわずか11室の「奥武雄温泉 風の森」がよさそうですよ。
▲ セルフサービスのバーラウンジ。名作椅子で寛げます。
「それぞれの客室がカートで送迎してもらうくらい離れていて、自然の中にふたりきりでいるような、そんな特別なおこもり感が味わえます。とにかくどの部屋もシンプルモダンな上質な空間で、すべての部屋を制覇したくなります(笑)。オーナーこだわりの家具やアートがちりばめられた、裸足で過ごすバーラウンジはセルフサービス制。ラウンジで飲んでもいいし、部屋に持ち込むこともできます」
▲ 客室「天」。離れ(客室棟)は、母屋から数百メートル離れた山の上。移動はスタッフが運転するカートを使います。
誰にも気兼ねすることなく思い思いの時間が過ごせるのはうれしい限り。心ゆくまで、スウィートな時間を楽しむとしましょう。
PAGE 4
▲ 客室「稜」。ベッドはシモンズ製。パーケル織りのシーツも寝心地抜群です!
▲ 2005年5月に、「大切な人と、大切な時を過ごす。そのための最高の空間であること」をコンセプトに誕生した、森のリゾート旅館。佐賀県嬉野ICよりクルマで3分とアクセスも良好。
「開放感のある客室露天風呂がまたいいんです。泉質は美肌効果が抜群のナトリウム──炭酸水素塩泉で、とろんとろんの肌触り。個室でいただく、佐賀県産の食材を使った創作料理がまたおいしいんです。全室離れ、露天風呂付きでこの値段はコストパフォーマンス最高! 女性はきっとテンションが上がる宿だと思います」

■ 奥武雄温泉 風の森

住所/佐賀県武雄市西川登町小田志17275
HP/http://www.kazenomori.biz/
TEL/0954-20-6060
料金/2万9000円~(2名1室利用時の1名料金、2食付。税サ別)

PAGE 5

お酒好きのふたりにオススメする高原のロッジ

▲ 全国的にも希少なpH2.1の酸性泉を掛け流しで堪能できます。
お酒好きだという北出さんが、お酒好きのふたりにオススメするのが、猪苗代沼尻温泉「沼尻高原ロッジ」です。

「ラウンジで、ワインやウイスキーなど、フリードリンクで飲んでいいのがうれしいです。私もお酒をいただくほうなので、湯上りや夕食後など自分の好きなタイミングで好きなだけ飲めて、のんびりとリラックスしながら過ごせるのはありがたいですね(笑)」
▲ 全12の客室のなかで、唯一の半露天風呂付きの客室となる「スイートルーム」。スキップフロアのある立体的な造りが特徴的です。
わかります! 飲み始めてしまうと、自己申告制って、けっこう面倒くさかったりしますよね。オールインクルーシブ──お酒好きにとってこれほど魅力的な言葉はなかなかありません(笑)。暮れゆく空を眺めながら、ウッドテラスでワインを傾けるのも最高of最高じゃないですか!

「沼尻高原ロッジ」は、もともと女性で世界初のエベレストの登頂に成功した登山家、田部井淳子さんが運営していたロッジです。名称はそのままに2019年にリニューアルオープンしました。
PAGE 6
▲ 会津塗りのカウンターを備えたモダンなラウンジでは、アルコールを含むドリンクのサービスも!
「ロッジ風の客室は小ぢんまりしていますが、北欧風のファブリックが可愛くて、居心地もいいですよ。源泉かけ流しの白濁した酸性硫黄泉もたまりません」

半露天風呂付スイートルームもあるのだとか。230年の歴史を誇る沼尻温泉は、毎分1万3400リットルと湯量豊富。天然の保湿成分がたっぷりと含まれた強酸性硫黄泉の濁り湯の、肌がきゅっと引き締まるような感覚は忘れがたい体験になるはずです。
▲  “四里四方(16キロ四方)のものを食すれば病せず”をコンセプトとした、地の食材を使った、創作料理に舌鼓を。
「地元・会津の食材や会津漆器にとことんこだわった凄腕シェフの料理もすばらしいです。先日行った時はなんと熊が出てきました(笑)。ワインや日本酒とのペアリングも楽しくて、美食家の彼女にも喜んでもらえるのではないでしょうか。オプションで、源泉ツアーやヘリの遊覧ツアーもあったりするので、アクティブ派のふたりにもおすすめです」

■ 沼尻高原ロッジ

住所/福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2864
HP/https://www.numajiri-lodge.com/
TEL/0242-93-8101
料金/1万4300円~(2名1室利用時の1名料金、2食付。税サ別)

PAGE 7
温泉を愛してやまない北出さんの口からは、ほかにもいくつかの宿の名前が飛び出してきました。せっかくなのでざっくり紹介させていただきますね。
▲ 下呂温泉 湯之島館。
下呂温泉 湯之島館は5万坪の広大な木立に佇む、由緒正しい文化財の宿。部屋食なので水入らずでゆっくりと過ごせます。

青森にあるランプの宿青荷温泉は、ランプで過ごす宿。ランプだけの明かりで過ごすという昔話の世界のような体験ができます。テレビもコンセントもないので、存分にデジタルデトックスができますよ(笑)。

天草の天草  天空の船は、現地の食材を使った本格イタリアンが鮮やかで美しく“映え”ます!  宿から眺める海にも癒されます。

万座高原ホテルには、世にも珍しい蛍光黄色の温泉があります。混浴露天風呂なのでカップルで大自然の中で温泉を堪能できます。

熱海の古屋旅館は源泉かけ流しにこだわった純和風の老舗旅館。最近、リニューアルしてモダンな露天風呂付の客室がオープンしました。

玉造温泉(島根)の湯之助の宿 長楽園には120坪という日本一の広さを誇る混浴露天風呂があります。湯浴み着を着て、温泉に浸かりながら映像が見られるロテンブロシアターがあったりと、エンタテインメント性も抜群です」
どこもかしこも魅力的で、すぐにでも行きたくなってしまいます……。彼女との温泉旅行の計画に、どうぞお役立てくださいませ。

● 北出恭子(きたで・きょうこ)

年間に300湯以上の温泉に入湯する温泉専門家。温泉ソムリエなど、多数の温泉資格や知見を活かし、メディア出演や講演、大学講師や観光行政の委員も務めている。温泉地自治体や企業と連携し、温泉を軸とした地域資源の創出や温泉地づくりの監修を行うなど、さまざまな角度から温泉の魅力を発信し続けている。著書に『九州絶品温泉、ドコ行こ?』(ペガサス出版)など。
HP/北出温泉 | 温泉家・北出恭子による温泉好きのための、ここにしかないとっておきの温泉情報サイト (kitade-onsen.com)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        女子ウケ抜群。彼女が喜ぶ! 噂の「美人温泉」【後編】 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト