• TOP
  • PEOPLE
  • ジョン・カビラがラジオでつい読みたくなる、雑誌の見出し

2018.10.19

Interview 【vol.5】 

ジョン・カビラがラジオでつい読みたくなる、雑誌の見出し

LEONはお陰様でこの秋に創刊17周年を迎えました。これを記念して各界で活躍する皆さんに「アナタにとってLEONってなんですか?」と尋ねてみました。第5回はフリーキャスター、ナビゲーターのジョン・カビラさんです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/市村広平(LEON) 写真/斉藤翔平 ヘアメイク/伊藤歌苗

2018 THE NIKKEI MAGAINE STYLE x LEONより
J-WAVEの看板ナビゲーターとして、サッカー番組のキャスターとして、高い人気を誇るジョン・カビラさん。流暢な英語と丁寧な日本語でリスナーを一瞬にして彼の世界に引き込む鮮やかな話術は他の追随を許しません。卓越したコミュニケーション能力を誇るカビラさんにとって、LEONの存在は、LEONの言葉選びのセンスはどう映るのでしょう? 

LEONは“wanna beを刺激するモテポルノですよね”

すべてのエンタテインメントには“wanna be”が必要です。こういうライフスタイルを送りたいな、こうなれたらいいな、という憧れの対象“wanna be”が。

LEONのタイトルには、この“wanna be”に強烈に訴求する力がある。手が届かないファンタジーを見せてくれる楽しさというか、結局そういうことなんでしょうね。

例えば“オヤジ”という言葉から“モテる”という言葉を想起しませんよね。だからこの“モテるオヤジ”という並びが絶妙だなと思うんです。小脇に抱えるのがちょっと恥ずかしいくらいの、コンプレックス商法というか、ギリギリのところですよね。

でもいまや女性誌でも“モテ〇〇”とか“〇〇モテ”みたいな言葉が伝染していて、タイトルに不可欠なピースみたいになっている。僕個人としては、これはラジオでもよく話すのですが、「みなさん、そんなにモテたいですか?」というのが本音(笑)。

贅沢は素敵ですが、“excess”(=トゥーマッチ)は素敵じゃない。僕にとっての贅沢は、自分専用の冷蔵庫を最近購入したくらい。あとは伊勢丹のデパ地下くらいですかね(笑)。
PAGE 2

LEONはエッジのギリギリに立ってる匂いがするから面白い

僕が生来の“面白がり”ということ以外にもうひとつ、奇想天外なタイトルに共感してしまう理由としてJ-WAVEでの企画会議があります。僕がナビゲーターを務めて10年になる「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」は、もとから企画が存在するわけではない。立案者が自分の言葉で口説き落としてはじめて企画になるんです。

人気コーナーとなった雑誌の見出し読みも、もとは雑誌を読んで面白いと思ったタイトルをリスナーと共有したい、という僕の発案で生まれたもの。要は「あなたはどう思ってるの?」というのが一番大切で、そういう編集会議での「これ行きすぎだろ」「いやいや……」といった攻めぎあいが見えてくるタイトル。

エッジのギリギリに立ってるな〜!みたいな、そういう匂いがしてくるから面白いんですよ、LEONは。そこが醍醐味。これからも突っ込みたくなるタイトルに期待!です。

■ 取材班は見た!

J-WAVE ラジオブースにて……

MEMO:雑誌の面白タイトルをカビラ節で読み上げる人気コーナー「7-ELEVEN MAG RACK」。つい先日読み上げられたのが、LEON7月号の「スーパーリッチのこなし方」でした。

● ジョン・カビラ

キャスター。1988年J-WAVE開局時よりナビゲーターとして出演。現在は毎週金曜6:00〜11:30放送のワイド番組「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」を担当。 第42回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」、第47回ギャラクシー賞「ラジオ部門大賞」受賞。サッカー番組や司会でもおなじみ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL