• TOP
  • LIFESTYLE
  • ホンダの「クロスカブ」で参戦! 大人のためのバイクイベント「Door of Adventure」とは?

2018.12.28

ホンダの「クロスカブ」で参戦! 大人のためのバイクイベント「Door of Adventure」とは?

フォトグラファー兼ビジュアルクリエイター・桐島ローランドさんによるライフハック術。第4回目となる今回は、桐島さんが「クロスカブ」で参加したという「Door of Adventure」について。今、バイク好きな大人たちが注目するというそのイベントとは?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・動画・文/桐島ローランド

デジタルテクノロジーに造詣の深いフォトグラファー・桐島ローランドさんによる連載第4回! 今回は、桐島さんが参戦したバイクイベント「Door of Adventure(DOA)」についてお伝えします。バイク歴は30年以上という桐島さんですが、中でも「DOA」は大人の週末遊びにぴったりだとか。果たしてその魅力とは?

それでは桐島さん、よろしくお願いします!
PAGE 2

クロスカブとN-VANは今、最高の相棒!

こんにちは、桐島ローランドです。僕はこれまで国内外のメーカー問わず多くのバイクに乗ってきたのですが、最近のお気に入りはこのホンダの「クロスカブ」です。

こちらは日本が誇る「カブ」をオフロード用に仕上げたもので、現在50ccと110ccの2つが発売中。そのデザインの可愛さから、先日110ccモデルを購入してしまいました。色は「パールシャイニングイエロー」。実はこの色にもこだわりがあるんです。

それというのも、同じく今年買ったホンダの「N-VAN」とお揃いのカラーなんですね。
まずはこの「N-VAN」をご紹介しましょう。

こちらは大ヒット中のホンダ「N-BOX」をベースに商用向けとしたモデルです。僕は主にカメラ機材やバイクの持ち運び用として買ったのですが、その機動性や収納性は本当によくできていて感心しきりです。カメラの照明機材やプロ用のドローン「Inspire」など、長いものや大きいものまで何でも積み込めるし、低床設計なのでバイクの積み下ろしが簡単にできるのもポイント。

狭い道もスイスイ走るので、最近ではもっぱらこれで移動しています。ちなみに、その見た目の可愛さから女の子ウケが非常に良いのは嬉しい誤算だったりも(笑)。

そんな「N-VAN」は僕の周りでも購入希望者が後を絶たないのですが、人気車のため現在納車期間も長くなっているとか。気になる方はぜひお近くのディーラーへ……って、自腹で買ったのに何だかホンダの宣伝みたいですね(笑)
PAGE 3

クロスカブで「Door of Adventure」にGO!

さて、そんな「N-VAN」と「クロスカブ」ですが、先日この2台で「Door of Adventure (DOA)」というイベントに参加してきました。この「DOA」は2010年からスタートしたオフロードバイクのイベントで、丸1日、または1泊2日で指定のエリアをラリーするというもの。参加者は年々増えており、僕が参加した前回の大会にも200名以上のバイク乗りが集まりました。

その際に撮影した動画を一本にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。
いかがでしょうか。こちらの動画では、前回ご紹介したドローン「Mavic Air」や、「GoPro HERO7 Black」、「GoPro Fusion」で撮影を行いました。いずれも今年買って大活躍のアイテムで、どこに行くにも持ち歩いています。特に「GoPro」のスタビライザー機能は秀逸で、バイクに着けてオフロードをガンガン走っても全然ブレない! いずれこの連載でも「GoPro」を詳しく紹介できればと考えています。

さて、この「DOA」ですが、参加者の層は幅広く、大型バイクの方もいれば、僕みたいに「カブ」で参加する人もいます。女性比率が低めなのはちょっと残念なところですが(笑)

オフロードバイクのイベントと言うと、スピードを競い合うようにイメージされるかも知れませんが、「DOA」はそうではなく、「アドベンチャー」の名前が示す通り、チェックポイントを探し出し、ラリーで巡ることを目的としています。

広大なエリアに設置された4つほどのチェックポイントを、「コマ図」と呼ばれる地図だけの情報を頼りに、1日かけて探していきます。

その距離およそ、200km(2日で400km)。

しかもオフロード走行なので、かなりハードなアクティビティとなります。しかしながら、都会を離れ、自然の中でバイクの風を感じながらルートを探すのは、子どもの頃の冒険心を思い出させてくれる「最高の大人の遊び」です。

また、会場となるエリアには大体近くに温泉地があったり、夜にはキャンプを張ってバーベキューをしたりと、疲れを癒してくれる夜の楽しみも充実しているので、一度参加したらきっと病みつきになってしまうでしょう。年に数回開催されるので、僕も時間を見つけて今後も参加していきたいと思っています。
PAGE 4

携帯が通じず、コマ図だけを頼りにラリー!?

ここで「DOA」のルールを簡単に説明しましょう。

ライダーは「コマ図」と呼ばれるラリーマップを手に、エリア内に設置された4つほどのチェックポイントを巡ります。広大なエリアはほとんどが山林地帯で、林道やオフロードをバイクでガンガン進んでいきます。

ちなみに「コマ図」とはその名の通りコマ状に情報が配置され、上から順に進んでいく手順が記されています。ただ、この情報が非常に大雑把なので、コースアウトしてしまうと元の道に戻ることさえ困難になってしまうというもの。

こちらは公式サイトのサンプルですが、その大雑把な感じは伝わるでしょうか?
「Door of Adventure」のコマ図。(https://doorofadv.exblog.jp/13210100/ より引用)

A)はスタートしてからの累積走行距離
B)直前のコマからの距離
C)コーションマーク:危険度がその本数で表される
D)舗装路が未舗装路に変わる地点
E)ストレートオン:直進。省略される場合もある
F)右折。下の三角形+矢印は、坂道を上がるということ。逆図形は坂を下る
G)左折。この場合は舗装路のカーブの途中で橋を渡る舗装路があると読める

何しろ森の中では携帯電話の電波がほとんど通じず、さらにバイクで走りながらこの「コマ図」を読み解くのですから、バイクそのもののスピード性能はあまり結果に影響してきません。いかに「コマ図」を正確に読み解くかがキーになってきます。
また、林道など未舗装のルートを走るので、当然「コマ図」だけでは迷ってしまうこともあるでしょう。そんな時のために「方位磁石」は必須です。最近では衛星からGPSを取得する「イリジウム」端末なども市販されているので、万全を期す方はそういったものを導入しても良いかも知れません。僕も「イリジウム」端末は気になっているアイテムです。

他にも、食料や防寒着、ケガをした場合の応急処置道具など、アドベンチャーを楽しむためには、準備も万全にしておかなければなりません。そういった事前準備も、男ゴコロをくすぐるのではないでしょうか? 

気がつけば僕も、久々にワクワクしながらイベントの準備をしていました。
PAGE 5

「クロスカブ」がまさかのパンク?

さて、肝心の「DOA」の結果ですが……残念ながら今回は2日目でタイヤがパンクしてしまい、途中リタイヤとなってしまいました(笑)
まさかのパンクでタイヤの修理中。
今回は残念な結果だったのですが、しかしながらイベント自体はキャンプあり、バーベキューありで、日頃の仕事を離れてリフレッシュできたので大満足です。また、パンクしてしまったタイヤですが、オフロード専用のタイヤにはき替えれば、次回はリタイアせずに完走できることでしょう。ぜひリベンジしたいと思っています。

ラグジュアリーな大人の休日の過ごし方はたくさんあり、クルマもバイクも高価で高性能なものがたくさんありますが、こういった「アドベンチャー」で非日常を体験できるのは、それと同じくらい贅沢なことだと思います。

かつてバイクに乗っていた時代を思い出して、皆さんもぜひ参加をしてみてはいかがでしょうか?

「Door of Adventure」の詳細はこちらより!

応募は12/31まで!小型ドローン「Mavic Air」のプレゼント企画、まだまだ開催中です!

さて、話は変わり、前回に続きプレゼントの告知です!

今回の動画でも使用した「Mavic Air」ですが、ただいま読者の皆さんに抽選で2台プレゼントする企画が開催中です!

ぜひアドベンチャーのお供に、ドローンの方もチェックしてみてください!

【応募方法】
(1)LEON.JPの公式Twitterアカウント(@web_LEON)をフォロー!
(2)本記事の感想を添え、ハッシュタグ「#MavicAirプレゼント」をつけてTwitterでシェア!

応募締め切りは2018年12月31日23時59分まで。当選者にはDM等で編集部から連絡が行くので、ぜひ応募してくださいね。

また、一刻も早くドローンを手に入れたいとお考えの皆さんは、下記のランドスケープさんより購入されてみてください。僕もよくこちらで購入していますので、もしかしたら、いいことがあるかもしれませんよ(笑)
ランドスケープ http://landscape-web.com/

●桐島ローランド

フォトグラファー・総合ヴィジュアルクリエイター・3DCGエバンジェリスト。

1991年 ニューヨーク大学芸術学部・写真家卒業後、本格的にフリーランス・フォトグラファーとしてのキャリアをN.Y.でスタート。
1993年 東京に活動拠点を移し、多くのファッション撮影、広告撮影の他、ムービー作品も手掛ける。
2007年 パリ・ダカールラリー完走
2014年 3DCGプロダクション、AVATTA設立、代表取締役に就任。ヴィジュアルクリエイターとして写真・ムービー等を制作する傍ら、3DCGが真のフォトリアルとして躍動し融合を果たすことを目的としたエバンジェリストとしての活動を行う。国内外を問わず、多数のテクノロジーオリエテイティドなカンファレンスなどにも出席、マイクロソフトの販売代理店アドバイザー、自動二輪車メーカーのアンバサダー等も務める。

AVATTA URL/https://avatta.net/

3Dモデルサンプル/https://sketchfab.com/avatta

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL