• TOP
  • LIFESTYLE
  • デキる大人は実践してる!? 「空っぽ時間」ってナニ? PART1

2021.03.22

デキる大人は実践してる!? 「空っぽ時間」ってナニ? PART1

仕事で成功するようなデキる大人は、日々忙しく、頭を休める時間もないはず!? いいえ、そうではありません。取材で判明した彼らの共通項は、何かに夢中になって頭が空っぽになる「いい時間」を過ごしていることでした! そこで、さまざまな「空っぽ時間」とその効果を、ココに紹介いたします。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/宮原友紀

仕事にプライベートに引く手あまたなデキるオトコたち。睡眠以外は常に頭がフル回転なのでは? と思ってしまいますが、実はそうでもなかったのです。

デキるオトコ8人を取材したところ、彼らに共通するのは「頭が空っぽになる時間」を日常的にもっていることでした。何かに没頭したり無心になれる状態に身を置いて、脳内やマインドをリセットしているよう。さらには、「空っぽ時間」が成功の秘訣なのかも!?

こちらPART1では、スポーツや遊びで体を動かす「空っぽ時間」をお届け。PART2の静かに集中する「空っぽ時間」も要チェックです。

◆ 掛井智也さんの空っぽ時間とは?

「サーフィン&スノーサーフィン」に無我夢中。それ以外は考えられない

どんなに忙しくても欠かさない」というアクティブな空っぽ時間を過ごすのは、ホテルやレストランを世界中に展開する株式会社Plan・Do・See の経営企画室を担う掛井智也さん。常に冷静かつ情熱的に仕事に向き合えるのは、サーフィンとスノーサーフィンのおかげ。

「海と山、異なる自然に触れることで、いい刺激を身体と心にもらっています。サーフィンは毎週1〜2回、波が良ければ早朝4時に家を出て、千葉や湘南で波乗りしてから仕事へ行くことも。スノーサーフィンは1〜3月のシーズン中は週に1回、主に沼田エリアに友人と通っています」。 “今日はどんなコンディションだろう、どんなリズムで乗れるだろう?” 無我夢中でそんなことばかり考えるので、それ以外のことを考えなくなるのだそう。

空っぽになる一方、道中や現地で仲間と多くの時間を過ごすので、仕事のアイデアをもらえたり、コミュニティが広がって新しい視野を得られるという旨みも。デキるオトコは一石二鳥な時間を過ごしているというワケ。
▲ 自然は、心身ともにリラックスして空っぽになれる絶好のロケーション。早朝に車で向かっている時に、ふとビジネスアイデアが生まれることもあるとか。

● 掛井 智也(かけい ともや)

大学卒業後、ホテル、レストラン、ウェディングの企画・運営を手掛けるPlan・Do・Seeに入社。「日本のおもてなしを世界中の人々へ」をキーワードに、直近ではTHE AOYAMA GRAND HOTELを2020年8月に外苑前に開業。

PAGE 2

◆ 長崎勇平さんの空っぽ時間とは?

「ブラジリアン柔術」で、汗と一緒に雑念を流す!

「現場ごとに思考やアイデアを一新する必要があるんです」と語るのは売れっ子VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)の長崎勇平さん。そのためには、常に頭の中をクリアにしておかなければならないと言います。

そこで長崎さんが空っぽになるために実践しているのが、「ブラジリアン柔術」。時間が許せば毎日道場に通い、平日はランチタイムに昼食の代わりに行くというスタイル。「目の前のスパーリングに集中すると、悩みや煩わしいことを頭の中から取り除くことができます。汗と一緒に雑念が出ていってくれる感じかな。食事もお酒も美味しくいただけるんです」と長崎さん。

道場では他業界・他業種で活躍しているたくさんの仲間と会うことも。彼らとの交流によって、想定外の新しい仕事に繋がった! なんてこともたくさんあるそうです。
▲ 「闘争心を使い切ってしまうので、普段の生活で頭にくることが減ったような気がします(笑)」と長崎さん。

● 長崎 勇平(ながさき ゆうへい)

1989年に株式会社ワールドに入社し、開発VMDやアジアVMD開発を担当する。同社退社後の2012年にSWELLを設立し、以後はVMD導入コンサルティングやVMD育成研修、店舗実施などに従事している。

PAGE 3

◆ 都倉 賢さんの空っぽ時間とは?

童心に返れる「川遊び」で心身ともにリラックス

常日頃からフィジカルやメンタルのトレーニングを要するアスリート。で、休まる時はあるの!? という疑問に答えるのは、Jリーガーの都倉 賢さん。

「試合の結果に左右されやすい職業だからこそ、童心に返り空っぽになる時間が必要」と語ります。彼が空っぽになるのは「川遊び」の時間。幼少期はサッカーの練習が忙しく、レジャーにいく時間ももてなかったからか、大人になった今、川遊びに誰よりもワクワクするんだとか。

水に足をつけたり泳いだり、せせらぎを聴きながら涼んだりする時間は、心身ともにリラックスできて、次の試合に向けてメンタル面での良い準備ができるそう。「現在、在籍するチームの本拠地である長崎は美しい川が豊富。この夏は川遊びに没頭します。もちろん試合も!」

● 都倉 賢(とくら けん)

V・ファーレン長崎」在籍。エアバトルをことごとく制する無敵のフィジカルと、大きなストライドでスペースへ飛び出していく積極性で、堅く閉ざされたゴールへの道筋を切り開くストライカー。サッカー以外の分野でも様々な挑戦をしつつ、最年長日本代表初招集を目指す。

PAGE 4

◆ 椋林裕貴さんの空っぽ時間とは?

「ランニング&仲間との自然アソビ」に夢中になる→決断のスピードUP!

ナチュラル&オーガニックなコスメを扱う「コスメキッチン」「ビープル バイ コスメキッチン」などを展開する株式会社マッシュビューティーラボにて、日々マルチタスクをこなす椋林さん。彼が空っぽになれるのは、8〜10kmのランニング。日常的にスッキリとした感覚を取り入れられるため、週末と、可能な限り毎週水曜日に向き合っているのだとか。

また、なくてはならないのが自然環境下での空っぽ時間。なかでもキャンプやサーフィン、バスフィッシングが、何よりも優先したいほど夢中になっているそうです。「普段のノイズから逃れて、浄化というか、心の静寂に入ることができるんです。でも、一人より気の許せる友達とイイ時間を共有するのが好き」と椋林さん。

「空っぽになると新たな情報が入りやすくなったり、整理しやすくなったり、判断するスピードが上がる感覚を得られます」と教えてくれました。
▲ 「空っぽになる時間は、子供の頃に感じた昼寝の気持ちよさに近い感じかな」と椋林さん。脳内がスッキリする感覚が、仕事パフォーマンスを大幅に上げている。

● 椋林 裕貴(むくばやし ひろたか)

株式会社マッシュビューティーラボ代表取締役副社長。株式会社エコストアジャパン代表取締役社長。百貨店を経てブランドプロデュース業、IT業界を歴任する傍ら、2006年よりナチュラル&オーガニックの現コスメキッチンを当時のメンバーと創業。現在はBiopleやCelvoke、F organics、ecostoreなど多岐に展開。

「大人のいい時間」特集をもっと見たい方へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        デキる大人は実践してる!? 「空っぽ時間」ってナニ? PART1 | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト