• TOP
  • LIFESTYLE
  • 女子高育ちの清楚系美女「20歳を過ぎた頃からだんだん遊び方が派手になって……」

2022.06.26

【第64回】

女子高育ちの清楚系美女「20歳を過ぎた頃からだんだん遊び方が派手になって……」

美人とは「美」という高スペックを備えたスーパーカーのような存在。その“スーパーぶり”に男は憧れるわけですが、果たしてそのスペックは彼女に何をもたらすのか? 「ワイングラスのむこう側」(cakes)で人気の林伸次さんが、世の美人たちの隠された恋愛事情に迫ってみる連載です。

CREDIT :

写真/田中駿伍(MAETTICO) 取材/林 伸次 構成/木村千鶴

「ワイングラスの向こう側」(cakes)でおなじみ、奥渋谷のバー「BAR BOSSA」(バール・ボッサ)のマスターにして作家の林伸次さんが、バーテン仕込みの絶妙な話術でさまざまな美人さんの本音を聞き出す連載です。

テーマは今どきの美女たちの”悩める恋愛事情”。美人が出会った最低男を裏テーマに、彼女たちの恋愛体験(主に失敗)談と本音の恋愛観に迫ります。

第64回のゲストは、カエラさん(36)です。
PAGE 2

大学に入るまで恋愛に興味がなかったです

── こんにちは、林です。今日はよろしくお願いします。

「はい、こちらこそよろしくお願いします。お昼は召し上がりましたか?  こちらに向かう途中にパン屋さんに寄ってきたんですが、多めに買ってきたので、よかったらおひとつどうぞ!」

── そんなお気遣いを……なんかもう、言い方からしてモテそうな感じがしてきました。あの、ここでは似ている有名人の名前を借りてニックネームにしているんですが、誰かに似ていると言われることはありませんか。

「う〜ん誰だろう。あ、木村カエラさんに似ていると言われたことはあります」

── では今日はカエラさんと呼ばせていただきますね。カエラさん、きっとあちこちで可愛いって言われてきていると思うんですが、自分が可愛いことに気付いたのはいつですか。

「ええ〜っ(笑)! 自分ではそんなこと思ってませんけど、ただ、両親には『可愛い』と言って育ててもらいました。でも中学から女子校だったので、見た目のことは意識してなかったかな。周りの人に、美人とか、可愛いとかは、言ってもらえることで認識し始めるような気がします」

── そうか、やっぱり相対的なものなんですね。都会で育った人は、原宿や青山なんかで、ナンパされたりスカウトされたりして気づくとも聞くんですが。

「あ、そういうこともありました。でも基本的には、精神的に子ども時代が長かったと言いますか、ませてなかった。大人に好かれることの方が楽しくって、同世代の男子に好かれることに興味がなかったんです。大学に入るくらいまではずっとそうでした」
PAGE 3

学校では話のわかる頭のいい子をやってました

── 中高生でも派手な子たちは、男子と付き合ってますよね?  周りはどうでしたか。

「ヒエラルキーのトップの子たちはそうだったと思います。でも私は勉強の方が好きだったので、そういうグループには属していませんでした。それよりも学校っていう社会の中でうまくやるには、やっぱり先生がすべてじゃないですか」

── ああ〜、そういう感じなんですね。ちょっと意外です。

「結構したたかでしたよ。夏休みだけこっそり髪は染めるけど、勉強はちゃんとして、話のわかる頭のいい子をやってた感じ」

── 子どもっぽい同級生より、大人の中にいる方が居心地いいと思う子だったんですね。

「そう(笑)。それに家が好きだったんですよね。家や学校生活でことが足りてるって感じでした。父親のことも好きでしたし」
PAGE 4
── お父さんのことが好きなんですか。ちょっと羨ましいんですけど、どんなところがどうして好きなんですか。

「頭がいい人だなと感じるし、小さい時からよく面倒を見てくれたと思うんです。私が母親と揉めた時には『ママに今日こういうことで怒られたんだけど、私はちょっと違うと思う』みたいな話もよく聞いてくれましたね」

── お父さんにお母さんの話をするんですね。ちなみに、お父さんは何をしてる人ですか。

「元々は会社員でしたけど、脱サラしてから写真の仕事をしてました。ちょっとオタクな趣味人という感じです」

── きっとカエラさんも趣味人が好きなんでしょうね。お父さんと仲良しって話はあまり聞かないなと思って。

「話がわかるというか、アドバイスが的確だと感じることも多くて。大学生で初めて彼氏ができた時に、『沖縄に旅行しようよ』って誘われて、父に相談したんです。そしたら、「それ、普通は親に嘘ついて行くんじゃない?  ダメって言われるのは分かってるでしょ。それ本当に行きたいのか、もう1回考えてみたら?』って言われて、その時は彼のこと凄く好きだって思ってたんですよ。でもよく考えたら、『あ〜、行きたくないわ』って気付いた、ってこともありました(笑)」

── あ〜、止めて欲しかったのか。そこまで話すって、本当に仲良かったんですね。
PAGE 5

めちゃくちゃ稼いで自信に満ちている男性は好みじゃない

── でもカエラさん、大学に入ってからはモテたんじゃないですか? 今もこう、上目使いで見る感じとか、狙ってるわけではないですよね(笑)?

「狙ってないです(笑)。でも私、今、言われたような仕草とかを、きっとどこでも誰にでもやってるんですよね。女友達でも異性に対しても態度や話し方は変えていませんが、でもそうすると結局、逆に、周りからは良く思われないってことがあります。だいぶ学びましたけど、女子校育ちで恋愛経験も遅かったし、学びの機会が少なかったのは実感しています」

── あ、そうか。モテたり、モテそうな仕草をしたりすると良く思わない人もいる。

「そう、コミュニティの中でうまくやっていくには、これはちょっと違うんだなあと」

── モテたいという気持ちはありますか? それとも、モテると面倒臭い?

「モテるのは楽しいですよ(笑)。20歳を過ぎた頃からだんだん遊び方が派手になって、お金持ちの社会人と合コンしたり、六本木のクラブで遊んだりするようになっていました。大学が某有名大学だったのでネームバリュー的なものもあってか、結構その筋から声がかかるんですよ。でもごめんなさい、正直あの頃のことは忘れてますね。今からすると、どうでもいいことだったんだと思います」
── 楽しさはあっても重要じゃなかったのかもしれませんね。そういう、お金持ちで自信のある男っぽい人は好みですか。

「東京タワーが見える六本木のマンションに住んでるような人は、遊ぶ仲間に何人かいましたけど、やっぱり良い家庭に生まれ育って、優秀で、めちゃくちゃ稼いで自信があって、みたいな人はどうしてもオラオラしてるんですよね。無理。つまんない。全然好みじゃないです」

── そういう男性がいいっていう女性は多いように思うんですけど、カエラさんはちょっと違うんですね。後半では、カエラさんの男性の好みを聞かせてください。

後半へ続く

■ bar bossa(バール ボッサ)

ワインを中心に手料理のおいしいおつまみや季節のチーズなどを取り揃えたバー。 BGMは静かなボサノヴァ。
住所/東京都渋谷区宇田川町 41-23 第2大久保ビル1F
営業時間/月〜土 19:00〜24:00
定休日/日・祝
問い合わせ/TEL 03-5458-4185

● 林 伸次(はやし・しんじ)

1969年徳島県生まれ。早稲田大学中退。レコード屋、ブラジル料理屋、バー勤務を経て、1997年渋谷に「bar bossa」をオープン。2001年、ネット上でBOSSA RECORDSを開業。選曲CD、CD ライナー執筆等多数。cakesで連載中のエッセー「ワイングラスのむこう側」が大人気となりバーのマスターと作家の二足のわらじ生活に。近著に小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる』(幻冬舎)、『なぜ、あの飲食店にお客が集まるのか』(旭屋出版)など。最新刊はcakesの連載から大人論を抜粋してまとめた『大人の条件』(産業編集センター)。

PAGE 6

こちらの記事もオススメ!! 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        女子高育ちの清楚系美女「20歳を過ぎた頃からだんだん遊び方が派手になって……」 | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト