• TOP
  • ITEMS
  • 【鉄則】時計とアクセの大人な関係とは?

2018.12.10

【鉄則】時計とアクセの大人な関係とは?

別々の腕につけたり、あるいは同じ腕に重ねづけしたりと、皆さん当たり前のように時計とブレスレットを一緒に楽しんでいますよね? でもそれがカッコよくキマっている人は意外と少ないような……。そこでここでは時計を引き立てるアクセ選びのコツをご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/吉田 巌(十万馬力)

"互いの色を揃える"、これが鉄則です

時計とアクセサリーを合わせてつける場合、真っ先に気をつけるべきは色合わせです。左腕にSSケースのシャープなスポーツウォッチをはめているのに、右腕にイエローゴールドのブレスレットではどうしてもチグハグな印象に。それぞれがいくら高級ブランドのものであっても、けっしてお洒落に見えません。

SSケースの時計ならシルバーのアクセ、ゴールドケースの時計にはゴールドのアクセと、互いの色の調子を揃えることにしましょう。最近は巧みな表面処理によるオールブラックの時計も流行りですが、これらにも同じブラックのアクセを合わせるとぐっと洒落て見えるのです。

● おすすめのコーディネート その1 「シルバー × SSケースの時計」 

ソリッドなSS時計には男らしいシルバーアクセが◎

時計●ゼニスの「デファイ エル・ブリメロ21」。自動巻き。SSケース(44㎜)。SSブレスレット。138万円/ゼニス ブレスレット●フレッドの「フォース10」。[WG×ダイヤモンド×SS]。52万9000円/フレッド
メカニカルなオープンワークにより、1秒で1回転するクロノグラフ秒針の動きをスタイリッシュに演出したゼニスの「デファイ エル・プリメロ21」。こういうSSケースの時計には、シルバーのアクセサリーがベストマッチ。

ヨットのケーブルから着想したフレッドの名作「フォース10」であれば時計のダイナミックな雰囲気ともイイ具合にバランスが取れ、スタイル全体もぐっと男らしく引き締まるはずです。
PAGE 2

● おすすめのコーディネート その2 「ゴールド × ゴールドケースの時計」 

ゴールドの色味まで合わせるのが正解です

時計●ロレックスの「デイデイト 40」。自動巻き。18KYGケース(40㎜)。18KYGブレスレット。332万円/ロレックス(日本ロレックス) ブレスレット●ブシュロンの「キャトル クルド パリ ブレスレット」。[18KYG]。77万円/ブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)
ゴールドの時計にはやはりゴールドのジュエリーが似合います。ただここでひとつ注意を。ひとくちにゴールドといってもイエローゴールドとピンクゴールドでは印象がずいぶん異なるもの。完璧にキメたいのならゴールドの色調まで揃えるのが正解なのです。

ここではロレックスのフルーテッドベゼルの美しい山形カットに揃えて、パリ・ヴァンドーム広場の石畳を再現したブシュロンのブレスをチョイス。デザイン的にも最高のマッチングを見せています。こういう細部までの気配りが、時計とジュエリーのコンビネーションをセンスよく見せるワザなのです。

● おすすめのコーディネート その3 「ブラック × オールブラック時計」 

黒×黒でミステリアスな男を演出

時計●ウブロの「ビッグバン ウニコ サンブルー オールブラック パヴェ」。自動巻き。ブラック+ブラックダイヤモンド(45㎜)。スケドーニレザー×ラバーストラップ。373万円/ウブロ ブレスレット●ダミアーニの「メトロポリタンバングル」。ブラックブルニート加工。[18KWG+ダイヤモンド]。43万5000円/ダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)
得意のオールブラックに加え、文字盤に重なる3つの八角形のプレートで時刻を読み取るという、かなり前衛的デザインなウブロの時計。ここにシルバーやゴールドのジュエリーを合わせてしまうと、印象がきつくなりすぎるきらいも……。ここはやはり、ブラックのタイプを合わせるのが正解。

都会の風景を巧みに投影したダミアーニの名作メトロポリタンであれば、ウブロの立体的な造形美もしっかり受け止め、クールにまとまります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゼニス 03-5524-6420
フレッド 03-3263-9413
日本ロレックス 03-3216-5671
ブシュロン カスタマーサービス 03-5537-2203
ウブロ 03-5635-7055
ダミアーニ 銀座タワー 03-5537-3336

この記事が気になった方はこちらもどうぞ

30万円で買える高級時計を選ぶとしたら?
スイスの時計ブランド、フレデリック・コンスタントが2018年に創業30周年を迎えることに。来日した社長にブランドの歩みを伺いました。

オンオフ使える、万能“ラグスポ”時計の選び方
仕事にも休日にも使い回せる万能時計をお探しの方も多いはず。その代表といえば、やはりラグジュアリースポーツウォッチ。そこで、今旬なスタイルからビジネスまで使い回せる最新の選び方をご紹介いたします。

街のお洒落なオトコは実践してた。秋冬らしい時計選びとは?
丸の内、六本木、神戸にてファッションスナップを敢行。 お洒落なオトコは腕元の時計もしっかり秋冬仕様にしていることが判明。さてさて、リストウォッチを秋冬らしく装うポイントとは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL