• TOP
  • WATCHES
  • 街のお洒落なオトコは実践してた。秋冬らしい時計選びとは?

2017.10.31

街のお洒落なオトコは実践してた。秋冬らしい時計選びとは?

丸の内、六本木、神戸にてファッションスナップを敢行! その結果、お洒落なオトコは腕元の時計もしっかり秋冬仕様にしていることが判明。さてさて、リストウォッチを秋冬らしく装うポイントとは?!

CATEGORIES :
写真/中田陽子(マエティコ)、金田亮
鈴木克典
文/吉田巌(十万馬力)
協力/池田保行(04)、トライアウト、
丸ビル 三菱地所、森ビル
丸の内、六本木、神戸にて、道行く御仁の腕時計事情を定点観察。スポーティなブレスウォッチが多数だった夏場とは一転、シックなレザーベルト装着モデルが圧倒的に優勢でした!

ラグスポの王様も革ベルトなら俄然気品アップ

汗をかく夏場はロレックスに代表されるブレスレットウォッチが圧勝でしたが、今回の街頭スナップでは各ブランドのアイコニックなモデル+レザーベルトという組み合わせが本当に目立ちました。
 
レザーベルトのほうが秋冬の装いにシックにマッチし、季節に相応しい情緒も醸せるからでしょう。またダイバーズのようなスポーティなデザインのモデルであっても、レザーベルトを装着することでぐっと知的でクラシックな雰囲気が増すのも利点。
 
さしずめ下の方はその好例です。袖口からチラリとのぞく時計は、ウブロの「クラシック・フュージョン」。ラバーストラップを十八番とするウブロですが、文字盤と合わせた綺麗なネイビーのアリゲーターストラップを装着したことで、ドレスウォッチのような気品すら漂わせていました。
細いラペルやコンケーブドショルダーが印象的なモードテイストな青スーツ。ウブロのシャープなデザインがじつによくマッチしていました。かっちりしすぎないよう、ベージュカラーのレザーバッグやスエードのシューズを合わせていたのも見事。
“ラグスポ”ウォッチの代表格であるウブロ。そのラインナップ中、もっともシンプルなデザインがこちらの「クラシック・フュージョン」です。
PAGE 2

小ぶりクロノは黒アリゲーターのベルトでより知的に

お洒落な人の間でアンダー40㎜径のちょい小ぶりな時計が最近トレンドであることはご承知の通り。アンティークにも多いこういう控えめなサイズには、レザーベルトがもともと似合うもの。とくに茶ではなく艶やかな黒を選ぶと、クラシックな格調が高まり、装いをオトナっぽく見せる小道具として活躍してくれるようです。下の男性も、柄ジャケットの派手さを、黒アリゲーターストラップを装着したIWCでイイ塩梅に引き締め。IWC持ち前のインテリジェンスな雰囲気も一層高まっていました。
柄ジャケット+デニムはありがちですが、そこにベージュのダブルブレストのジレを挟んだことでぐっと洒落た雰囲気に。オリーブ色のクラッチといい、色使いもじつに巧みです。
IWCのポートフィノ・クロノグラフ。現行は縦3つ目のレイアウトですが、こちらは珍しい横3つ目。ぐっとアンティークな雰囲気が高まっています。

お洒落なオトコたちはみ〜んなレザーベルトでした

そのほかの街のファッションスナップはこちらから!

スーツの新常識、ドレスな小物はてんこ盛る!
オーセンティックなスーツで、リッチ感や洒落感を引き立たせる絶好のポイントは小物です。手持ちのスーツを引き立たせる時計やアクセなど有効な使い方、選び方をご紹介します。

ダンヒルで実践!定番アイテムを今っぽく着こなすコツ
LEON.jp編集長 前田が気になる4つの秋冬のキーアイテムをいまどきに着こなします。ジャケットからコートまで、着こなしのヒントがここに!

『Snap LEON vol.18 2017-2018秋冬号』が絶賛発売中!!
いまどきの着こなしの傾向と対策をギュッと凝縮させた、お洒落の参考書『Snap LEON vol.18 2017-2018秋冬号』が絶賛発売中です!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        街のお洒落なオトコは実践してた。秋冬らしい時計選びとは? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト