• TOP
  • ITEMS
  • ノースフェイス他、大人のナイロンアウター6選。気温変化の大きい時期はコレ!

2018.11.12

ノースフェイス他、大人のナイロンアウター6選。気温変化の大きい時期はコレ!

寒くなったと思ったら、暑くなったり。季節の変わり目は気温が読めず、昼は問題なかったのに夜寒くて風邪をひいてしまう、なんてことも。そうならないために持っておきたいのが、薄くて軽いナイロンアウターなんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/瀧川修平

今買うべきナイロンコートは、軽快にしてちょい大きめ

10月に入ったとはいえ、暖かい日も多い今年の秋。まだメルトン系や中綿入りのヘビーアウターには手が伸びないのがホンネのトコロ。今欲しいのは、軽く羽織れる薄手のナイロンコートなのではないでしょうか。
 
ナイロン素材のコートといったら、軽快にして色とりどりのスプリングコートを思い浮かべがち。すなわち春のイメージが強いですが、“ストリート”、“スポーティ”、“アウトドア”などのキーワードがトレンドのキモとなる昨今にあっては季節を問いません。秋も豊富に取り揃います。
 
では、今改めて買い足すべきナイロンコートといえば? 答えは、“ちょい大きめな膝丈”です。下半身から発生したワイドシルエットの波が、満を持して上モノにも派生。ゆえに今季は、ダウンショルダーなデザインか、もしくはそうでなければ通常よりもハーフからワンサイズアップを選ぶのがザックリと着こなすコツといえます。

さらに、そんなナイロンコートに、いま合わせたい小物といえば、トレンド真っ只中の「ネックウォレット」。スコンと抜けがちなロング丈コートの胸元には、間もたせにもうってつけなネックウォレットが好相性。とはいえナイロンコートにナイロンウォレットではカジュアルになりすぎるため、リッチに見映えるレザー製を選びたいところです。
PAGE 2

◆ サイベーシックス 

ふんわり広がるちょい大きめが狙い目

コート7万1000円/サイベーシックス(マスターピース ショールーム)、ネックウォレット1万3000円/コモノ(伊勢丹新宿店)、パーカー1万7000円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店)、パンツ2万9000円/アントレ アミ(インターブリッジ)、スニーカー3万3000円/アーバン サン(サイカ)
サイベーシックスの新作は、オーバーサイジングが違和感の無いラグランスリーブ。ポリエステルとナイロンをミックスしたオリジナルの高密度タフタ素材を製品染めしたシワ感が味わい深いステンカラーコートゆえ、上のようにパーカを合わせたスポーティなスタイリングはもちろんのことスーツに羽織ってもサマになります。

ネックウォレットがハマり役です

左:1万円/フィーコ(アジオカ)、中:1万9000円/マヌー(ロウライフ 代官山)、右:1万3000円/コモノ(伊勢丹新宿店)
前述したように、ナイロンコートにはリッチに見映えるレザー製を選ぶのがベスト。シックな色味同士でトーンを合わせるも良し、白やオレンジといった差し色を選んで着こなしのアクセントとするも良し。シチュエーションや気分によって、アクセサリー感覚で使い分けるのがオススメです。
PAGE 3

◆ ベルスタッフ×ソフネット 

4シーズン目のブラッシュアップ

8万3000円/ベルスタッフ×ソフネット(ベルスタッフ 銀座ストア)
英国の老舗バイカーブランド、ベルスタッフの2018AWコレクションテーマ“MADE IN UK”をソフの解釈でデザイン。長めの着丈、ボクシーなシルエットの背面裾に、白いペンキで引いたようなラインロゴをプラス。素材には軽量かつドライタッチなナイロンを使用。保湿性の高いタイガーカモライニングも好アクセントです。

◆ ザ・ノース・フェイス 

フードを外せばステンカラーに

2万2000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス スタンダード)
旅で重宝するジャーニーズシリーズから、スタッフサック無しで効率的にパッキングできるパッカブルコートをリコメンド。素材には製品洗いによるヴィンテージ加工を施した軽量ナイロンを使用。そもそもシワ感を持つ素材ゆえ、取り出してすぐでも風合いを損ねません。撥水性が高いため、フードを取り付ければ多少の雨もお手の物です。

◆ ウィルラウンンジ 

オンオフ問わず手ブラな諸兄に

2万3500円/ウィルラウンンジ(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)
ナノ・ユニバースが展開するウィルラウンジのステンカラーコート。短く取られたダブルジップや深めのセンターベントが生み出すスマートなAラインシルエットや、シワ感のあるメモリー素材が醸し出すこなれた雰囲気が見どころです。隠しポケットが豊富ゆえ、収納性も申し分ありません。
PAGE 4

◆ カズユキ クマガイ 

着方によって表情激変

7万8000円/カズユキ クマガイ(アタッチメント代官山本店)
立ちの良い大きめの襟とダブルの合わせで人気の「ハイカウント ラバークロス フード付きコート」が、秋冬仕様になって再登場。より動きやすいよう、袖をラグランスリーブに変更。内側にボタンでフードを取り付ければ、ボリューミーなフーデッドコートとしても着用可能。撥水機能を持つ3種混生地との相性も良好です。

◆ エストネーション  

極薄なのに通年使える理由とは!?

4万6000円/エストネーション(エストネーション)
エストネーション渾身のステンカラーコートは、イタリアが誇るリモンタ社と小松精練が仕上げたダブルネームのシャカシャカナイロン製。ライニングにはボタンで取りせるインナーダウンを内蔵。加えてフードも着脱できるため、季節や天候、着用シーンに応じた変幻自在な着回しが可能です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アジオカ 03-6861-3165
アタッチメント代官山本店 03-3770-5090
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
インターブリッジ 03-5776-5810
エストネーション 03-5159-7800
ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978
サイカ 0798-43-1883
ザ・ノース・フェイス スタンダード 03-5464-2831
トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 03-6418-5712
ナノ・ユニバース カスタマーサービス 0120-705-088
マスターピース ショールーム 03-5414-3385
ロウライフ 代官山 03-5428-5476

ナイロンコートが気になったら、こちらもおすすめ

大人のジージャンコーデ3選+3品。いま一番使えるアウターです
イマドキのGジャンはベロアにレザーと大人っぽくて艶っぽいのが当たり前

着こなしやすく高機能、大人のミリタリージャケット6選
男の定番アイテムミリタリージャケットを大人っぽく着るための選びとこなしをお教えします

オンオフ使える、今秋イチオシのジャケットはコレ!
スラックスにもデニムにも合わせやすい万能チェックジャケットを厳選。

【新作】大人の薄軽アウター5選。いまどきな気分はこの一着で!
フェンディ、ディオールなど、ラグジュアリーブランドのソフトで薄いレザージャケット

1枚あると超便利。この秋選ぶべきはこんなシャツ
今季注目のネルシャツは品よくまとめるのが大人流です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL