• TOP
  • HEALTH
  • LEON女性編集部員が語る、モテる男のヘアケア事情

2018.02.12

LEON女性編集部員が語る、モテる男のヘアケア事情

実は女性がよ〜く見ている男性の"アタマ事情"。これは髪型だけの問題ではありません! 4つのポイントを改善して、モテるアタマを作りましょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/前田 晃 文/井上真規子

2018年3月号より
「髪型で印象が変わる」というのはよくある話ですが、髪だけではなく頭皮を含めた"アタマ"をケアすると顔まで変わってくるんです。そして、普段の生活のふとした瞬間に女性は男性のアタマを実はチェックしていているんだとか(!) そこで、LEON女性編集部員4人に本音を聞いてみたところ、こんなことを思っているようですよ…。 
編集 K
勘違いしている男性が多いと思うんだけど、女性って男性の薄毛とか白髪って全然気にならないよね。

編集 N
そうそう、逆にオトコの色気を感じる。気にするところそこじゃない。

編集 C
年を取るほど大切なのは清潔感。不潔そうな人がモテるはずはないし。

編集 R
男性はオイリーな人が多いから、ベタつきがちだし、頭皮に詰まった汚れからの加齢臭も気になっちゃう。

編集 C
そういう人ってだいたい、顔もむくんでいたり、二重のくまができていたりして、お疲れ顔のイメージ。

編集 N
頭皮の調子が悪いと、顔にも悪影響が出てくるんだよね。

編集 R
言われてみれば、顔が健康的な人ってヘアスタイルもさわやかで清潔感がある人が多いかも。

編集C
あと髪の潤いも大事ですよね。サラサラヘアで輝いている髪はいい香りもしてきそう♥

編集 N
逆に乾燥してパサパサの髪はダラしなく見えちゃう。

編集 C
特に白髪の人は潤いが命! 潤った白髪は色っぽいけど、パサパサの白髪は老いを感じちゃうよね。 

編集 N
その人の年齢や雰囲気に合ったヘアスタイルかどうかも重要だよね。茶髪にしていたり、若者の間で流行っている髪型をそのまま真似しちゃってるオヤジは見ていられない!

編集 R
逆に頑なに髪型を変えない人もいるよね。そしてそういう人って自分でカットしていたりする。そこは、プロに任せようよっていう……。

編集 N
髪をちょっと切ってメンテするだけで、男性は本当に印象がガラッと変わってフレッシュになるよね。

編集 K
女性より髪が短いから、印象の変化が出やすいのかも。

編集 C
あぁ髪切りたくなってきた〜! 私も明日髪切りに行きます。

NEXT PAGE2/ 2

モテるアタマのポイントはコチラ

女性たちの観点から導き出されるのが、いわばモテるアタマの必須条件。そこをクリアするためには大きく分けて4つのポイントを改善すればいいのです!

Point 01 弱った髪質

毛髪が細くなる、艶コシの減少など、誰しもに起こる髪質の老化。慢性的な毛穴の汚れや新陳代謝の低下、頭皮環境の悪化を放置すれば髪が内部から弱り、最終的には薄毛の原因に。日々のケアの積み重ねで大きな差が出る部分ですがこれまでサボっていた人も、ヘッドスパやおウチメンテで頭皮を集中ケアすれば、弱った髪質も改善できるんです。

Point 02 皮膚のたるみ

顔のたるみは老化現象だからと諦めていませんか? ケアをサボった老化顔とハリのある大人顔はまったくの別物。実は皮一枚でつながった頭皮の硬化が顔のたるみの一因なんです。ヘッドスパや頭皮オイルを使った日々のマッサージで、弾力のある健康的な頭皮を手に入れることができれば、顔がリフトアップされて印象もぐっと引き締まり、モテに近づくこと間違いなし!

Pont 03 ヘアスタイル

毛量の変化や髪質の老化で、似合うヘアスタイルも年々変わるもの。気づいたら10年前と同じ髪型だった……なんて状態じゃ時代錯誤なおっさんでモテとはほど遠い状態に。旬に敏感なサロンやバーバーで時代や自分の年齢や髪質に合ったヘアスタイルを更新し続け、新鮮な印象をキープしましょう! まめにサロンに通って清潔感を保つのも大切なポイントです。

Point 04 頭皮環境

意外に怠りがちなのが頭皮のケア。日々の疲れで頭皮の下の薄い筋肉にコリやむくみが起こると、血行が悪化して頭皮が硬くなり、顔のたるみやシワ、頭痛、肩こりをも引き起こします。頭皮のツボや筋肉を徹底的にほぐして血行を促進すれば顔の印象はもちろんカラダの不調も改善。専門のヘッドスパやホームケアマシンを使って短時間でケアするのも有効です。
この4つのポイントはどれも、きちんとメインテナンスすれば即座に印象が激変し、清潔感や大人の色気が手に入るもの。まずは自分のアタマの悩みを知り、早速ケアを始めましょう!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事