• TOP
  • HEALTH
  • モテ肌になれる毛穴メンテ法、教えます!

2021.05.20

モテ肌になれる毛穴メンテ法、教えます!

見るからにベタついていたり、触るとザラッとしたり、黒ずみが目立ったり。そんな肌トラブルの原因は毛穴にあるのかも。ということで、つるつる肌も夢じゃない、正しい毛穴メンテ法をお届けします。

CATEGORIES :
CREDIT :

イラスト/伊藤健介 文/島田恵美

ベタつきを招いたり、詰まってザラつきをもたらしたり、毛穴は肌のトラブルメーカーですが、一方で毛穴から排出された皮脂は皮脂膜となって、肌を乾燥から守る役割を担っています。悪い面ばかりが注目されがちですが、肌を健やかに保つのに欠かせない存在でもあるんです。

つまり、毛穴は敵にあらず! たとえるなら厄介な上司や取引先と付き合うような心持ちで、キャラを理解し、上手に機嫌をとる。それが毛穴トラブル解決のポイントなわけです。

では具体的にどうしたらいいかというと、毛穴から分泌された皮脂を洗顔できちんと落とし、保湿ケアで肌の水分と油分のバランスを適切に保つ。奇をてらわず、基本のスキンケアを徹底することが第一歩!

それでザラつきが残るなら、角質ケアでさらなる磨きを。すでに洗顔や保湿を万全にしているなら、毛穴専用のスペシャルな美容液でお手入れの底上げを狙いましょう。

ここに毛穴ケアにオススメのアイテムをたっぷりとご紹介。取り入れれば、トラブルを巻き散らしていたやんちゃな毛穴もつるり。スキンシップしたくなるすべやかな肌になれちゃいますよ。
角栓毛穴、開き毛穴、産毛毛穴……自分の毛穴タイプを見極めるなら、「あなたの毛穴はどのタイプ?」もチェックしてみて。
PAGE 2

角栓毛穴&開き毛穴の必修メニュー 【1】

まずは基本の「洗顔+保湿」をしっかりと

男性はもともとの皮脂の多さに加え、スキンケアが不十分なことも多く、毛穴トラブルを深刻にしてしまいがち。まずは毎日の「洗顔+保湿」を抜かりなく行うことから始めましょう。

洗顔は、洗顔料を朝晩使い、しっかり泡立てて優しく洗うことが一番の要。肌をゴシゴシこするのは、摩擦で角質が厚くなって毛穴の開きに繋がるので禁物。摩擦リスクの高いスクラブ入りの洗顔料なども避けた方が賢明です。すみずみまで洗ったら、生え際やあご周りに泡を残さないようしっかりすすぎを。

保湿は、オールインワンのアイテムより、化粧水でまず水分を補い、油分を含む乳液やジェルなどでフタをするという二段構えで行うのがベスト。その日の肌の状態に合わせてお手入れの調節がきき、肌の水分・油分のバランスを適切にキープできます。

洗顔→化粧水→乳液の3ステップに初めて本気で取り組むなら、相乗効果を期待できるライン使いがオススメ。毛穴にいいと評判の2つのシリーズをご紹介します。

とにかくベタつくならクレイ配合の「ラボ シリーズ」!

ラボ シリーズの「オイル コントロール」シリーズは、クレイ成分配合で脂性肌にぴったり。洗顔料はマスクにもなる1本2役で、毛穴の集中ケアが可能。化粧水はコットンで使うタイプで、肌に水分を与えながらも皮脂や毛穴汚れを取り去り、さっぱりなめらかにしてくれます。ジェル状のモイスチャライザーは、さらりとした潤い感。香りも爽やかで汗ばむ季節も快適にケアできます。

テカリも乾燥もケアしたいなら「THREE」が狙い目

テカリも乾燥も気になる男性には、THREEの「フォー・メン ジェントリング」ラインが最適。洗顔料は濃密泡が皮脂や古い角質を吸い寄せるようにオフ。化粧水はヒゲ剃り後にも穏やかな使用感で、肌がしっとり。乳液は潤いを与えながらベタつきを抑え、肌を柔らかくスベスベにしてくれます。心の緊張をゆるめてくれるようなブレンド精油の香りも格別ですよ。
PAGE 3

角栓毛穴&開き毛穴の必修メニュー 【2】

手触りの悪い肌は「角質ケア」でもうひと磨き

「洗顔+保湿」の基本ケアを徹底しても、毛穴の詰まりや黒ずみ、肌のゴワつきになかなか変化が見られない時は、角質ケアで肌の代謝を促す作戦に出ましょう。

毎日の洗顔で落としきれずに蓄積した古い角質や頑固な角栓を、角質ケアコスメに含まれるAHA(フルーツ酸)などの成分がスムーズに除去してくれます。お手入れを習慣にすれば、毛穴だけでなく肌全体がなめらかに整ってきますよ。

ちなみに角質ケアには、毎日使用できる美容液タイプやふき取りタイプ、週1~2回スペシャルケアとして使用する洗い流しタイプなど、さまざまな種類があります。各タイプのアイテムを紹介するので、肌の状態や好み、生活習慣に合わせて、取り入れやすいものを選んでみてください。

塗るだけでつるつる肌! 「タカミ」の角質ケア美容水

▲ 「タカミスキンピール」(30ml)5280円/タカミ
洗顔後に塗るだけで洗い流しの要らないタカミの角質美容水は、今年で発売16年、累計販売740万本のロングセラーです。テクスチャーは水のようにさらっと軽く、どんな肌にも優しい使い心地で乱れた代謝を整えてくれます。毛穴の詰まりや黒ずみをはじめ、キメの乱れ、ゴワつきなど、幅広い悩みに◎。使い続けるほどに肌の手触りがつるりとしてきますよ。

ひと拭きでつるん! 「フイルナチュラント」のピーリング美容液

「フイルナチュラント クリア ソリューション n」(150ml)3850円/ドクターフィル コスメティクス
フイルナチュラントのピーリング美容液は、コットンにとってふき取ることで、洗顔では落としきれない古い角質を優しく取り除き、あとに使う化粧水のなじみを良くします。潤い補給も十分で、肌が柔らかく指がすべるようななめらかさに。毛穴のほか、乾燥くすみ、ゴワつき、マスク荒れに悩む人からも好評で、発売15周年目にして約78%というリピート率(※)を誇ります。
※公式通販での調査2019年4月~2021年1月(期間中2回以上購入した会員の割合)

自宅でプロ級の本格ピーリングができる「ナビジョン」

ナビジョンは1回使いきりのパウチタイプのピーリング。グリコール酸が配合されたクリームを顔に塗り、5分ほど置いて洗い流すとザラついていた肌が驚くほどつるつるに。週1~2回を習慣にすれば、毛穴はもちろん、ゴワつきやニキビも気にならない肌をキープできます。まれにピリピリ刺激を感じるケースもあるので、初回はパッチテストをしましょう。
PAGE 4

毛穴攻略のスペシャルメニュー 【1】

洗顔も保湿も万全なら「毛穴ケア美容液」で活入れを

男性のスキンケアが全般的にお粗末な傾向にあるとはいえ、実態は三者三様で、まさにピンキリ。洗顔も保湿もすでに毎日の習慣として当たり前にできている方もいるでしょう。そんな男性は、より毛穴にフォーカスしたスペシャルな美容液を取り入れることをオススメします。

化粧水や乳液とは一段違う、美容液ならではの濃厚な成分や最新の技術が採用されていて、毛穴や肌の質感にしっかりとした手応えを感じられますよ。特にスゴ腕と評判のアイテムをご紹介しましょう。

毛穴ケアの名手、「オバジ」の高濃度ビタミンC美容液

「オバジC25セラム NEO」(12ml)1万1000円/ロート製薬
毛穴の開きや黒ずみに万能な成分として人気のビタミンCを高濃度で配合したオバジの美容液。発売20周年の今年リニューアルした最新作は、ベース処方が一新して浸透速度がアップ。つけた途端にスッとなじみ、肌がキュッとキメ細かくなるような使い心地は、試せばきっとヤミツキに。毛穴のみならず、シミやシワにもアプローチしてくれる逸品です。

「アスタリフト」は弾ける泡ジェルで毛穴をキュッ!

アスタリフトの毛穴ケア美容液は、毛穴の開きに関わる‟立毛筋”の筋力低下に着目。弾ける泡で立毛筋をトレーニングして毛穴を引き締めるという新発想が話題ですが、難しい話はさておき、肌の上で泡がパチパチジュワ〜ッと弾ける感覚はクセになる楽しさ♪ 使用後はシャキッと締まったスベスベの肌に導いてくれます。たるみケアにもオススメですよ。
PAGE 5

毛穴攻略のスペシャルメニュー 【2】

日中気になる毛穴の凹凸は「補正アイテム」でカバー

朝のスキンケアをきちんと行っても、日中に皮脂が分泌されれば毛穴は開いて目立ちやすくなります。肌の自然な摂理にせよ、見た目がデコボコとして皮脂がテカテカに浮いた状態には何とか対処したいところ。そこで頼りになるのが、毛穴を瞬時になめらかに整えてくれる補正アイテムです。

メンズコスメブランドから出ている毛穴補正アイテムなら、皮脂が多い男性の肌を考えた処方で、毛穴の凹凸を整えながら、ベタつきやテカリも抑えてくれます。クリームとパウダーの2つのタイプから、好みに合わせて取り入れてみてください。

毛穴&テカリに速攻! 「プラウドメン」の固形クリーム

朝のスキンケアの最後に使うことでテカリが気になる肌をさらりとマットに整え、毛穴の凹凸を補正してくれるプラウドメンの「スキンマットメーカー」。固形のクリームには皮脂吸着パウダーが配合され、少量を肌に薄く伸ばすだけでOK。カラーレスでマスクに色移りもなく、清潔感のある肌をキープできます。オンライン会議前など日中にもオススメですよ。

「オンリーミネラル」の皮脂抑制パウダーで毛穴レス肌

オンリーミネラルのメンズライン「SENSE.ONLY MINERALS」のオイルコントロールパウダーは、女性がメイクに使うおしろいと違い、過剰な皮脂を制するのが目的。ミネラル成分のパウダーは驚くほどさらさらで、肌にのせると即座に皮脂のテカリや毛穴目立ちを抑えてくれます。単品使いはもちろん、BBクリームのあとにも◎。ヒゲ剃りで荒れた肌をいたわる植物成分も配合されています。
PAGE 6

産毛毛穴の根本解決メニュー

産毛で黒く目立つ毛穴は「レーザー脱毛」が正解!

産毛毛穴は、毛穴から生えている濃い産毛によって黒く見えている状態ですから、産毛を取り除かない限り解決はできません。ただ、見た目は酸化して黒ずんだ角栓毛穴とほぼ同じで、自分で見極めるのは困難。まずは、上で紹介した角栓毛穴にオススメのケアを実践し、それで改善しない場合に美容皮膚科の診察を受けるというステップを踏むのがいいでしょう。

産毛毛穴の治療に用いられるのは、レーザー脱毛が一般的です。照射すると、黒い色素に吸収されるレーザーが産毛の毛根を破壊して成長をストップさせてくれます。レーザーには肌のコラーゲンを増やす作用もあり、施術後は産毛がなくなるだけでなく、毛穴がキュッと引き締まってスベスベに。産毛毛穴はもちろん開き毛穴にもオススメの施術です。
▲タカミクリニックの「医療用レーザー脱毛」は、厚労省承認の機器を使った安全でスピーディな施術が好評。産毛毛穴が目立ちやすい鼻は1回1万60円、両頬は1回2万2000円。

美容皮膚科タカミクリニック

ニキビ・毛穴の悩みに対応したさまざまな美肌メニューがあり、肌の状態や要望に合わせてきめ細かい治療を受けられます。シミ・シワ・たるみなどのエイジング治療も充実し、肌に悩む人が駆けつける総合美容皮膚科。

住所/東京都港区南青山3-18-5 モンテプラザ2・3F
TEL/03-5414-6000(完全予約制、10:00~20:00受付)
https://takamiclinic.or.jp ※WEB予約あり(初診のみ)
診療時間/10:00~19:00(金のみ11:00~20:00) 木曜休診

※掲載商品はすべて税込み価格です

「大人な“いい顔”の作り方」特集をもっと見たい方へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        モテ肌になれる毛穴メンテ法、教えます! | ボディメンテ | LEON レオン オフィシャルWebサイト