• TOP
  • GOURMET
  • 今年の聖夜は、本格イタリア郷土料理とワインで乾杯❤︎

2018.12.21

vol.82「マジカメンテ」(恵比寿)

今年の聖夜は、本格イタリア郷土料理とワインで乾杯❤︎

みなさま、クリスマスのデート先は決まりましたか? まだの方は、イタリアの郷土料理とワインを堪能できる「マジカメンテ」で、彼女と一緒にほっこり特別なディナーなんて、いかがでしょう!?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/椙本裕子

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

イタリアの伝統的パスタを継承する
シェフの心意気も味わえる店

最寄りは恵比寿、広尾、白金高輪駅。とはいえ、どこから歩いても15分はかかるロケーションに、2018年2月、なぜイタリアンレストランの「マジカメンテ」は移転したのでしょう? 
「マジカメンテ」のシャビーシックな外観は、ミラノの郊外に出てきそうなお店の風情。
「僕のパスタを食べたい人なら遠くてもきっと来てくれるはず」。恵比寿駅近くの最高の立地を離れた理由には、オーナーシェフ佐藤崇行氏の信念がありました。

恵比寿駅前の時代は多様なお客さまに恵まれていたそうですが、佐藤シェフにとっては何かが違っていたのです。彼が目指すイタリア郷土料理を真に求めているお客さまは果たしてどれくらいいるのか、という疑問が、新たな挑戦心に火を付けました。
ちなみに、このエリアは私のバーと自宅の中間地点。つまり「マジカメンテ」はご近所です。ほんのたま〜に通りがかる時に素敵な外観が気になっていて、いつか紹介したいお店のリストに入れてありました。
インテリアは木を多く使った暖かな雰囲気。黄色のテーブルクロスもイタリアの田舎風でゆったりとリラックスできます。ふと店内を見渡すと、掌サイズのサンタクロースが棚に置かれていたり、ナチュラルなリースがさりげなく飾られていたり。あちらこちらに女性好みの可愛らしいあしらいを発見できます。
PAGE 2

24種類ものパスタから好みを選んで

「マジカメンテ」のお料理は、佐藤シェフがイタリアの田舎町を巡っていた時に出会ったイタリア人の魂でもある手打ちパスタと、小さな町や村で代々伝わってきた郷土料理で構成されています。しかもそれらは、現地で培われた門外不出のレシピだったり、継承者がいなくなりそうな手間のかかる手打ちパスタだったりします。“イタリアの片田舎にある小さな村まで行かないと食べられないような、本物の味を作り出す”。そんな佐藤シェフの強い気持ちが込められたメニューを、ぜひ味わってみてくださいね。
テーブルに付くと最初に運ばれてくるのがコチラのトレイ! その日にいただけるパスタが勢揃いです。見たこともないようなパスタも含めて、なんと約24種類も! サービスの方が丁寧に説明をしてくれますので、パスタの形状から選んでみても、お好みのソースに合わせて選んでもいいの。思わずスマホカメラを向けたくなる楽しい時間です。
PAGE 3

名物パスタと薪焼きメニューは外せません

では、代表的なメニューをご紹介しましょう。
「オンブリケッリ 森の幸 トリュフを削りかける現地の名物パスタ」は通常、コースに組まれます(単品の場合:1840円 ※入荷状況によりソース変更の場合あり)。秋・冬のみの限定品。
まずはウンブリア州オリヴィエートの名物、「オンブリケッリ」という手打ちパスタ。熟練の技がないと難しいこのパスタは、一本ずつ伸ばして作ります。うどんより少し固めの歯ごたえ。トリュフを削って香り高い一品よ。
「クルルジョニス バジリコ風味のトマトソース」(単品の場合:840円)
稲穂を型どったコロンと可愛い詰め物パスタは、「クルルジョニス」というサルデーニャ島の郷土料理です。中にはジャガイモと、サルデーニャ島原産の羊乳チーズ、ペコリーノ・サルドが入っています。ミントが香り立つバジリコ風味のトマトソースで召し上がれ。
短角牛ほか、牛肉の薪火焼きメニューは常にあり(単品の場合: 3400円)
手打ちパスタとともに、「マジカメンテ」の定番は、素材の旨味を引き出す薪火焼きメニュー。コチラは噛み応えの良いオリーブ牛イチボです。お皿もオリーブの木なのよ。オーブンで7時間ローストしてから薪焼きした八ヶ岳の無農薬ニンジンと日野菜カブもじっくり味わってね。クリスマスコースにも組まれる予定です。

200年続く名物パスタも継承していく意気込み

最初に出てくるパスタ・トレイの中でもひときわ気になったのが、この丸型パスタ。コチラはリグーリア州クロゼッティ、アペニン山脈の麓にある小さな町ヴァレーゼ・リーグレの「リストランテ・アミーチェ」で200年も続く名物パスタです。現在この木製スタンプ型を作れる職人は、ただ一人。なんとしても継承していく意気込みの佐藤氏です。

PAGE 4

12月22日から四日間限定の
クリスマスメニューを提供!

「マジカメンテ」は、実は2017年にイタリア半島の中部に位置するサンマリノ共和国大使よりイタリア料理のレストランの中から最も美味しいレストランの一つとして認定を受けているのよ。
 
そして今年は12月22日(土)から25日(火)までの四日間はクリスマスメニュー(ランチ5品:6800円、ディナー6品:1万2800円)になります。ディナーに限り、最寄り駅からのタクシー料金を領収書と引き換えにお会計からサービスしてくれますよ。

■ マジカメンテ

住所/東京都渋谷区恵比寿3-41-9
営業時間/ランチ12:00〜15:00(L.O.13:00 水・日曜・祝日のみ)、ディナー18:00〜22:30

定休/月曜

URL/https://www.magicamente2011.com

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-6450-2210
●席料/500円 ※税サ別

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL