• TOP
  • GOURMET
  • メン食い女子も大満足のこだわり冷やし麺はコレ!

2018.08.12

メン食い女子も大満足のこだわり冷やし麺はコレ!

夏場の冷麺といえば冷やし中華が定番ですが、デートの場面なら、ひねりを利かせたヒンヤリ麺で彼女を喜ばせたいもの。知る人ぞ知る素麺、韓国冷麺、カッペリーニをご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/甘利美緒 写真/椙本裕子、トヨダリョウ

もはや、お決まりの中華冷麺では飽き足りない! そんな舌の肥えた彼女を満足させる、ちょっぴり変わった冷やし麺をご紹介します。ひとひねり利いたスタイルは麺好きをも惹きつけること請け合いですよ。

■ 「あか坂 帰燕」の素麺

まさに反則技! 
名店渾身のスペシャル素麺

あか坂 帰燕
同店の冬の名物「からすみそば」にヒントを得てメニュー化された、知る人ぞ知る、夏限定の素麺。
まずご紹介したいのは、東京・赤坂の日本料理店「あか坂 帰燕」で、懐石料理の“御凌ぎ”として提供されている素麺。素麺はいわゆる大衆食ですが、同店は東京を代表する和食の名店「分とく山」の系列、なおかつミシュランガイドで一つ星を獲得しているだけあって、提供する素麺も一級品。なんと、フグの白子とからすみが贅沢にトッピングされているんです。
塩、酒、昆布出汁とともに低温で火を入れ、丁寧に裏ごしした白子は、ふんわりとしてなめらかな口あたり。よく吟味したという麺と、鰹だしが効いたつゆ、そして、コク豊かなカラスミとのハーモニーは、思わず頬がだらしなく緩んでしまうほど素晴らしく、お酒が進むこと請け合いです。
玄関前にたっぷりと打ち水をしたり、入り口でさりげなく香を焚いたり、帰り際にこちらが角を曲がりきるまで見送ってくれたりと、随所でおもてなしの心を感じさせてくれるのも同店の魅力。大切な彼女をエスコートする店としても申し分ないはずです。

■ あか坂 帰燕

住所/東京都港区赤坂2-18-8
営業時間/昼12:00~15:00(L.O.13:00)、夜18:00~23:00(L.O.21:00)
定休/日曜・祝日
 
※素麺は懐石料理の一品として8月末まで提供。昼懐石6300円~、夜懐石1万3500円~(税・サ別)。
 
URL/http://www.akasaka-kien.com/
予約・お問い合わせ/☎03-3505-0728

NEXT PAGE2/ 4

九条葱の柚子冷麺

■ 「焼肉芝浦 赤坂別邸」の冷麺

甘さっぱりのスープがクセになる!
こだわり焼肉店の〆麺

肉質のレベルの高さと、リーズナブルな価格設定で、同業者からも一目置かれる存在の一軒「焼肉芝浦」。素材そのものの持ち味を活かすために切り方や提供方法などにもこだわり、そのひたむきさはサイドメニューにも健在です。肉とウニとイクラの豪華競演を実現した「芝浦ごはん」や、その豪華版である「和牛の宝石箱」などをラインナップし、ラストまできっちり満足させてくれる一軒として好評を博しています。
帰燕
見た目にも涼しげな「九条葱の柚子冷麺」1000円
焼肉店における〆の定番に冷麺がありますが、「焼肉芝浦」の3号店にあたる「焼肉芝浦 赤坂別邸」で提供されている冷麺はユニーク。いわゆるオーソドックスな冷麺のほかに、九条ねぎをどっさりトッピングした「九条葱の柚子冷麺」が用意されています。見た目はシンプルですが、これが実にウマい。
聞けば、牛骨と鶏から出汁を取って仕上げたスープに、隠し味としてフルーツの甘みと酸味を活かしているそう。太麺との絡みもすこぶるよろしく、その“甘さっぱり”した味わいのおかげで、つるつるっと食べ進められます。食欲がないときにもオススメですよ。

■ 焼肉芝浦 赤坂別邸

住所/東京都港区赤坂3-12-13 AMUSE AKASAKA 2F
営業時間/17:00~24:00(L.O.23:00)
定休/日祝
 
※「九条葱の柚子冷麺」は通年提供。
 
URL/http://www.food-majority.co.jp/tenpo_maruni.html#c_top
 
予約・お問い合わせ/☎03-6426-5029

NEXT PAGE3/ 4

女性ウケを狙うなら桃のカッペリーニ

■「レゾナンス」の桃のカッペリーニ

フレッシュな桃のエキスが凝縮! 
女性ウケが期待できる冷製パスタ

レゾナンス
夏の定番メニューとして人気を集めている「桃のカッペリーニ」1600円
いまや冷製パスタはすっかり市民権を得た感がありますが、女性ウケを狙うなら桃のカッペリーニがオススメ。特に、東京・丸の内の「レゾナンス」にて夏季限定で提供されるものは桃感が満点。桃をトッピングに使うだけでなく、パスタのトマトソースにも桃のピューレを忍ばせているのです。
しかも、この桃の質がすばらしい。“日本一おいしい桃の里”として知られる山梨県笛吹市一宮の生産農家「宝桃園」から、カッペリーニに合うように、熟した風味が強いにもかかわらず、実の締まった選りすぐりの桃を特別に仕入れているそう。仕上げに添えられた生ハムとミントが、旨みと爽やかさをプラスし、なんとも味わい深い一品に仕上がっています。
手前はシャトージュン「甲州 2016」ボトル4800円。奥はフランス・サヴォア地方のロゼ・スパークリング「アラン・ルナルダ・ファシュ ヴァン・ド・ビュジェイ セルドン」グラス1200円(ともに税・サ別)。
オーダーする時は、ぜひ一緒に、きりっと冷えたワインをどうぞ。山梨つながりでシャトージュンの白ワイン「甲州」をチョイスするのも粋ですし、鮮やかなピンク色が魅力のロゼ・スパークリング「アラン・ルナルダ・ファシュ ヴァン・ド・ビュジェイ セルドン」で女ゴコロをつかむのも手。ガメイ85%を用いた後者はデザートに合わせるのが一般的ですが、ベリーのニュアンスが「桃のカッペリーニ」ともよく合います。

NEXT PAGE4/ 4

冷たい桃デザートもどうぞ

大人のひんやり桃デザートも提供中

「こだわり桃のヴェリーヌ」980円
桃好きの彼女にはこのヴェリーヌを勧めては?  桃のグラニテ、フレッシュな桃、白ワインのゼリー、ヴェルヴェーヌで香り付けした桃のエスプーマに、ホワイトチョコレートと赤桃のソースでアクセントを付けたコチラは、見た目の印象ほど甘すぎず、最後まで飽きずに楽しめます。「桃のカッペリーニ」と同じく8月末までのメニューゆえ、ぜひ早めにお試しを!

■ レゾナンス

住所/東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA 2F
営業時間/ランチ11:30~14:00、カフェ14:00~17:00、ディナー17:00~23:30(土日・祝日~22:00)
 
※「桃のカッペリーニ」はランチのみで、「こだわり桃のヴェリーヌ」は通しで提供。いずれも8月末まで。
 
URL/http://www.resonance.ne.jp/
 
予約・お問い合わせ/☎03-3215-7707

冷たくて美味しいもの、まだまだあります!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事