• TOP
  • GOURMET
  • 極甘師匠・友吉鶴心のあんこLOVE【4】「花より団子」

2018.04.01

極甘師匠・友吉鶴心のあんこLOVE【4】「花より団子」

甘党男子を代表する友吉鶴心さん(琵琶奏者)の極甘なセトリを公開する第4回目にして最終回は、春ならではの「花より団子」。老舗から街の餅菓子店まで、手軽だけれど奥が深い、団子の世界へようこそ! 

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/松井康一郎

さあ、あんこで産湯を使って育った(笑)友吉鶴心さんの激甘なセトリをご紹介する「友吉鶴心さんのあんこLOVE」第4回。豆大福の第1回羊羹の第2回上生菓子の第3回に続く最終回は、おなじみの「団子」。「団子3兄弟」はこどもに人気だし、コンビニでも売っているし、私たちには大変身近なお菓子のひとつです。はてさて、友吉師匠のセレクトは……

◆ 桃太郎(東京・浅草)

「三角形のあんこがここだけの魅力」

「桃太郎」の団子1本120円。
「桃太郎」の団子1本120円。
浅草生まれ・育ちの友吉師匠にとっては、こどもの頃から慣れ親しんだ「桃太郎」の餅菓子。なにげない店構えですが、明治4年創業で156年目を迎えるという老舗です。
こちらの団子は「あんこが三角形についてるの。それがおいしいんだよね」と友吉師匠は言いますが、丸い団子にあんこが三角とは……よくわからなかったので、師匠とともに製造過程を見学させてもらいました。
つきたてのお餅にご主人が1本づつ愛情をもってあんこをつける団子は、サラリとした舌触りのこしあんが、うるち米100%の団子とあいまって、さっぱりとした甘さ。これなら何本でもいけそうです。ちなみにこちらには、生醤油をつけ焼きにした「焼き団子」(1本120円)もあり、甘→辛→甘→辛の無限ループに陥りそうです。ダイエット中の方はご用心。
5代目ご主人と友吉鶴心さん。
5代目ご主人と友吉鶴心さん。

◆ 桃太郎

住所/東京都台東区西浅草2-13-10
問い合わせ/☎03-3841-1287
営業時間/9:30~18:30頃(売り切れ次第終了)
定休日/不定休

NEXT PAGE2/ 2

まだまだある、歴史と伝統のある団子の名品

友吉鶴心師匠の「花より団子」なセトリはまだまだ続きます。

◆ 言問団子(東京・向島)

「東京土産の大定番」

言問団子6個630円~(税込)
言問団子3個630円~(税込)
「名にし負わばいざ言問わむ都鳥 我が思ふ人はありやなしやと」
京都から東国に下った在原業平が都を思い詠んだ歌にちなんで名づけられた言問団子。串に刺さない3つの団子は、米の粉を餅状にした団子の中に小豆餡を入れたもの、白餡を入れたもの、白玉団子にクチナシで黄色に色付け、中にみそ餡を入れたものの3種類です。
「甘い団子とみそ餡のバランスがよくて。昔から変わらない、安心できる美味しさ」(友吉さん)

◆ 言問団子

住所/東京都墨田区向島5-5-22
お問い合わせ/☎03-3622-0081
営業時間/9:00~18:00
定休日/火曜

◆ 鶴屋八幡(大阪・今橋)

「春らしい三色団子がかわいらしい」

鶴屋八幡の花見団子XXX円(税込)
鶴屋八幡の「みたらし」1本432円(税込)
中によもぎ入りのウイロウを入れ、薄紅・青・黒の餡で包み仕立てた鶴屋八幡製の花見団子「みたらし」。花見団子といえばこの三色が定番なのだそうです。「お重いっぱいに詰めて春を満喫したいですね」(友吉さん)

◆ 鶴屋八幡 大阪本店

住所/大阪市中央区今橋4-4-9
お問い合わせ/☎06-6203-7281
営業時間/8:30~19:00 、土・日・祝 8:30~17:00
定休日/不定休

● 友吉鶴心(ともよしかくしん)/ 薩摩琵琶奏者

1965年、東京・浅草生まれ。飲食店を営む両親のもと、おいしいものばかり食べて育つ。日本大学芸術学部で日本中世の芸能を学びながら、山口速水・友吉鶴心両祖父の偉業である薩摩琵琶の発展を志し、鶴田錦史に師事。「聖飢魔II」とのジョイント活動や、ファッションイベントなどでも多数演奏。台東区アートアドバイザー。
http://www.biwagaku.com/

友吉師匠の和菓子リストが気になる方は、こちらもどうぞ。

極甘師匠・友吉鶴心のあんこLOVE【1】「原宿・瑞穂の大福は日本一」
庶民的な豆大福。毎日数時間で売り切れてしまう「瑞穂」(東京・原宿)のおいしさの秘密に迫ります。

極甘師匠・友吉鶴心のあんこLOVE【2】「羊羹&錦玉羹」
手土産の王様「羊羹」と涼やかな初夏のお菓子「錦玉」。世界で愛される「虎屋」の羊かん。

極甘師匠・友吉鶴心のあんこLOVE【3】「上生菓子」
四季の色とりどりな上生菓子。茶事に使われることもあり、格式たかい印象ですが、意外なお持ち帰りの方法があるようです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事