• TOP
  • GOURMET
  • この夏、絶対に外さない冷やし中華4選 【後編】

2020.08.09

この夏、絶対に外さない冷やし中華4選 【後編】

夏といえば、冷やし中華! 定番人気メニューだけに、今年は個性派が優勢の模様です。なかでもホテルが提供する冷やし中華は、惜しげもなく高級食材が使われていたり、一食の価値があるものが勢揃い。ぜひデートでお召し上がりください!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/長谷川あや

毎年蒸し暑くなると無性に食べたくなるのが、ツルッとのど越しのいい冷やし中華。今年は、街の中華屋さんよりもホテルの中国料理店のソレが、個性派揃いで注目を浴びています。高級食材が惜しげもなく使われていたり、女性が気になる美容にこだわっていたりと、各レストランのシェフ渾身の“イケ麺”ばかり。

そんなわけで、自信をもってオススメしたいホテル麺を【前編】【後編】にてお届けします!

■ ホテルニューオータニ/「ふかひれあんかけJシリアル豆乳冷麺」「ブラック冷やし担々麺」

体の喜ぶ声が聞こえてきそう!
豪華かつ栄養価たっぷりのヘルシー麺

「ホテルニューオータニ」創業の1964年以来、多くの人々に愛されてきた本格上海料理店「大観苑」。ホテル16階にあるレストランからは同ホテルが誇る1万坪の日本庭園が一望でき、景観も見事です。
▲ 「ふかひれあんかけJシリアル豆乳冷麺」6000円(税・サ別)
そして「大観苑」のスペシャリテといえば、ふかひれ。これを目当てに足繁く通う美食家は後を絶ちません。そのふかひれを贅沢に使用した冷たい麺「ふかひれあんかけJシリアル豆乳冷麺」が、期間限定で登場しているのをご存知でしょうか?
PAGE 2
目視だけで、餡のぷるぷる感は伝わってきましたが、お箸を入れてみると、そのぷるぷるっぷりには感動を覚えます。そして、口にした瞬間……その劇的な美味しさに、思わず笑みが! ふかひれだけでなく、上海蟹、ズワイ蟹も使われた餡はとても滋味深いうえにピリ辛で、たっぷりの量ながらスイスイと胃袋に吸い込まれていきます。
富士酢で味変するのも一興。酸味、そして、潮の香りが際立ちます。ベースとなるのはもともとヴィーガン用に作ったという野菜スープ。白菜、大根、干しシイタケ、大豆もやし、こんぶ、なつめなどを5時間かけて仕込み、ここに豆乳を投入したそうです。麺は、ホテルが独自にブレンドした、岩手県産の八穀米“Jシリアル”を練り込んだ自家製麺。餡との絡まり方も絶妙です!
 
6000円と値は張りますが、コラーゲンたっぷりのふかひれに、ヘルシーで美味しい八穀米を練り込んだ麺には、お連れの女性も大満足なこと間違いなし。ぜひご賞味ください!
PAGE 3

ガツンとくるブラックスープと山椒、
魚介の高級食材が三位一体に!

▲ 「ブラック冷やし担々麺」4000円(税・サ別)
山椒のアクセントが爽やかな「ブラック冷やし担々麺」もなかなかの逸品です。黒ゴマをベースにした濃厚なブラックスープが、山椒が加わることですっきりとした味わいに。ショウガもいい具合に効いています。担々麺というと肉のそぼろをイメージしますが、こちらは魚介がアクセントになっているのが特徴的。ピリッとした辛さが食欲をそそる牛ロース、エゾアワビ、タイラギ貝、むし鶏、エビなどの高級食材たちが華やかに並んでいます。ライムを絞ると、爽やかさはさらなる高みへ!
2品とも、眩いばかりの高級食材、栄養価の高い食材が揃い踏みで、食べてからしばらく幸福感が続きました。体にじんわりとエネルギーが湧いてくるのを実感します。デートでたっぷりと堪能するのはもちろんのこと、自分へのご褒美にもどうぞ。

■ 「ふかひれあんかけJシリアル豆乳冷麺」「ブラック冷やし担々麺」

期間/提供中~2020年8月31日(月)
場所/中国料理「大観苑」
住所/東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン 16F
提供時間/ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)
 
HP/https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/taikanen/
 
予約・問い合わせ/☎ 03-3238-0030

PAGE 4

■ ホテル雅叙園東京/「トマト冷麺」「冷やし豆乳坦々麺」

悠久の歴史を感じるアートな個室で
個性派“イケ麺”にギャップ萌え

8月末まで全館をあげて「涼麺 ~夏のヌードルフェスタ~」を開催中の「ホテル雅叙園東京」。メインダイニングの中国料理「旬遊紀」では、これまた女ゴコロをくすぐるイケ麺が登場しています。
▲ 「トマト冷麺」1800円(税・サ別)
まずご紹介したいのが「トマト冷麺」。ネーミングだけでも女性ウケしそうなコチラ、トマトを練りこんだ細麺の酸味と、トッピングされたアメーラトマトの甘みのせめぎ合いが絶妙です。脇役のバジルやゴーヤも良いアクセントなのですが、その爽やかな見た目に反し、なかなかパンチが効いているのも魅力でして。
実はオリーブオイルと生ニンニクが使われており、食べ進めていくにつれて個性が花開いていきます。シャンパン、紹興酒、中国茶などなど、どんなドリンクにも合いそうな懐の深さもいい感じです。
PAGE 5

上質な和牛ロースが鎮座する!
和風テイストの個性派担々麺

▲ 「冷やし豆乳坦々麺」2200円(税・サ別)
そして「冷やし豆乳坦々麺」も、そのルックスからは想像できませんでしたが、食してみると、意外にも和テイストなイケ麺でした。こちら、モロヘイヤを練りこんだ麺の上に、フルーツトマトと冬瓜、新生姜とミョウガの甘酢漬け、さらには、和牛ロースがドンと載っています。ひと口で上質だと分かるロース肉は、甘酢が染み込んだ野菜や豆乳の坦々ソースと見事に調和。エレガントでありながらも艶っぽい世界観を作り上げていました。
そうそう、デートで中国料理「旬遊紀」を利用するなら、おすすめは個室です。旧目黒雅叙園から移築、復元した個室「玉城の間」は、美人画の大家・益田玉城が、妻をモデルに描いたという壁画「美人花笠踊の図」が美しく妖艶な雰囲気を醸し出しています。最近になって、日本の近代建築の父とも言われるジョサイア・コンドルの設計であることがわかったそう。

昭和初期に作られて、現存するなかで最古と言われる“らでん細工の円卓(回転テーブル)”も今なお現役で活躍中です。時代を感じる円卓を囲み、しっぽりと大人の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。この日常から隔絶された感、近場の海外でもなかなか感じられないレベル! 知的な彼女にこそ、喜んでもらえるはずです。

■ 「トマト冷麺」「冷やし豆乳坦々麺」

期間/提供中~2020年8月31日(月)
場所/中国料理「旬遊紀」
住所/東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京 1F
営業時間/平日ランチ11:30~16:00/ディナー17:30~21:30(L.O.)、土・日曜、祝日ランチ11:30~16:00/ディナー16:00~21:30(L.O.)
 
URL/http://www.hotelgajoen-tokyo.com/
 
予約・問い合わせ/☎ 050-3188-7570(レストラン総合案内/10:00〜19:00)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        この夏、絶対に外さない冷やし中華4選 【後編】 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト