• TOP
  • GOURMET
  • いまイタリアンは“魚介専門”がモテるんです!

2019.12.27

vol.120 「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」

いまイタリアンは“魚介専門”がモテるんです!

食事デートでイタリアンは鉄板のジャンル。都内にお店は星の数ほどひしめき合っているぶん、何か傑出していないとグルメな彼女を喜ばすことはできません。その点、北参道の「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」は“魚介専門”のイタリアン。フレッシュな海の幸を使った豊富なメニューで、デートの成功をお約束します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和洋

本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

フレッシュな魚介のディスプレイから
好みを選び、調理法まで相談できる

個人的に注目している“北参道”エリア。信頼できる食友達に推薦された一軒がコチラ、この地区の人気レストラン「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」です。イタリア、サルデーニャ地方の方言で“雲丹”を意味する店名が表すように、魚介専門のイタリアンレストランなの。都内にイタリアンは星の数ほど存在しますが、意外にも“魚介専門”というのは珍しいみたい。
南イタリアの店をイメージしたという内装は、ウッディな壁面や家具が特徴的。マリンランプや魚介をモチーフにした装飾も、非日常的な空気をつくり出しています。
会食などにぴったりな個室も。
黄色いペ―パーマットなど、全体的に暖色系のあしらいがアットホームな雰囲気。本格的なシーフードが食べられるとあって、45席もある広い店内はいつも賑わっているの。
PAGE 2
そしてこの店の一番の特徴は、フレッシュな魚介のディスプレイコーナー。日によって入れ替わる魚介を吟味して、オーダーする方式なのです。テーブルに案内されたら、次にこのコーナーへ来て、「どれを食べたい?」なんて彼女と相談しながら、調理方法も指定できるのもうれしい。魚介に詳しくなくても大丈夫。スタッフが色々とアドバイスしてくれるからご安心を!
「カルパッチョ」 2650円
参考までに、おすすめメニューをご紹介しますね。新鮮なお魚を味わいたかったら、まずは「カルパッチョ」!  取材時は千葉県のキンメダイ、三重県のカワハギやサワラ、兵庫県の真鯛とアオリイカの盛り合わせでした。上には自家製のカラスミが載っています。
「ウニのスパゲッティ」 3900円
スパゲッティもバリエーション豊富ですが、やっぱりウニ!ですよね。こちら、函館のバフンウニです。少しだけクリームを足したオーリブオイルで、シンプルにウニを堪能して。
「ズッパーデペッシュ」8840円(※写真は二人前)
そして、豪快な煮込み料理「ズッパーデペッシュ」! 赤海老、ヤリイカ、三重のヒオウギ貝、白貝、ハマグリ、アサリ、フランスのモンサンミッシェルから届いたムール貝などをトマトと一緒にじっくりと煮込んでいます。
PAGE 3
ワインももちろん、イタリア産。左からサルデーニャの赤「イル・アルジオラス」。白はシチリアの「ダマリーノ」。珊瑚のラベルが可愛いボトルはプーリアのロゼです。「aka=赤」。沖縄の赤珊瑚をイメージしているのですって。
広い店内はどこに座ろうか迷ってしまうかもしれないけれど、デートで使うならやっぱり壁際の落ち着くテーブルがおすすめ。ワイワイガヤガヤとした活気ある雰囲気を味わいながら、ディナーを楽しんでね。

「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」には常時、20〜30種類の魚介類があるから、デートの時、魚の名前に詳しいとモテること確実よ(笑)。

■ ボガマリ・クチーナ・マリナーラ

住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-7-5 
営業時間/ランチ11:30〜15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00〜24:00(L.O.22:00)
定休/日曜

HP/https://www.figo-ingordo.jp/bogamari

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-6721-1858

※価格は税抜き表示です

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2019年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が12周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        いまイタリアンは“魚介専門”がモテるんです! | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト