• TOP
  • GOURMET
  • 世界No.1バーテンダーが案内する、いま最もシゲキ的なバー3選

2019.10.27

ヒラケゴマ! 禁酒法時代の合言葉がトビラを開く⁉ 

世界No.1バーテンダーが案内する、いま最もシゲキ的なバー3選

23歳で渡米後、下積みを経てカクテルコンペに優勝。見事世界No.1のバーテンダーに輝いた後閑信吾さんを知る、刺激的な酒場3軒をご案内。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山都 写真/菅野祐二、吉澤健太(日登美)

Speak Low、Speak Easyという言葉をご存知だろうか? ジャズのスタンダードだろって? まあ、それも正解なのだけれど、今回は音楽ではなくお酒のお話。

これは1920年代、アメリカで禁酒法が施行されていたころ、密造酒が手に入る、飲める場所として隠語のように使われていた言葉のこと。「ひそひそ話」「こっそり注文する」「静かだからおしゃべりしやすい」など、その語源には諸説あるものの、お酒がおおっぴらに飲めなかった時代の“ちょい不良(ワル)”オヤジたちの溜まり場・隠れ家であったことは間違いないだろう。

時は下って2010年代、この隠れ家的なコンセプトに注目したバーがイギリスやアメリカで登場しはじめた。その中でも話題となったのは2016年に「Asia’s 50 Best Bars」で2位に輝いた、その名も「Speak Low」(上海)。「そのすごさは行けばわかるからとにかく行ってこい」と酒好きな仲間に勧められ、住所をたよりに行ってみたのだけれど……。
バー用品の店「OCHO」。その奥に……。
あれ~、住所は確かにここなんだけどなぁ。たどりついたのは、小さなバー用品店。シェイカーやグラスなど、それっぽいものは置いてあるものの、カウンターもなければ酒瓶も見当たらない。そこでひとりで店番していた青年に訊いてみた。

私「あの~、Speak Lowってバーがあるって聞いたのだけど」
彼「……」
私(どうしよう、Speak Lowだからもっと小声で訊かなくちゃダメなのかな)
彼「You can find it by yourself」

文字にすれば冷たい印象だけれど、瞳は笑っていて感じはよかった。よく見るとその視線は店の奥の本棚に向けられている。
本棚の奥に部屋が……まるでアンネの隠れ家のようだ。
え、これ? まさかこれがトビラ⁉ 半信半疑ながら、この棚を横にスライド(けっこう重い)してみると……開いた! 今までまったく聞こえなかった人々の喧騒がワンワンと響いてきて、細い通路の奥にどうやら暗い階段がある様子。ここ「Speak Low」は3階までの細長いビルを丸々バーにした、最高に面白い場所なのだった。
PAGE 2
人をかきわけ、かきわけ、ようやく1杯のカクテルをオーダー。
激込みのフロアでどうにかカウンターまでたどりつき、ネグローニをベースにアレンジした「neg烏龍ni」をオーダー。ウーロン茶をX#&Y$した(よく聞き取れなかった)カクテルはおいしかった! そしてその英語の大変流暢なバーテンダーさんがそのあと、聞き逃せないことを教えてくれた!

「Our boss is Japanese. You know him? Shingo Gokan」

なんと! こんな魅力的なバーのオーナーバーテンダーが日本の方だとは! 道理でメニューに日本の食材を使ったカクテルが多いはず。いったいどんな人なんだろうと気になった。
PAGE 3
渋谷「The SG Club」にて後閑信吾さん。
そこからしばらく時間が経ちまして……昨年、渋谷に面白いバーがオープンしたと聞き、その店名が「The SG Club」だと聞いたとき、ピンと来た!
SG……Shingo Gokanなんじゃないの⁉と。

その人、後閑信吾さんは若干22歳でNYへ渡り、バーでの修業を経て「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」で優勝を果たしたことをきっかけに、世界のさまざまなバーでゲストバーテンダーとして活躍。上海でバーを2店舗大ヒットさせ、昨年ついに凱旋帰国したというわけ。
1860年にアメリカに派遣された「万延元年遣米使節団」のサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……? というユニークなコンセプトをもつThe SG Club。“ごくごく飲む”という意味の「Guzzle(ガズル)」と名づけられた1階と、”ちびちび飲む”「Sip(シップ)」の地下1階、そして会員制シガーバーである「Savor」の2階という3フロアの構成。
後閑信吾さんを一躍世界的なバーテンダーとして知らしめたカクテル「Speak Low」。
NYで修業していた後閑さんは、日本の良さを世界で広めたいと茶道も稽古。茶筅でたてた抹茶をラム、シェリーでシェイクしたカクテル「Speak Low」は2012年「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」で優勝した思い出の一杯だ。

現在はNYと東京を行ったり来たりする日々。来年にはNYで新店をオープンするプロジェクトもあるそうで、現在乗りに乗った後閑さんに、東京で好きなバーはどこかと聞いてみた。
PAGE 4
後閑信吾さんが好きな「スナック日登美」。看板は2年前から出していない。
まるで上海の「Speak Low」のような? 隠れ家感にあふれた「スナック日登美」が後閑信吾さんが愛する場所。銀座で2年、新宿で6年、そして中野で40年(!)バーテンダー一筋の坂本憲三さん(73歳)がカウンターを守るオーセンティックなバーだ。でも、味のある……というか、歴史を感じさせる店内。
カウンター8席のみ。トイレは共同だが、3軒長屋に1軒だけ入っているので、占有状態。
坂本さんが手書きしているジュークボックス。この日はたまたま故障中だったが、まだまだ現役。
そして、この隠れ家感だけがこのバー(スナックという名称だけど)の魅力ではない。こちらの真骨頂は、後閑さんも認める坂本さんのカクテル。そして軽妙なトークや、ときに披露してくれるプロ級の腕前のマジック。「バーは本来楽しむ場所。もっと敷居が低くてもいいはず」という後閑さんの考えはこの場所で培われたのかと納得できる、日本の「Speak Low」だ。
オリジナルカクテル「万葉」800円。

Speak Low 彼楼

住所/上海市復興中路579号
問い合わせ/021-6416-0133
営業時間/18:00~翌1:30(土日~翌2:30)
不定休

The SG Club.

住所/東京都渋谷区神南1-7-8
予約・問い合わせ/☎03-6427-0204
営業時間/Guzzle12:00〜翌2:00(月~木、日) 12:00〜翌3:00(金、土)
Sip18:00〜翌2:00(月~木、日) 18:00〜翌3:00(金、土)  
不定休

スナック日登美

住所/東京都中野区上高田4-16-2
予約・問い合わせ/☎ 03-3388-1690
営業時間/月~木20:00~翌2:00、金・土20:00~翌4:00
日曜休

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
世界No.1バーテンダーが案内する、いま最もシゲキ的なバー3選 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト