• TOP
  • GOURMET
  • この春トビラを叩く、おすすめのバー10軒

2019.04.05

この春トビラを叩く、おすすめのバー10軒

ちょいワルオヤジたるもの、行きつけのバーの1軒や2軒持っていてほしい。え、「初めての店って入りにくい」ですと? まもなく開催の「東京カクテル7デイズ 2019」をうまく活用して、アドレスを増やすべし!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都

毎回、旬のレストランや話題の新店をご紹介していく連載「美食のネタ帖」。「なんか面白い店ないかなぁ」「最近どこか行った?」と聞かれることが多いLEON.JP食いしん坊担当がガチでおすすめなお店やネタを紹介いたします。

その、第14回のお題はバー。突然ですが、あなたの行きつけのバーはいくつありますか?
LEON.JPの読者たるもの、新宿、渋谷、銀座、恵比寿など主要なエリアに1軒ずつは“勝手知ったるオレの店”を持っておきたいものです。さもないと、ここぞという時に「あれ? トイレどっちだっけ?」「このお店のおすすめって何だっけ?」「シガーありましたっけ?」など、まごまごする姿を大切なパートナーに見られる、のはちょっと恥ずかしいですもんね。

とはいえ、よく知らないバーのトビラは開けにくいのも事実。店の内部はよく見えないし、チャージがいくらなのか、フードメニューがどれほど充実しているのか、よくわからない……そんなときは、この4月に行われるカクテルの一大フェス『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019(東京カクテル 7 デイズ 2019)』に乗じて、都内のバー&カクテルシーンを一挙にお勉強いたしましょう。
このカクテルの祭典、メイン会場となる東京・青山の国連大学中庭広場では、過去最多の9ブランドがポップアップバーを展開するため、カクテルパスポートを 購入した参加者は、無料でカクテルテイスティングやお酒のセミナーが楽しめます。

また 4月20日(土)から 29日(月・祝)の 10日間は、今年のテーマ「ジャポニカ」に合わせ、日本の素材や要素 を取り入れたオリジナルカクテルが、参加のバー63店舗で楽しめるというもの。カクテルパスポートを持参している、というだけで、初めてのお店でもなぜか堂々とふるまえるのは不思議なものですね。この参加店舗全63店は日本でもトップクラスのバーばかりですが、そのリストより、私が行ったことのあるおすすめのバー5軒、そして行ったことはないけど今回ぜひハシゴしたいと思っているおすすめの5軒をご紹介してまいりましょう。
PAGE 2

[既訪]おすすめ5軒

THE SG CLUB(渋谷)

THE SG CLUB東京都渋谷区神南1-7-8 TEL/ 03-6427-0204 *※東京カクテル7デイズのメニューは1F Guzzleのみとなります。
世界的なバーテンダー、後閑信吾さんによるバー「THE SG CLUB」は日本のバーシーンに大きな転換点を与えたお店。1階の昼から飲める「GUZZLE」、地階はゆっくりと飲む「SIP」、そしてこのほどオープンした2階はシガーバーになるという多層展開も楽しい。

BAR BENFIDDICH(新宿)

世界最高のバー50に毎年ランクインするなど常に注目を浴びており、薬草酒のコレクターとしても名高いバーテンダー鹿山博康さんのお店。鹿山さんのカクテルを楽しみに世界からファンがやってきます。

BAR 石の華(渋谷)

渋谷駅から六本木通りを進むこと5分。「こんなところに?」と大通り沿いのドアを開ければ、中は予想外に落ち着く空間。旬のフルーツを使ったカクテルに定評のある石垣忍さんは唐沢寿明さん似のオーナーバーテンダーです。
PAGE 3

BAR TRENCH (恵比寿)

BAR TRENCHのカクテル「リネン・オールドファッションド」東京都渋谷区恵比寿西1-5-8 DISビル TEL/03-3780-5291
恵比寿駅からほど近い裏道沿いですが、いつも混んでいるのですぐわかるはず。シャルトリューズなどの薬草酒やアブサンを使用したカクテルが充実。おしゃれなバーテンダーさんと、天井まで埋め尽くされた本棚の雰囲気で日本にいることを忘れます。

ザ・リッツ・カールトン東京 「ザ・バー」(六本木)

「ザ・バー」のカクテル「サクラディピティ」。
ザ・バー東京都港区赤坂9-7-1 Tokyo Midtown ザ・リッツ・カールトン東京 TEL/03-3423-8000  *東京カクテル7デイズのカクテル提供時間は17:00 ~ 19:00です。
なんのかんの言ってホテルのバーが大好きです。サービスも、眺望も、そして時折流れるJAZZの生演奏も、もちろんカクテルもすばらしいから。
PAGE 4

[未訪]今年行きたい5軒

ミクソロジー ラボラトリー(八重洲)

ミクソロジー ラボラトリーのカクテル「ゴールデンボーイ」
ミクソロジー ラボラトリー東京都中央区八重洲1-6-1 第三パークビル3F TEL/03-6262-3946
世界的なカクテルトレンドである「ミクソロジー」を追及する同店は、店名通り研究用の蒸留器、-196度の液体窒素を発するマシン、スモークガンなど最新機器をそろえるまさにラボ。早く行ってみたい~。

WATERSHED(赤坂)

WATERSHEDのカクテル「博多美人」東京都港区赤坂6-4-20 赤坂ヴィラージュ201 TEL/6441-0699
先日、赤坂にオープンしたばかりのカクテルペアリングの紹介制フレンチ(後日本欄にてご紹介予定)で「この辺りにどこかいいお店ないスか?」と聞いたところ、「ここすごくいいですよ!」と紹介してもらったバー。すぐ行かなくちゃ!

TRUNK BAR(渋谷)

カクテル「シークレット・イン・トランク」
2017年にオープンしたTRUNK(HOTEL)。連日インスタをにぎわすトレンディな場所でありながら、なぜか行きそびれちゃってました。いえね、発表会やパーティでは伺ってるんですが、バーで飲めてない。これは急務であります。
PAGE 5

Bar Toilet(新宿御苑)

Toiletのカクテル「夏みかんパリ」東京都新宿区新宿1丁目16-9 TEL/03-3226-5678
バーなのになぜトイレという名前? で気になり始め、「看板もないさりげない店構え」で、「店主はバー未経験」「壁にはライアン・マッギンレーの作品があるんだって」と来て、「これは絶対行かなくちゃ」となった次第。

Bar Dealan-De(西麻布)

バーディランジの「さくらジントニック」東京都港区西麻布3-13-20 ヒデビル3F TEL/03-6432-9824
女性バーテンダーである保志綾さん、弟の拓也さんによる「BAR Dealan-De」。ジントニックはカクテルの基本だといいますが、「こちらのジントニックはひと味もふた味も違う」のだそう。ならば百聞は一飲にしかず!

今年の「東京カクテル7デイズ」。私はこの行きたい5軒の内、何軒クリアできるでしょうか? 乞うご期待!です。

◆ 東京カクテル7デイズ 2019 – 進化するクラフトカクテルの祭典

[開催会場と日時]

1) Village (メイン会場)国連大学中庭広場
東京都渋谷区神宮前5-53-70
2019年4月20日(土) 12:00~21:30 / 21日(日) 12:00~17:00 2日間限定
*カクテルパスポート交換場所
*9 ブランドのポップアップバー展開&カクテル無料テイスティング
*セミナー開催 

2) バーホッピング対象店舗(渋谷、恵比寿、新宿などを中心としたバー、レストランバー、ホテルバー、計 63店舗)
2019年4月20日(土)~29日(月・祝) 

[カクテルパスポート価格]
前売り 3800円(税込)、当日券 4500円(税込) 

[パスポート有効期間]
2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
東京カクテル7デイズ 公式サイト:https://cocktailbar.jp/7days/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

この春トビラを叩く、おすすめのバー10軒 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト