• TOP
  • GOURMET
  • 真夜中の小腹も満たしてくれる! 広尾に誕生した人気沸騰中のビストロ

2019.04.26

vol.96「YOSHIDA HOUSE(ヨシダ ハウス)」

真夜中の小腹も満たしてくれる! 広尾に誕生した人気沸騰中のビストロ

深夜3時まで営業の小洒落たビストロ「YOSHIDA HOUSE(ヨシダ ハウス)」が、広尾に誕生しました! お料理はどれも美味しくて費用対効果もバッチリだから、すぐに毎晩大盛況の人気店に。彼女と、友人と気軽に過ごすのにぴったりですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/牧田健太郎

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

「町中華」から
まさかのお洒落ビストロがオープン!

私がオーナーをしている広尾のシャンパーニュバー「リリ・ラ・ユリ」の近くに、小洒落たビストロが開店しました。
以前、そこは夫婦で営む普通の中華料理店だったのだけれど、閉店したあとに「何かできたらしい」と聞き、リサーチしに行ったのが昨年の年末。すると、深夜まで営業するビストロということが分かったのです。思わず店主の方に「ウチに出前してくれますか?」とお願いすると、即OKをいただけちゃいました!
こうして、いわゆる「町中華」が一変、黒いスタイリッシュな建物に変貌を遂げ、2019年1月にビストロ「YOSHIDA HOUSE(ヨシダ ハウス)」がオープン。以前の店は窓がなかったけれど、コチラには窓がたくさんあり、通りがかりに中の様子が伺えます。いまや毎晩、大盛況!
「友人が家に来てくれるようなフレンドリーな店にしたかった」というオーナーシェフ・吉田氏の想いが込められた店名のとおり、店内は小さな空間ながらもアットホームな雰囲気。

熊本出身の吉田シェフは、実は元祖予約困難な店「レストラン キノシタ」でスーシェフを務めた人。独立するにあたり、馴染みのある代々木エリアで理想の物件が見つからず、たまたま広尾に店を構えることに至ったそう。イタリアンだらけの広尾の住民にとっては嬉しい限り!
PAGE 2
ビストロのスタンダードメニューってワインにも合うし、飽きのこない王道の味だと思いませんか? 「YOSHIDA HOUSE」も何をいただいても美味しいけれど、代表的なメニューをご紹介しますね。彼女と仲良くシェアしてね!
「パテ ド カンパーニュ サラダ添え」980円
まずは、ビストロの鉄板メニュー「パテ ド カンパーニュ」。「YOSHIDA HOUSE」のそれは、豚肩肉と鶏レバー、背脂を合わせて、しっとりと優しい味です。“ディジョンマスタード”がアクセント。ワサビ菜、トレビス、ピンクロッサなどの葉野菜と、自家製キャロットラペ、ドライトマトなど、野菜がたっぷりと添えられています。
「タコの燻製とウフマヨネーズ」680円
コチラも定番、「ウフマヨネーズ」は蛸の燻製と共にいただきます。ユニークな組み合わせだけれど、卵好きの方は、きっと気に入るはず。マヨネーズも燻製も自家製なので、シンプルなお料理も手抜きなし! ちなみに、この一皿は、私のバーのお客さまにも必ずオススメしています。
PAGE 3
「骨つき仔羊肉のロースト、季節野菜のロースト添え」2480円
ジャガイモのグラタンの上に、バジルピュレを塗って焼いた仔羊が載せられたメインディッシュです。添えられているロースト野菜は、レンコン、ゴボウ、カリフラワー、ブロッコリ、パプリカなど、歯ごたえしっかり。まずは仔羊だけを、お次はグラタンソースを付けたりと、味の変化も楽しめますよ。
「ヌガーグラッセ」650円
デザートは、フレッシュな苺のシャーベットと、フランボワーズ・ソースを添えた「ヌガーグラッセ」でキマリ! ヌガーグラッセとは、生クリームとイタリアン・メレンゲを合わせた生地に、キャラメル・アーモンド、ラム・レーズンを混ぜて冷やし固めたデザート。ふわっと軽い食感は、アイスクリームとは別ものの美味しさよ。
ワインはもちろん、フランス産の手ごろな銘柄が厳選して取り揃えられています。左から、赤ワイン2種。マルゴーの「クロ・デュ・ジョゲイロン」(メルローとカベルネ・ソーヴィニヨン/6300円)と、ブルゴーニュの「ジャン・マーク・ヴァンサン」(ピノ・ノワール100%/8800円)。
 
続いて白ワインは、ブルゴーニュの「シャンタル・レスキュール」(シャルドネ100%/8300円)。同じく、グル・ミッシェル・ドゥロルムの「プイィ・フュイッセ」です。
PAGE 4
デートだったら、ぜひカウンター席へどうぞ。吉田シェフにお腹の具合や飲みたいワインなどを相談しながら、ゆっくりと楽しんでくださいね。通い慣れれば、運良く裏メニューに遭遇もできるかも!?

「YOSHIDA HOUSE」のラストオーダーは、深夜の2時。それって、かなり嬉しくない? デートの2軒目どころか、真夜中に小腹が空いた時の3軒目にもピッタリでしょ。こんなお店を知っていてこそ、あなたの守備範囲の広さを見せられるというもの。オープン数ヶ月にして人気店なので、電話予約をオススメします!

■ YOSHIDA HOUSE(ヨシダ ハウス)

住所/東京都渋谷区広尾 5-20-5
営業時間/18:00〜翌3:00(L.O.翌2:00)
不定休

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-5860-2139

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL