• TOP
  • GOURMET
  • 差し入れやお持たせに大活躍する、日本最高級の「焼きそばパン」

2019.02.07

差し入れやお持たせに大活躍する、日本最高級の「焼きそばパン」

友人・知人の個展オープニングレセプションや稽古ごとなどの楽屋見舞い……オトナなら誰しも悩む、差し入れやお持たせ。そんな機会に惣菜パンはいかがでしょう。しかも日本最高級、最高峰の焼きそばパンなら話題をかっさらうこと間違いなしですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/松井康一郎

毎回、旬のレストランや話題の新店をご紹介していく連載「美食のネタ帖」。「なんか面白い店ないかなぁ」「最近どこか行った?」と聞かれることが多いLEON.JP食いしん坊担当がガチでおすすめなお店を紹介いたします。本連載ではお店を選ぶ際に、この3点をセレクトの条件としました。

1. 高くて美味いは当たり前。たまには贅沢できる適度な価格帯であるべし。

2. 予約がとれない名店は高嶺の花。会員制や紹介制ではなく、実際に電話が通じるお店であるべし。

3. 大通りの洒落たハコばかりではなく、路地裏のひっそりとした名店を探すべし。縄のれんや赤ちょうちんを嫌う女子はこちらから願い下げるべし。

つまりは、高すぎなくてコスパよく、居心地よくて実のあるお店、というわけ。当方、かなりお酒を“たしなむ”タチですので、どうしても酒飲みに寄りがちな内容となりますが、その点はご容赦のほど。

さて、その第8回はこちら。高すぎるお店は選ばない、と掲げておきながら今回のお題はなんと単価320円。おそらくこの連載で最安値となるのでは? でもその美味しさとクオリティは最高峰、間違いなく日本で最高級の焼きそばパンですよ!
PAGE 2

こだわりの“最高級”焼きそばパン「ベイキングシユウ」

「ベイキングシユウ」の「究極の焼きそばパン」320円
数十年前のことですが、ロンドンの安ドミトリーに数か月滞在していました。同宿の英国人が、「これが英国流ソウルフードだぜ」と言って料理を始めたので、始終お腹をすかせていた私もお相伴にあずかることに。

見ていたら、食パンをトーストし(英国流はキツネ色になるまでしっかりトーストします)、何やら缶を取り出し、キコキコ……(当時はパッカンと開ける缶などありませんでした)。
開いた中身をトーストの上にドロっと乗せた途端、一緒に見ていたイタリア人は「ケ カッツォ スタ ファチェンド(何てことするんだ)⁉」と怒り出した。そう、それはスパゲティだったのです。それも、すでにトマトソースで煮込んだものが缶詰めになっている、ある種驚きのアイテムでした。
画像はイメージです。でもまさにこんな缶、いえ、感じ。
そのスパゲティのせトーストの味は……実はあまり憶えていません。見た目の衝撃と、隣のイタリア人の怒りに気をとられ、自分がそのトーストを口にしたかどうかも記憶にないのです。でもひとつ憶えているのは、「これって、イギリスの焼きそばパン?」と日本がたまらなく懐かしかったこと。コッペパンにはさんだ、あのソース焼きそばや紅ショウガ、そして青のり、すべてが恋しくて日本に帰りたくなったことでした。
PAGE 3

焼きそばパン、最近食べてますか?

「え、焼きそばパン? うん、先週食べたよ」という方は少ないでしょう。みんなが知っているし、みんな大好きだけど、そんなに頻繁には食べないし、そういえば高校生のとき良く食べたよね、というのが焼きそばパン。私も学校の購買部で買って“早弁”してたなぁ。なにしろパン×そばですから、炭水化物度95%くらいでしょう、満足感の高さは別格です。
渋谷ストリーム内にお惣菜パンの店「ベイキング シユウ」をオープンした木村周一郎さん。
その懐かしの焼きそばパンをオトナが楽しめる内容で“最高級”に仕上げた、というのが木村周一郎さん。パン好きな方はご存知でしょう。あのアンパンで有名な「木村屋」の御曹司にして、「メゾンカイザー」を日本に広めた、ブーランジェ業界のリーダーのおひとりです。
常に一流の食材や人に囲まれている木村さんがなぜ焼きそばパンを?
大きなお口を開けてあんぐり。いいスマイルです。
「昨年渋谷ストリームがオープンするにあたり、なにか『和』を感じさせるもの、そしてカジュアルなB級的なものを造りたいというお題をいただいて生まれたのがこの焼きそばパンです。オトナが満足できるようなクオリティを実現するため、焼きそばには北海道産のラムを加え、ジンギスカンソースがアクセントになっています。麺は、サッポロラーメンで名高い西山製麺のそば。またパン自体も北海道産の国産小麦粉を使用し、生地には紅ショウガを練り込んでいます」
PAGE 4
「究極の焼きそばパン」をカットしてみました。紅ショウガを練り込んだパンがほのかの赤く色づきおいしそう。
「ジンギスカン焼きそばパン」(320円)のパンはひまわりのタネ入り全粒粉で歯ざわりも楽しい。
焼きそばパンは、ソースの香りが意外にもフランス人にも大好評だそう。他にも全粒粉コッペパンを使用してラムひき肉と玉ねぎの焼きそばをサンドした「ジンギスカン焼きそばパン」や、限定の「極上あんぱん」が人気。でも私がとくにおすすめしたいのは……
左から、「厚切りハムカツサンド」(300円)と「ハムカツサンド」(300円)。
(ドラえもんの声で読んでください)ハムカツサンド~! 
ああ、なぜこんなに郷愁を誘うのか、ハムカツ。厚切りハムカツはライ麦パンで、ノーマルハムカツは辛子マヨネーズとともにフォカッチャでサンドされています。

これら惣菜パンは小腹を満たすのに程よいボリュームで、差し入れやお持たせにもぴったり。最高級といっても「究極の焼きそばパン」を10ケ買っても3200円(税別)ですから、お財布にもやさしいですね。
朝8時からオープンしているので、渋谷在住・在勤の方なら、ここで朝食を買ってオフィスへ、なんてニューヨーカーみたいなマネもできちゃいます。まあでもニューヨーカーの場合、ベーグルとコーヒーなわけですが、焼きそばパンにあわせるのは日本茶? それともウーロン茶? 実にどうでもいい悩みです(笑)。

■ ベイキング シユウ

住所/東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム2F
予約・お問い合わせ/03-6450-6017
営業時間/8:00~20:00
定休日/なし

● イートインコーナーあり

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL