• TOP
  • FASHION
  • ワーク系アウターを大人に着こなす、裏技って?

2021.11.02

ワーク系アウターを大人に着こなす、裏技って?

優しい色ってなんですか? 白! はい正解!! なんですが、単に白けりゃいいってモンじゃないんです。何を白にするかが大切。大人の優しさ演出においては、無骨アウターこそ白なんです。

CREDIT :

写真/HIRO KIMURA(W) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/向後信行 文/安岡将文

いつものアイツを白にするだけで、目的の8割達成です

白ニットに白パンツ。コーデに白を取り入れることで、印象が優しくなるのはご存知の通り。とはいえ、本特集のキモである、男らしさと優しさの理想的な両立を果たすためには、コーディネートに一考が必要です。だからこそ、今回さまざまな実例をご紹介しているのですが、ここでイキナリ裏技教えちゃいます。それが、男らしい無骨なアウターを白にしちゃうって方法です。

カバーオールやマウンパといった、無骨系アメカジにおける象徴的なアイテムを白にするだけで、あら不思議。男らしさと優しさの両立が、ほぼ達成できちゃいます。これ、そもそも無骨というイメージが定着していることが重要。はじめっから上品なイメージの一着だと、優しさがすぎてしまいますからね。優しさだけじゃなく、リッチ感を味わえるのも魅力。これぞ、カジュアルリッチってヤツ。

もちろん、それで終わりじゃなくてインナーやパンツとでブーストをさらにかけたいところですが、そんなアウターがあれば無骨×優しさコーデが楽ちんになるのはマチガイないですよ。
PAGE 2

ワーク系アウターの象徴も、白ならこのとおり

▲ ジャケット6万500円/ブライスランズ(ブライスランズ&コー)、ニット7万5900円/ジョンストンズ、パンツ6万9300円/ブリリア 1949(ともにビームス 六本木ヒルズ)、Tシャツ(二枚組)1万6500円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、サングラス6万2700円/ブレイク クワハラ(オブジェ・イースト)、スニーカー8万6900円/トッズ(トッズ・ジャパン)

“男らしさ”と“優しさ”の割合は?

男らしさ:30%
優しさ:70%
ネップのあるヘリンボーン生地に、機関車が刻印されたブラス(真鍮)ボタン。ヴィンテージな雰囲気漂うカバーオールは、インディゴデニムやブラウンダック地ならマチガイなく無骨。でも、ご覧のとおりオフホワイトでなら断然品良い印象に。ワーク感がかなり抑えられるなか、スウェットではなくカシミアニット、デニムではなくカシミアスラックスを合わせることで、リッチ感をプラスできます。

◆ ポイント1 

優しさに加えて、小技も駆使して洒落っ気アピール

まるでテーラードジャケットのラペルのように、襟を開いて着るのも実は注目どころ。そのオープンな首回りが、無骨なカバーオールに抜け感を与えてくれます。後ろ立ち襟、袖先ターンナップといった小技は、立体感が出やすいタフな生地なればこそ。ワークなアイテムで洒落っ気を演出する際には、こうしたディテールでのひと盛りが結構重要ですよ。
PAGE 3

◆ ポイント2 

足元はリラックス感重視、でもあくまでリッチに

黒のブーツでもハマるのはハマるんですが、軽やかなカシミアニットとカシミアスラックスに対しては、少々無骨成分が多めかと。ならば、トップスと同じ白をスニーカーで合わせることで、軽さに終始する方が得策です。とはいえ、ラフすぎるとカシミアのリッチ感が台ナシに。ハイブランド、そしてレザーを選ぶことで、ラフななかにも上質感を意識したいところです。

◆ スタイル2 

大人アウトドアには、この手があったんです

▲ パーカ4万9500円/ソブリン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、Tシャツ2万8600円/ロンハーマン、パンツ3万1900円/ベルウィッチ(アマンオンラインストア)、時計145万2000円/ゼニス、靴11万7700円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
80年代のマウンテンパーカに着想を得つつ、ボンディング加工を施し撥水機能を持ったコチラ。本来ならアウトドア感満載のはずですが、オールホワイトになることで一転して都会顔に。ともすればラグジュアリーな雰囲気さえ漂う一着に、ベージュのニットが品の良さを加味しつつ、黒スラックスがモード感も。これぞ、大人のアウトドアミックス決定版です。

“男らしさ”と“優しさ”の割合は?

男らしさ:60%
優しさ:40%
PAGE 4

◆ ポイント1 

話題のあの配色が、ココで効いてくるんです

大型のポケットやウエストのドローコードに、80年代らしいレトロアウトドア感を楽しませる一着。その機能的なディテールから漂う無骨さも、ホワイトとなればリッチでクリーン、そして優しい印象に。その魅力を生かすためには、インナーに派手色は禁物。大人の余裕と品の良さで女子ウケ抜群との呼び声高い、カフェオレカラーが最適解です。

◆ ポイント2 

ボトムスはオールブラックで男らしさを

カフェオレカラーでまとめたトップスに対して下も淡い色味にすると、優しすぎることも。そんな時に使えるのはやっぱりブラック。淡い色同士のトップスで生じがちなぼやけた印象を引き締めることができ、あくまで男らしくまとめてくれます。ということは、足元もブラックレザーのブーツでOKってことです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6418-6035
ウィリー 03-5458-7200
スリードッツ青山店 03-6805-1704
ゼニス 03-3575-5861
トッズ・ジャパン 0120-102-578
ブライスランズ&コー 03-6721-0133
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        ワーク系アウターを大人に着こなす、裏技って? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト