2021.11.01

いま、モテる「男らしさ」ってなんだ?

「優しさこそ、本当の強さだ」。ジェームス・ディーンの名言は、真の男らしさを我々に教えてくれます。強さだけでも、優しさだけでもダメ。ワイルドでマイルドな男がカッコいい。それは、ファッションにおいても同様なんです。

CREDIT :

写真/HIRO KIMURA(W) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/向後信行 文/安岡将文

特集序文

いまどきのオトコらしさとは?

いま、男らしさや、女らしさを声高に謳うことはちょい憚られるわけですが、自らの内に“らしさ”をもつことは、悪いことじゃありませんよね。では、いまどきの男らしさとは何か? その答えは、優しさにあったんです。

はい、なんの話かというと、コレ、いまどきの大人の着こなしのことなんです。

いまってヴィンテージデニムや、ミリタリー、ワークなどなど、無骨なアメカジが人気復活していますよね。つまり、タフで男らしいアイテムが再び主役になっているんです。ただ、それをその昔と同じ感覚でただひたすらに無骨に着こなしちゃうと、ただの昔のアメカジおじさんになっちゃいます。で、それをいまどきにするために大事なのが「優しさ=マイルド成分」の注入ってことなんです。

これ、逆を言えば、「優しいだけ=マイルドなだけ」でもダメってことでして、要するにバランスの問題なんですね。素材で、色で、シルエットで、うま〜くバランスをコントロールすることで、いまどきの雰囲気になるってことなんです。

いつの世も、強さ(=ワイルドさ)と優しさ(=マイルドさ)を持ち合わせたオトコに、女性が惹かれるのは必然なわけですが、今季はそれがオシャレのキモになっているってわけです。

というわけで、これから2週に渡ってマイルド&ワイルドで作る、今季のモテコーデを一挙にお届けいたします!
全編お見逃しなく!
PAGE 2

お手本マイルド&ワイルドコーデ1

無骨さを活かしつつ、こなれた雰囲気にするのが大人です

▲ M51パーカ1万5800円/US ARMY(ベルベルジン)、タートルニット3万8500円/フィリッポ デ ローレンティス(伊勢丹新宿店)、パンツ3万5200円/ベルウィッチ(アマンオンラインストア)、サングラス5万7200円/アーレム(グローブスペックス エージェント)、靴7万2600円/パラブーツ(パラブーツ 青山店)

この着こなしの“優しさ”と“男らしさ”の割合は?

優しさ:40%
男らしさ:60%
モッズパーカの名で知られる、アメリカ軍のフィールドパーカM-51。リアルヴィンテージとなれば、当然無骨感はマックス級です。でも、だからこそチャンス。優しさ注入による効果はテキメンですから。で、合わせたのがタートルネックのケーブル編みニットとウールスラックス。ベージュ&ホワイトという優しい印象のインナーとパンツを合わせることで、味のあるミリタリーコートの無骨さを引き立てつつも、粗野な成分を中和。このバランス感が絶妙に大人なこなれ感を醸し出すんです。

◆ ポイント1 

中和させつつ調和させる、この両立がミソ

ニットの素材はウールとカシミア。このやわらかく軽やかな風合いは、スウェットでは到底出せません。とは言え、色味自体はシンクロしている点に注目。ここに鮮やかな色を持ってくると、褪せたカーキ色のバックサテン地とギャップが出すぎて、あざとさが見え見えですから。
PAGE 3

◆ ポイント2 

優しさとユルさを、色とシルエットで表現

カジュアルアイテムをドレスアップするのにスラックスは常套手段ですが、ホワイトカラーにすることでさらなる優しさを加味できます。とはいえ、ナチュラルストレッチなウール地にプリーツを駆使したゆとりのあるテーパードは、オーバーサイジングなM-51に対して実はバランスがいいんです。

お手本マイルド&ワイルドコーデ2

引き算だけでなく、足し算も駆使するのが大人です

▲ M65ジャケット9800円/US ARMY(ベルベルジン)、パーカ5万9400円/ストラスブルゴ、パンツ3万1900円/ジャブスアルキヴィオ×ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、メガネ7万9200円/ジャック・マリー・マージュ(オブジェ・イースト)、靴9万200円/クロケット&ジョーンズ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ  六本木ヒルズ店)

この着こなしの“優しさ”と“男らしさ”の割合は?

優しさ:20%
男らしさ:80%
M-51と並ぶ、ミリタリーアウターの鉄板といえばM-65。オーバーサイジングゆえのドレープ=抜け感のあるM-51よりも、こっちの方が実は無骨感が強かったりします。それなのにパーカ? と思った人、これカシミアニットなんです。さらにホワイトにすることで、優しさ度一気にアップ! と、ここで気をつけるべきは下半身。白カシミアという優しさMAXなアイテムに引っ張られすぎてあざとく見えないよう、ボトムコーデはむしろ男らしさ重視です。
PAGE 4

◆ ポイント1

優しさだけじゃなく、リッチ感も重要です

同じパーカでも、コットンスウェットとカシミアニットでは、その印象は一変します。M-65との組み合わせは、シルエットとしてはアメカジの鉄板。でも、ふわりとエアリーな風合いは、ホワイトカラーも相まって、優しさに加えてラグジュアリー感までも楽しませてくれます。

◆ ポイント2 

足元を無骨にすることで、全体のバランス感を狙う

さすがのM-65の無骨さも、ホワイトのカシミアニットとなら見事中和されます。となると、ボトムスは? トップスで無骨と優しさの調和が取れている場合、ボトムスは暗色のスラックスとブーツで男らしさを重視するのが正解。とはいえ、質感はスエード然りシックにまとめるなど、ここでも両立させたいところですが。

明日から続々マイルド&ワイルドな着こなしが登場します!お楽しみに!
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アマンオンラインストア 03-6418ー6035
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
オブジェ・イースト 03-3538-3456
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
ストラスブルゴ 0120-383-563
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ベルベルジン 03-3401-4666
ナノ・ユニバース カスタマーサービス 0120-705-088
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        いま、モテる「男らしさ」ってなんだ? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト