• TOP
  • FASHION
  • 冬の2大アウターを、メリハリある大人のスタイルで着こなすテクとは?

2018.01.01

冬の2大アウターを、メリハリある大人のスタイルで着こなすテクとは?

いまどきのモテるオトコのスタイルは、艶のあるクラシックな装い「艶クラ」と、不良さ漂うカジュアル「不良カジ」。そのポイントとは?

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/人物・鏑木 穣(SIGNO)、静物・渡辺修身(SAMMY STUDIO) 海外スナップ/Massi Ninni スタイリング/男性・四方章敬、女性・久 修一郎 ヘア/Takayuki Shibata(SIGNO) メイク/「艶クラ」パート・Yuka Washizu(beauty direction) 「不良カジ」パート・CHACHA(beauty direction) 文/竹内虎之介(シティライツ)、持田慎司、LEON編集部 イラスト/楠本礼子(アスタリスク) 小道具協力/PROPS NOW TOKYO

2018年2月号より

ふたつの別の顔がアナタの"モテる"を左右します

愛する女性像がひとつに限らないのと同様に、オトコのスタイルだってひとつだけではないんです。
メリハリ上手なオトコはモテます。なぜかというとその振り幅にライフスタイルの広さや男としての奥行きを感じるから。つまりは女性に「この人といると楽しそう!」と思わせるんですね。

それをいまどきの装いで表現したのが、艶のあるクラシックな装い「艶クラ」と、不良さ漂うカジュアル「不良カジ」です。

全く別物にも思える両者ですが、共通するのは洗練されたリッチさ。それこそが大人のオトコの余裕の見せドコロってわけ。

今冬、この「艶クラ」と「不良カジ」をT.P.O.や相手のタイプ、もしくはその日の気分で自在に使い分けてもらえば、どんな状況(相手が清楚系でもツンデレ系でも!)だってアナタは余裕をもっていられるハズですよ。
PAGE 2

Type 01

大人の色気が漂うシックなスタイル「艶クラ」

クラシックとはいえ、「艶クラ」は決してコンサバな装いではありません。そう、そこに大人の色気が漂ってこそモテるスタイルとなるのです。そしてそんな色気を引き出すのが、キメすぎないユルリでサラリな感じってわけ。
清楚なコとデートするなら艶クラが正解! 選びはクラシックでも、こなしはユルリ。男性●コート70万円、ニット11万6000円、シャツ4万5000円、パンツ10万9000円、靴24万9000円/すべてベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク) 女性●コート(ファー付き)14万円/エッセンス オブ アナイ、ニット1万6000円、パンツ2万5000円/アナイ(すべてアナイ)、靴9万9000円/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)、ピアス6万円/シェイスビー(ストラスブルゴ)
PAGE 3

Type 02

やんちゃな匂いがスパイスの「不良カジ」

「不良カジ」は不良といってもラギッドじゃない。そこに大人の男にふさわしい品格と、どこか可愛げのある"やんちゃ"な感じがなければ独りよがりになってしまいますから。そう、大人の不良さには余裕が必要なのです。
ツンデレ彼女には大人の余裕漂う不良カジが吉! ミリタリーテイストのアイテムやデニムを黒で締めたり、ファーで華やがせたり。そのリッチかつモダンにこなすサジ加減が不良カジには必須なのです。男性●コート34万5000円、ジャケット9万6000円、Tシャツ1万4000円、バンダナ、靴[ともに参考商品]/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)、サングラス4万7000円/アイヴァン 7285(オブジェ・イースト) 女性●ガウン35万9000円、パンツ15万円、靴[参考商品]/すべてラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)
PAGE 4

メリハリの主役はやっぱりアウター

モテるオトコの羽織りは、色っぽく着流すかタフにキメる!

そんなモテる2大スタイルの主役は、やっぱりアウター。裏を返すと、アウターを見ればそれぞれが体現するニュアンスが垣間見えるってこと。なので、さっそく両者を象徴する一着を見ていきましょう。

まず艶クラアウターの典型は、ラグジュアリーなカシミア素材のチェスターコートです。ただし、羽織った時に優雅なドレープが出るような、たっぷりとした量感を備えているところがキモ。そんなコートをどこか無造作にサラリと着流すと、従来のクラシックにはないヌケ感が生まれ、そこから男の色気が滲み出るのです。

サラリなこなしがキマる軽く艶やかなカシミアコート

独特の畝と明らかにリッチな光沢感が目を引く、上質なカシミア100%の生地を採用したチェスターコートがコチラ。たっぷりと長めに設定された着丈を備えながらも、重さはわずか390g。ゆえに、サラリで色気アリ、なこなしが簡単にキマるというわけです。
64万円/トム フォード(トム フォード ジャパン)

街行くイタリアオヤジも「艶クラ」

イタリアオヤジの間でもいまやドレスなアウターは、たっぷりとした量感を備えた丈長コートが主役です。

これをシックなモノトーンのニットなどでサラリと着流すのが彼らのヤリクチ。クラシックなチェスターやベルテッドコートもコンサバに見えることなく、むしろリッチと色気が際立ちます。

PAGE 5
一方、不良カジ代表は、タフでやんちゃなミリタリーアウター。とはいえ骨太一辺倒ではただのカジュアル。ゆえに、上質な素材使いでどこかに大人の艶っぽさを備えているものを選びます。それをさらにドレッシーなアイテムで締めるのも重要。要はどんなにタフでも不良くても、必ずそこにリッチと色気を薫らせるのが、不良カジのスタイルなんです。

ヴィンテージの魅力をリッチかつモダンに再解釈したミリタリージャケット

コーティングコットンにウォッシュ加工を施すことでヴィンテージのような風合いを表現したミリタリージャケット。ライニングにはリッチにしてハイテクなエコファーを採用。背面にはヴィンテージプリントに着想を得てGUCCIロゴを再解釈したモチーフがあしらわれています。
33万円/グッチ(グッチ ジャパン)

イタリアでは「不良カジ」もアツい!

タフなミリタリーアウターは昔からイタリアオヤジの大好物。そんな彼らの昨今の様子を眺めてみると皆さんやっぱり、リッチな味付けが欠かせないようで。

素材でそれを表現する御仁もいれば、ドレッシーなアイテムとの合わせや、こなし方で表現する向きも。いずれにせよ貫禄と色気を添えるのは必須なのです。

■お問い合わせ
アナイ 03-5739-3032
オブジェ・イースト 03-3538-3456
グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921
ストラスブルゴ 0120-383-563
セルジオ ロッシ カスタマーサービス 0570-016-600
トム フォード ジャパン 0120-266-416
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この冬モテる着こなし情報なら、コチラもどうぞ!

冬の2大スタイルを格上げする、大人なコモノはコレ!
この冬オススメの2大スタイルが、艶のあるクラシックな装い「艶クラ」と、不良さ漂うカジュアル「不良カジ」。細部までのこだわりがこなしの格を上げるのです。

巻くだけで変わる? 大人でリッチなストール&マフラーカタログ

暖かく、お洒落でリッチと3拍子そろった巻き物があれば、真冬の寒さも怖くない! 艶っぽクラシックなこなしと、不良くてリッチなカジュアルスタイル、それぞれに似合うアイテムと巻き方をご提案します。

大人のミリタリーは何が違う? 不良なのに上品なこなし方とは?

この冬LEONがオススメする2大スタイルのひとつが、カジュアルにリッチと不良さを兼ね備えた「不良カジ」。アウター選びとコーディネートのコツをご紹介します!

モテる大人のコートスタイルは、艶出しテクが違う?

この冬LEONがオススメする2大スタイルのひとつが、艶っぽクラシックな「艶クラ」。アウター選びとコーディネートのコツをご紹介します!
本誌2月号では、「艶クラ」と「不良カジ」の2大スタイルを徹底紹介! チェックはコチラから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        冬の2大アウターを、メリハリある大人のスタイルで着こなすテクとは? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト